読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

たまに行くならこんな栃木 〜江戸時代にタイムスリップ!日光江戸村〜

旅-たまに行くならこんな○○ 旅-関東【茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川】

まだまだ続くよ!
栃木の旅ブログ第3弾!

第1弾・第2弾はこちら

今回は日光江戸村に行ってきたので
そちらのレポートをお送りします!

では、どうぞ〜!



前回まで宇都宮市内を探索していたので
今回もスタート地点は宇都宮駅から〜!

まずは宇都宮駅からJR日光線で40分かけ


今市駅

そこから炎天下の中
徒歩で北に15分ほど歩き

東武鉄道の下今市駅に到着!

そこから特急電車に乗り約20分

日光江戸村までの路線バスが出ている
鬼怒川温泉駅までやってきました!

しかし時刻は前回採石場に行ったこともあり
すでに午後2時(江戸村は17時まで)
バスを待つ時間が惜しいとここはタクシーで移動!

そして駅から10分ほどかけ

ようやく
日光江戸村に到着しました!

入場料金は
通常大人4700円(小学生以下は2400円)なのですが
14時以降の場合は少し安くなり
大人4100円(小学生以下は2100円)となります!

しかも今回はラッキーなことに
先ほど移動で乗ってきたタクシーの運転手さんに
なんと日光江戸村の割引券をいただいていたので
実際には14時以降の料金よりもさらに安く入場することができました!
ありがとう、運転手さん!!!

なお割引券は鬼怒川温泉のホテルや旅館
または公式サイトからプリントアウトして手に入れることができるそうなので
もし行かれる方は是非利用してみてはいかがでしょうか??


さて受付で手形という名のチケットを購入し
荷物をロッカーにあずけたところでいよいよ
日光江戸村に入村します!

江戸ワンダーランド」と書かれたゲートをくぐり
意気揚々と江戸村へと向かおうとしますが

この中にいるお侍さん
「お主ら、待たれよ!手形は持っておるか??」
と声をかけられます

なので先ほど購入した手形を見せると
「よし、通っていいぞ!」と江戸村の入村が認められました!
当たり前やけどねw

ちなみにこのお侍さん
お客さんが来るまでは自慢の刀で立ち回りなどをしているため
もし手形をもっていないと...
大変なことになるかもしれませんので
くれぐれもご注意ください...

最悪斬られるかもね...笑


さて関所も通過したところで
その先はお楽しみの江戸村か!?と思いましたが...

実は江戸村はまだまだ先!
なんと村までは二町もの距離があるようです...
※あとから調べたところ1町は約110mみたいなので実はたいした距離ではありませんでしたw

そんなこととはつゆ知らず
村を目指しながら歩いていくと

前方にお団子屋さんを発見!
なんだかこういう休憩地点も江戸っぽいですね!
現代でいうところの道の駅といったところでしょうか??

しかし入村した時間が遅いので
お団子屋さんへは寄らずひたすら江戸村を目指すと...

ありました!!!
ようやく人が住んでいそうな場所が見えてきました

そして中に入りしばらく進むと...

おおおおおヽ(*´∀`*)ノ !!!
まさしく時代劇の世界に迷い込んでしまったような江戸の町風景が広がっています!
こんなひと里離れた山の中に江戸の町が存在していたのですね〜!!!
↑もうすでに江戸村のとりこ

これで気分も高まってきたところで

この広大な江戸の町マップを頼りに
時間が許す限り江戸村を回っていきたいと思います!

長州藩屋敷

まずやってきたのは
江戸村の北の端に位置する長州藩屋敷

ここでは大きな屋敷を巡りながら
約264年も続いた江戸の歴史
等身大のジオラマで振り返ることができます!

こちらは江戸幕府の第5代将軍徳川綱吉が発令した
あの有名な生類憐れみの令が発令されたときの江戸を描いたジオラマ

ワンちゃんがまるで殿様のように
担ぎ込まれている姿が確認できます!
ほんとにスゴイ法令だったんだな...

こちらはご存知水戸黄門
ちょうど印籠を出して事件を解決している模様が再現されています!
ちなみに音声もついているのでその様子は迫力満点です!

なおこの他にも桜田門外の変忠臣蔵など
時代劇や映画でも有名な事件も展示がされていたので
歴史好きにはたまらないお屋敷かもしれませんね!

小伝馬町牢屋敷

長州藩屋敷からすぐの場所にあるこちらは小伝馬町牢屋敷
江戸時代の罪人を拘留する施設で
当時の刑罰などについてこちらもジオラマで展示がされています

ですがお化け屋敷並みに
なかなかショッキングなものが多いため
こういったものが苦手の人は入らないほうがいいかもしれません...

ちなみに...

この死罪場の中は
特に厳しいです...

その中は是非江戸村に来てみて確かめてみてください...

忍者怪怪亭

ところ変わって
今度は江戸村の南に位置する忍者怪怪亭に潜入!

