読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

岩田聡氏が残した超大作ADV「メタルスレイダーグローリー」を攻略 ①

ゲーム ゲーム-たかしーのの挑戦 ゲーム-HAL研究所

1983年に誕生した家庭用ゲーム機
ファミリーコンピュータ

そのゲームソフトの数は
全部で1053タイトル

そんなゲームソフトの中には
生み出してしまったばかりに
ゲーム会社を倒産に招いてしまった
まさに悲劇のソフトがあると言います...

そのソフトがこちら

1991年
HAL研究所から発売されたSFアドベンチャーゲーム
メタルスレイダーグローリー

開発から販売まで
なんと4年2ヶ月を費やしたこのゲームは
ファミコンとは思えない美麗なグラフィック迫力あるサウンドを実現し
さらには個性豊かなキャラクター
映画にも負けないストーリーを盛り込んだ
まさに
超大作アドベンチャーゲームなのです!

しかしそれと同時に
発売した当初はすでにスーパーファミコンが発売されたこともあって
長い開発期間にもかかわらずセールスが伸びず
その結果HAL研究所を倒産に招いてしまった
悲劇のゲームソフトでもあるのです...

ちなみに当時の製作スタッフには
任天堂社長である岩田聡氏がプロデューサープログラマーとして在籍

そんな任天堂の社長も携わったこのゲーム

果たしてどんなゲームソフトなのか...!!?




なお今回は...

Wiiで配信されているバーチャルコンソールをプレイ!

オリジナルのファミコンソフトは
先述の背景もあって市場にはあまり出回っておらず
現在でも1万円以上もの価格がつくほどのプレミアソフト

それがバーチャルコンソールだと
たったの617Wiiポイント!
ほんとに便利な時代になりましたね〜♫

あらすじ

さて前置きが長くなりましたが...

ここからがこのゲームのあらすじ

主人公は作業用メカの操作代行を専業としている
青年日向忠(ひむかいただし)

ある日
忠の作業所の隣にある「GEN'S AUTO」の経営者ゲンから作業用メカを購入した忠は
ガールフレンドのエリナに見せるため
メカに乗りこみ動かすことにしました

すると忠の目の前に突然

そうぞう主をさがせ ちきゅうは危きにひんしている
謎のメッセージが現れます

すると乗っていた作業用メカが

なんと戦闘用メカである
メタルスレイダーに変形してしまいました!!!

果たしてこのメタルスレイダーとはいったい何なのか...!?
そしてあのメッセージに隠された真相とは...!!?

...というところから

いよいよ物語が始まります!

ファミコンらしからぬ美麗すぎるグラフィック
思わずうっとりしてしまうようなあらすじでしたが
この「メタルスレイダーグローリー」の世界にどっぷりとハマるため
いざ挑戦開始!

エリナとあずさ

まず最初に登場したのは
先ほどあらすじにも登場したエリナ

このメタルスレイダーを購入した「GEN'S AUTO」に事情を聞こうと語るエリナ

するとそこへ

やってきたのは忠の妹あずさ
その声に反応したのかファミコンらしからぬなめらかな動きで振り向くエリナ

ちなみにこのゲームで会話に合わせてドラクエのように音が鳴るのですが
セリフに合わせてちゃんと音程や抑揚が変化しています!
細かいんだけどこれはスゴイ!

さてこれで3人となったところで
「GEN'S AUTO」に向かいますが

残念ながらゲンは不在...

しかたなく3人は散歩をしながら
ゲンが帰ってくるのを待つことにしました

すると...

ここで初めてコマンドを選択する場面となり
今回は「みる」「はなす」「ふりかえる」の中から選べるようになりました!

まずは「みる」

「うみ」と「おかのむこう」に分岐したため「うみ」にしてみると

海が大好きと話すあずさ
でもこれはあまり意味がなさそう...

なので続いては「おかのむこう」にしてみると

エリナが割って入り
丘の上にはエアポートがあると話します

するとコマンドが変化!

「おかのむこう」が「エアポート」になりました

気になるので「エアポート」を見る忠ですが

今度は宇宙に行ってみたいと話すあずさ
この話もあんまり関係ないのでしょうか...

なので「みる」はあきらめ
次は「はなす」を選択

すると話題がすでに決められていたため妹あずさに親のことを聞いてみます

父は優しかったと話すあずさ

そこにまたエリナが割り込み

実はメタルスレイダーのパイロットをしていた忠とあずさの父・政忠
しかし8年前の戦争で残念ながら亡くなってしまったようです...
これは今度のストーリーにも関わってきそうな気がします
おそらく...

話も終わったところで
今度は「ふりかえる」を選択

すると

またもエリナが画面に登場

ゲンの店のロゴがファミレスみたいという話もありましたが
話題をメタルスレイダーにしてみると
今度はあずさが割り込み

あのメタルスレイダーをどこかで見たことがあると話し始めます

しかしどこで見たかは覚えていないというあずさ

とりあえず思い出したら話すということになりましたが
忠よりも幼いあずさがなぜあのメタルスレイダーを見たことがあるのか...??
全くもって謎です...

その後は同じような会話が続いてきたので再びあずさのもとに振り返り
コマンドは2巡目に突入

再び海を見ると

なぜか海からの
お兄ちゃん大好き♡宣言をするあずさ
しかし忠もまんざらでもない様子

実は父の他に母も亡くしている
唯一の肉親であるあずさをとても大事にしているようです

に、しても...

せやな(꒪⌓꒪)

で、その後も会話に進展はなく
再びエリナのほうに振り返ると

ディーラーに行くのコマンドが新たに出現しました!


...というわけで
3人は忠がメタルスレイダーを購入した「GEN'S AUTO」へと再び向かうことになりました!

なかなか壮大なストーリーを展開しそうな雰囲気を漂わせるアドベンチャーゲーム
「メタルスレイダーグローリー」
今度が楽しみです!

追記

実はこの記事を書き終わった7月13日

このゲームを手がけ
のちに任天堂の社長となった岩田聡氏が亡くなったという情報が発表されました

去年E3の映像であんなに若々しい姿を見せてくれていただけに
55歳という若さで亡くなるなんて本当に残念です...

岩田さん
これまでたくさん感動と興奮をありがとうございました!!!

そして感謝の気持ちとともに
ご冥福をお祈りいたします

メタルスレイダーグローリー

メタルスレイダーグローリー