読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

【2000年】87年生まれの僕が当時聴いてた音楽をランキングにして振り返る【当時13歳】

音楽 音楽-当時の音楽を振り返る 音楽-邦楽 音楽-洋楽

https://instagram.com/p/1n2MNeA-62/

当時聴いてた音楽を年別に好きな順ランキング形式で発表していく企画第2弾!

第2回目は【2000年

中学2年となり13才
勉強よりも部活をがんばるようになりました(ちなみに部活は剣道部)

音楽はあいかわらずABCラジオの番組ミューパラが情報源でしたが
この頃ミュージックビデオに興味が湧きテレビでも新しい音源を取り入れるようになりました

そんな音楽に割く時間がだんだん増えてきた【2000年】の個人的BEST30です!



第30位〜第21位

まずは30位→21位までを一気に
カウント〜ダウンm9(・∀・)!


https://instagram.com/p/1m_oy2A--Q/

第30位 Wild Child/Enya
(アルバム「A Day Without Rain」収録)

5年ぶりとなったEnya4枚目のアルバムから
長い年月をかけて完成された究極のスピリチュアル・サウンド

Wild Child

Wild Child

  • エンヤ
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1ntUzCg-2d/

第29位 あ〜よかった/花*花
(アルバム「11songs(+4)」収録)

女性デュオ花*花メジャーデビューシングル
2人ののほほんとした雰囲気が伝わるキュートなガール・ポップ

あ〜よかった

あ〜よかった

  • 花*花
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1ntWMqg-2f/

第28位 LOVE TOGETHER/NONA REEVES
(アルバム「DESTINY」収録)

NONA REEVES5枚目のシングル
ソウル・ミュージックを軽快なポップに仕上げるNONA REEVESのスタンダード・ナンバー

LOVE TOGETHER

LOVE TOGETHER

  • Nona Reeves
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1ntYRfg-2l/

第27位 慎吾ママのおはロック/慎吾ママ
(アルバム未収録)

流行語「おっはー」が生まれた慎吾ママの大ヒットシングル
プロデューサーはピチカート・ファイヴ小西康陽氏!


https://instagram.com/p/1ntZXig-2n/

第26位 桜の時/aiko
(アルバム「桜の木の下」収録)

aiko5枚目のシングル
女の子から絶大な支持を得るaikoが贈る胸キュン春ソング
当時の「カルピスウォーター」CMソング


https://instagram.com/p/1ntasXA-2p/

第25位 月光/鬼束ちひろ
(アルバム「インソムニア」収録)

鬼束ちひろ2枚目のシングル
透明感のある美しい歌声胸に突き刺さるメッセージをこめたミディアム・バラード
仲間由紀恵が主演したドラマ「トリック」主題歌

月光

月光

  • 鬼束ちひろ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1ntbudg-2r/

第24位 Your Song/LOVE PSYCHEDELICO
(アルバム「THE GREATEST HITS」収録)

LOVE PSYCHEDELICO2枚目のシングル
洋楽と聞き間違えるほどのボーカルと心地良いギターサウンドがマッチした爽やかなポップ・サウンド

Your Song

Your Song

  • LOVE PSYCHEDELICO
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1ntcxkA-2t/

第23位 コミュニケーション・ブレイクダンス/SUPER BUTTER DOG
(アルバム「FUNKASY」収録)

今なお解散を惜しむ声の多いSUPER BUTTER DOG4枚目のシングル
ファンキーで軽快歌詞も個性的でいろんな面から楽しめるダンス・ナンバー
なお曲名はレッド・ツェッペリンの「コミュニケーション・ブレイクダウン」のもじり

コミュニケーション・ブレイクダンス

コミュニケーション・ブレイクダンス

  • SUPER BUTTER DOG
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1ntdwqA-2v/

第22位 Everything/MISIA
(アルバム「MARVELOUS」収録)

2000年代女性アーティスト最大のセールスを記録したMISIA7枚目のシングル
5オクターブの音域を持つ」といわれるその歌声を存分に味わえる冬の極上バラード
松嶋菜々子が主演したドラマ「やまとなでしこ」主題歌

Everything

Everything

  • MISIA
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes


f:id:calimero0655:20150419000702j:plain

第21位 青いスポーツカーの男/青色7
(アルバム「プッチベスト 〜黄青あか〜」収録)

モーニング娘。から誕生したシャッフルユニット青色7のシングル
アイドルとパンクが融合した、思わず声をあげたくなる軽快ロック・チューン


というわけで、30位→21位でした!

