読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

岩田聡氏が残した超大作ADV「メタルスレイダーグローリー」を攻略 ③

ゲーム-たかしーのの挑戦 ゲーム ゲーム-HAL研究所

前回はこちら

故・任天堂社長岩田聡氏を中心に
ファミコンとは思えぬ美麗なグラフィックを実現させた超大作アドベンチャー
メタルスレイダーグローリー

謎の戦闘メカメタルスレイダーの真相を探るべく
忠たち3人は宇宙にある軌道ステーションへと向かいます!



宇宙へ...

ゲンの車でメタルスレイダーとともに
エアポートへと向かう3人

するとゲンは

メタルスレイダーのコクピットから変な匂いがするとの話をし始めます

エリナがどんな匂いかを聞いてみると

えっ、トイレの芳香剤...(꒪⌓꒪;)
エリナもたまらずこの拒絶反応

しかしコクピットに乗ったことのある忠には特に気にならなかった模様
コクピットのどこかに置き型ファブリーズでも置いてあったのでしょうか...

そんなコクピットの匂いの話から
今度はあずさにメタルスレイダーを見たことがあるという話を再び聞いてみる忠

しかしやはりまだ思い出せないあずさ
いつになれば思い出すときがやってくるのでしょうか...

で、そうこうしているうちに
車はようやくエアポートに到着した3人
メタルスレイダー、デカすぎwww

宇宙に行くのを楽しみにしていたあずさ
エアポートにやってきてまるで遠足に行くかのようにウキウキしています

すると帰り際ゲンからこんな話が!

軌道ステーションに停泊させているゲンの貨物船ムーンフェイスを貸してくれるといいます!

当然そういった話にはすぐ乗っかるエリナ

もちろんかりない手はないと「かりる」を選択し

ゲンからムーンフェイスのカードキーをゲット!

そして役目を果たしたゲンとはお別れとなりました

さらば、ゲン!
ありがとう、ゲン!
女好きだったけどな!

でもって
再びハーレム状態に戻った忠

搭乗手続きを済ませ

いざシャトルへと乗り込みます!
あずさに関してはもうウキウキが止まらないご様子

出発までまだ時間があるようなので
2人としばし談笑

まずはあずさにちょっかいをかけてみます

その質問にあずさは

...だそうです(꒪⌓꒪)...
ちなみにあずさの年齢は12歳
学年にすると中学1年なのですが...
(なおドラマCDでは永遠の17歳こと田村ゆかりさんが声をしているみたいです)

するとこの返しに忠のシスコン魂に火がついたのか

コマンドに「うきうきする」が追加!
なのでこちらもあずさ同様

ウキウキ₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾する忠なのでした...

その後もシリアスな展開になることもなくウキウキと時間は流れ...

ようやく予定時刻となり
画面はシャトル飛行のムービーへ変わります




3人を乗せたシャトルは
滑走路から空へ飛び立ち...




大気圏を突破!

そして地球の引力を振り切り
無事宇宙まで到達しました!

しかしご覧になりましたか!?
この見事なまでのムービー!
静止画だけど...

宇宙旅行が実現したらきっとこんな感じなんだろーなと
20年以上も前に作られたゲームの映像に思いをはせながら思わず見とれてしまいました( ¤̴̶̷̤́ ‧̫̮ ¤̴̶̷̤̀ )
素晴らしいぞ、HAL研究所!

さてムービーに酔いしれたところで
ようやく軌道ステーションに到着かと思っていると
次の瞬間、まさかの光景が!

なにっ、スタッフロールΣ(゚д゚lll)!!!
シャトル飛行をバックに流れるスタッフの名前...

しばらく待っていても
スタッフの名前がどんどん宇宙空間に流れていきます...
まさか、これがエンディングなのか...

このあとも
グラフィックとか音楽にお金をかけすぎたせいでストーリーが短くなっただとか
選択を迫られる場面でもしかしたら間違えてしまっただとか
いろいろ不安になりながらもスタッフロールを眺めていると

スタッフロールが終了

果たして次なる展開は...!?















よかったー!
エンディングじゃなかった。゚( ゚இωஇ゚)゚。

実はあのスタッフロールは
このゲームのオープニングムービー
もちろんバッドエンディングでもなければゲームオーバーでもありませんでした!
よかった!よかった!


しかし逆に考えると
ここまではほんのプロローグ
ようやく本編に差し掛かった「メタルスレイダーグローリー」

果たして宇宙までやってきて
たどり着いたメタルスレイダーの真相とは!?

長くなってしまったので今回はここまで!

次回につづく...

メタルスレイダーグローリー

メタルスレイダーグローリー