PICK UP

この中からピックアップするのは
第27位に選んだ慎吾ママの「慎吾ママのおはロック

SMAPの香取慎吾が出演していた番組企画「慎吾ママのこっそり朝御飯」で誕生した慎吾ママ
そのキャラクターソング的作品となった「慎吾ママのおはロック」は
誰でも覚えやすく歌いやすいポップ・ミュージックとして大ヒットを記録しました

そんな2000年を象徴する楽曲となった「慎吾ママのおはロック」ですが
実はその流れは僕の平凡な中学生活にまで影響を与えました

それは林間学校のレクリエーションとしてこのおはロックを踊ることになったのです...

放課後クラス全員で必死こいて振り付けを練習し
林間学校当日はキャンプファイヤーの前でなぜか女子から借りた制服を身にまとい披露しました

当時は非常に恥ずかしい思いをしたな...と感じていましたが
今考えるとこんな場面なんてのちのちたくさん出くわすことになるので人生の序盤で経験しておいてよかったなと思っております!

でもなぜエプロンではなかったのが今だに謎ですが...(笑)

第20位〜第11位

そんな中学校時代の恥ずかしい思い出が飛び出したところで
続いては20位→11位までを〜
カウントダウンm9(・∀・)!


https://instagram.com/p/1nuE92A-4L/

第20位 青春/THE HIGH-LOWS
(アルバム「Relaxin' WITH THE HIGH-LOWS」収録)

THE HIGH-LOWS14枚目のシングル
伝説のパンクバンドTHE BLUE HEARTSの元メンバー真島昌利甲本ヒロトが贈るパンキッシュなポップナンバー
ダウンタウン松本人志が主演した異色の学園ドラマ「伝説の教師」の主題歌

青春

青春

  • ザ・ハイロウズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1nuGIeg-4O/

第19位 BRILLIANT WORLD/THE YELLOW MONKEY
(アルバム「GOLDEN YEARS SINGLES 1996-2001」収録)

THE YELLOW MONKEY23枚目のシングル
21世紀に向けた曲」をテーマに制作された新世紀の幕開けにふさわしい壮大なロックナンバー

BRILLIANT WORLD

BRILLIANT WORLD

  • THE YELLOW MONKEY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1nuJE5g-4Q/

第18位 夏祭り/Whiteberry
(アルバム「(初)」収録)

Whiteberry3枚目のシングル
現在でもガールズバンドの定番ナンバーとして受け継がれているJITTERIN'JINNのカバー曲
また高校野球の応援歌としてもよく演奏されている

夏祭り

夏祭り

  • Whiteberry
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1nuLDHA-4V/

第17位 Stay by my side/倉木麻衣
(アルバム「delicious way」収録)

倉木麻衣2枚目のシングル
前作「Love, Day After Tomorrow」同じく透き通った歌声が心地よいポップ・ナンバー
実は「自身の楽曲の中で最も気に入っている」と話すほど倉木麻衣お気に入りの1曲

Stay By My Side

Stay By My Side

  • 倉木麻衣
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1nuM6zg-4b/

第16位 Wait&See 〜リスク〜/宇多田ヒカル
(アルバム「Distance」収録)

宇多田ヒカル5枚目のシングル
これまでのR&Bやバラード路線をひっくり返した疾走感のあるポップ・ナンバー

Wait & See~リスク~

Wait & See~リスク~

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1nuO7sA-4e/

第15位 恋のダンスサイト/モーニング娘。
(アルバム「3rd−LOVEパラダイス−」収録)

自信を代表する定番曲となったモーニング娘。8枚目のシングル
前作「LOVEマシーン」のコンビ(つんく♂ダンス☆マン)で制作されたアゲアゲパーティ・チューン
ちなみにこの楽曲で披露される振り付けのテーマは「アフリカ武道

恋のダンスサイト

恋のダンスサイト

  • モーニング娘。
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


f:id:calimero0655:20150419000805j:plain

第14位 ギブス/椎名林檎
(アルバム「勝訴ストリップ」収録)

罪と罰」と同時に発売された椎名林檎5枚目のシングル
重厚なサウンドとともに繰り広げられる激情系バラード
ちなみに歌詞には「NIRVANA」の亡きボーカルカート・コバーンとその妻のコートニー・ラヴが登場する

ギブス

ギブス

  • 椎名林檎
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1nuRAzg-4p/

第13位 マシマロ/奥田民生
(アルバム「GOLDBLEND」収録)

奥田民生10枚目のシングル
シンプルかつゆるい、でも噛めば噛むほど味わい深いスルメのようなロック・チューン
歌詞の最後のオチには度肝を抜かれた

マシマロ

マシマロ

  • 奥田 民生
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


https://instagram.com/p/1nuTbyg-4u/

第12位 今夜月の見える丘に/B'z
(アルバム「ELEVEN」収録)

当時の大ヒットドラマ「ビューティフルライフ」主題歌であったB'z27枚目のシングル
ドラマのために書き下ろされた、心打たれるパラード・ナンバー
なお歌詞のテーマはドラマの内容を受けて「バリアフリー」とのこと

今夜月の見える丘に

今夜月の見える丘に

  • B'z
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


f:id:calimero0655:20150419000735j:plain

第11位 ちょこっとLOVE/プッチモニ
(アルバム「ぜんぶ! プッチモニ」収録)

モーニング娘。派生ユニットプッチモニのデビューシングル
元気さ・明るさをめいいっぱい詰め込んだハッピーすぎるポップ・チューン

ちょこっとLOVE

ちょこっとLOVE

  • プッチモニ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


はい、以上が20位→11位でした!

PICK UP

さてこの中でピックアップするのは
第11位に選んだプッチモニの「ちょこっとLOVE」でございます!

昨年あたりから飲茶楼のキャンペーンでペットボトルにメンバーの絵がデザインされたキーホルダーを全メンバー集めるほどのモー娘。にハマっていたあの頃の僕

そんな中モーニング娘。のメンバーである保田圭市井紗耶香後藤真希で結成された3人組ユニット
それがプッチモニでした


そしてこの楽曲をきっかけに
その後プッチモニのリーダー市井紗耶香人生最初の推しメンとして推すようになります
今思えばくったくのない笑顔持ち前の明るさに惹かれたんだと思います

その後第21位にも選んだシャッフルユニット青色7でセンターポジションに抜擢されるなど活躍をみせ
市井推しとしては幸せな日々を過ごしていました

しかし2000年5月、市井紗耶香卒業...

それはあまりにもショッキングな出来事でした
おそらく半年ぐらいしか推してた期間はありませんでしたが当時ショックだったことは今でも覚えています

正直ライブを直接見に行って応援したりは当時中学生だったためできませんでしたが
テレビごしで応援していたこんなガキんちょでもすごく必要としていたことを思い知らされました

その後も大人になってから何気にネットで検索してはどうしてるか気になったりもしているのですが
ブログなどで元気そうな表情とかを見てるとこの時の応援してたときの気持ちが湧いてきてなんだか元気をもらったりしているのでやっぱり推しメンでよかったなって思ったりしています

ありがとう、市井紗耶香さん(´▽`*)


では、お待たせいたしました!
いよいよ10位→1位の発表です!

前回と同じくBEST3からは当時の思い出も合わせて発表していきます!
カウントダウンm9(・∀・)!

第10位

f:id:calimero0655:20150419090309j:plain

第10位 とまどい/GLAY
(ベストアルバム「DRIVE-GLAY complete BEST」収録)

GLAY20枚目のシングル
夏の終わり」と「恋の終わり」をイメージした切なくも爽やかなナンバー

とまどい(Jet the Phantom)

とまどい(Jet the Phantom)

  • GLAY
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第9位

https://instagram.com/p/1orbpsg-x3/

第9位 直感パラダイス/Hysteric Blue
(アルバム「WALLABY」収録)

Hysteric Blue6枚目のシングル
ポップキュートキャッチーに仕上がった疾走感のあるロック・ナンバー

第8位

https://instagram.com/p/1orfEjA-x_/

第8位 静かな日々の階段を/Dragon Ash
(アルバム「LILY OF DA VALLEY」収録)

Dragon Ash9枚目のシングル
kjのラップアコースティックギターのサウンドが心地よいバラード・ナンバー
映画「バトル・ロワイアル」主題歌

静かな日々の階段を

静かな日々の階段を

  • Dragon Ash
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第7位

https://instagram.com/p/1org6Mg-yE/

第7位 STAY AWAY/L'Arc~en~Ciel
(アルバム「REAL」収録)

L'Arc〜en〜Ciel20枚目のシングル
これまでヒット作を連発してきたラルクだからこそできるキャッチーなポップチューン
メンバーがCG合成とはいえ息のあったダンスをするPVは印象的

STAY AWAY

STAY AWAY

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第6位

f:id:calimero0655:20150419090339j:plain

第6位 ホタル/スピッツ
(アルバム「ハヤブサ」収録)

スピッツ21枚目のシングル
歌詞やメロディから情景が浮かび上がるほど3分弱でドラマチックな展開を見せる名作

ホタル

ホタル

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第5位

https://instagram.com/p/1orj9JA-yO/

第5位 HOTEL PACIFIC/サザンオールスターズ
(シングル「HOTEL PACIFIC」収録 ※アルバム未収録)

サザンオールスターズ45枚目のシングル
夏の茅ヶ崎を舞台にサザン節が炸裂するお祭りナンバー
WOWOW」CMソング

HOTEL PACIFIC

HOTEL PACIFIC

  • サザンオールスターズ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第4位

https://instagram.com/p/1orlhpA-yR/

第4位 B'coz I Love You/矢井田瞳
(アルバム「daiya-monde」収録)

矢井田瞳メジャーデビューシングル
女子の素直な気持ちロックン・ロールというフィルターにそのまま通したかのような衝撃のデビュー作

B'coz I Love You

B'coz I Love You

  • 矢井田瞳
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第3位

https://instagram.com/p/1orqOeg-yb/

第3位 口笛/Mr.Children
(アルバム「Q」収録)

Mr.Children18枚目のシングル
桜井さんの甘いボーカルが胸に響く名作ラブソング
なおジャケットのシルエットはギターの田原健一

【当時の思い出】
ノンタイアップながらも大ヒットを記録したシングル「口笛
もちろん発売前から何度もラジオでOAされていたためよく耳にしていました

Q

Q

第2位

f:id:calimero0655:20150419090402j:plain

第2位 Brand New Wave Upper Ground/JUDY AND MARY
(アルバム「WARP」収録)

1年間の充電期間を経てリリースされたJUDY AND MARY18枚目のシングル
パワフルポップなYUKIのボーカルが光るロック・チューン
ちなみに当時数多くのヒット曲を生み出した「ポカリスエット」CMソングでもある

【当時の思い出】
ずっと待ちわびていたJUDY AND MARYの新曲リリース!
発売されるなり即レンタルしてカセットに録音したのですがのちのちA面とB面をまたいでいたことが発覚...
そのため曲の途中でオートリバースがかかり

カチャ!サーーーーーーーーーーー...」

という音が毎回入った状態でこの楽曲を聴いていました
でもってそのタイミングがYUKIちゃんが歌っているところだったので余計に残念だったのを覚えています...

Brand New Wave Upper Ground

Brand New Wave Upper Ground

  • JUDY AND MARY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第1位

https://instagram.com/p/1orsclA-yf/

第1位 ヒトリノ夜/ポルノグラフィティ
(アルバム「ロマンチスト・エゴイスト」収録)

前作「アポロ」の勢いそのままにリリースされたポルノグラフィティ2枚目のシングル
人気アニメ「GTO」の主題歌に選ばれるなど
若者を中心とした音楽ファンの支持を一気に集めることとなったアッパーなロックチューン

【当時の思い出】
やはりゴールデンタイムに放送されていたアニメ「GTO」の主題歌となったことが大きく
クラスの友達の中でも知らない人はいないぐらいポルノグラフィティはものすごく勢いがありました
またアニメGTO」のOP映像が当時にしてはクオリティーが高くこれまたカッコよかったので
これが毎週お茶の間に流れていたかと思うとそりゃ人気出るよね!って感じでした

ヒトリノ夜

ヒトリノ夜

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


...というわけで
2000年】の個人的BEST30はご覧の通り!

第1位 ヒトリノ夜/ポルノグラフィティ

第2位 Brand New Wave Upper Ground/JUDY AND MARY

第3位 口笛/Mr.Children

第4位 B'coz I Love You/矢井田瞳

第5位 HOTEL PACIFIC/サザンオールスターズ

第6位 ホタル/スピッツ

第7位 STAY AWAY/L'Arc~en~Ciel

第8位 静かな日々の階段を/Dragon Ash

第9位 直感パラダイス/Hysteric Blue

第10位 ちょこっとLOVE/プッチモニ

第11位 とまどい/GLAY

第12位 今夜月の見える丘に/B'z

第13位 マシマロ/奥田民生

第14位 ギブス/椎名林檎

第15位 恋のダンスサイト/モーニング娘。

第16位 Wait&See 〜リスク〜/宇多田ヒカル

第17位 Stay by my side/倉木麻衣

第18位 夏祭り/Whiteberry

第19位 BRILLIANT WORLD/THE YELLOW MONKEY

第20位 青春/↑THE HIGH-LOWS↓

第21位 青いスポーツカーの男/青色7

第22位 Everything/MISIA

第23位 コミュニケーション・ブレイクダンス/SUPER BUTTER DOG

第24位 Your Song/LOVE PSYCHEDELICO

第25位 月光/鬼束ちひろ

第26位 桜の時/aiko

第27位 慎吾ママのおはロック/慎吾ママ

第28位 LOVE TOGETHER/NONA REEVES

第29位 あ〜よかった(setagaya mix)/花*花

第30位 Wild Child/Enya


こうして【2000年】を振り返ってみましたが
まとめてみるとドラマの主題歌が多かったように感じます
名作ドラマが多かったこともありましたが
学校に帰ってきてご飯を食べてから何かしらドラマを見ていたことがこのことからよくわかります

またバラードもよく聴いていたみたいようなので
昨年とはアーティストは同じでもすこし曲調が変わった楽曲を好んで聴いていたのかもしれません
そんな僕の【2000年】でしたー

2001年】はこちら

“"

Twitterやってます!フォローしてネ!
たかしーのブログ (@takashino55blog) | Twitter