見てわかると思いますが
建物が地面と平行に建てられていません!

実はここは忍者の修行場
中に入ると平行感覚がおかしくなるようなしかけの数多くある
いわばトリックハウスとなっています!

たとえばこちら!
一見平行に見えると思いますが
実はものすごい急斜面!
手すりがなければ立っていられることなどできません...

平行感覚がおかしくなりながらも
なんとかこの屋敷を突破し出口にでると
そこは大人忍者体験ができる忍者の里へと通じているため
出迎えてくれた忍者から「どうでしたー??」とまさかのねぎらいのひとことをいただきましたw

忍者の修行はなかなか大変です...

忍者からくり格言迷路

つづいても忍者シリーズ!
忍者からくり格言迷路に入ってみます

洞窟のような入り口をぬけると
そこに待っていたのは
巨大な黒い大迷路!

道中や行き止まりには
忍者から数々のありがたい言葉などが掲示されていますが
それよりも出口がなかなか見つからずにやきもき

やっと中間地点までさしかかり
高台から迷路の全貌を確認してみると...

まだまだゴールは遠い模様
しかしここからあるトリックを見破ることができたために
このあとゴールまで辿り着き
無事脱出成功!!!

さすがは忍者屋敷だなって思うほどの難易度でしたー

大人忍者体験

そんな忍者シリーズをまわったところで
忍者にだんだん興味が出てきたため忍者の里に戻り
大人忍者体験を志願してみることにしました!

この大人忍者体験は
追加料金はなく無料で体験することができ
また開村から30分ごとに開催がされているため
近くの忍者に「大人忍者体験をしたい!」と話せば
ほぼほぼ体験することができます!
ちなみに定員は各回5名ほどのようなので申請する際はお早めに...

と、いうわけで
初めての忍者体験がスタート!

体験内容は全部で5つあるのですが
それが書かれたカードを体験者にババ抜きの要領でひかせ
選ばれた3枚のカードに書かれたものを実施するという流れとなっています

今回は体験者が僕も含め3組だったので
それぞれ1枚ずつひき以下の3つに決定!

さてどんな修行になるのやら...

天井裏潜り

まず1つ目は天井裏潜り

屋敷を想定した小屋の天井裏に登って
床に置いてある巻物に見立てた竹筒を天井裏に開いた穴からフックにひっかけゲットするというもの

さっそく忍者がお手本を見せ
いとも簡単にやってのけますが
これが実際にやってみると意外とムズカシイ...

特にこの修行には制限時間があるため
慎重にいきたいもののあせってしまい
なかなかひっかることができません...

その結果
この修行は残念ながら失敗に終わりました...

床下侵入

リベンジに燃える2つ目は床下侵入

しかしただの床下を移動するわけではなく
床下に書かれた6つの数字をゴールに辿り着くまでに暗記
そして最後に忍者にその数字をパズルのような板で組み合わせてみせて
無事数字が合っていればクリアとなります!

一見簡単そうに思えるこの修行ですが


このように床下に潜っている最中に
今日は何月何日じゃー!今何時じゃー!今日の気温は何度じゃのー!
と忍者がひたすら数字を暗記させないように語りかけ邪魔をしてきます...

で、その罠にまんまとハマり暗記にまたも失敗
ここもクリアすることはできませんでした...

ちなみに体験者6人中この修行に成功した人は一人もいませんでした
もしかしたら1番ムズカシイ修行かもしれません...

手裏剣投げ

ラスト3つ目は忍者の王道手裏剣投げ

壁に空いている穴に向かって
手裏剣を投げ込み3つすべて入れば修行クリアとなるのですが

これも思うように手裏剣が飛んでくれず
結果成功したのはたった1回だけ...

忍者の修行は結局
散々な結果に終わってしまいました...

最後は忍者に教えてもらった忍者走り
受付の地点まで体験者とともに走りながら戻り体験は終了!

記念に修行を教わった忍者と記念写真も撮れたので
結果は残念でしたが
とてもいい思い出となりましたー!!!

江戸の町をぶらぶら

忍者修行を終え疲れたので
最後に江戸の町をぶら歩きして
いろんなものを探索していきたいと思います!

こちらは火の見櫓(やぐら)
江戸だと火事が発生した際はこの場所から「火事だーっ!」って叫ぶだろうと思いますが
もしほんとに火事とかになったらどうなんでしょうね???

こちらは江戸の町に住む人たちが書いたであろう絵馬

内容が気になったので読んでみると

今年もよい米ができますようにwwwww
さすがは江戸時代らしい願いが書かれていました!
しかし書かれているものがマジックっぽいのが少し気になりましたが...w

他にも多くの江戸ならではスポットがあり
気になるものがたくさんありました!

またここに住んでいる江戸の町人たちですが
会話もなんだか江戸っぽいので町を歩いていても
ほんとに江戸に来たような気持ちになることができます
「親方が突然いなくなったんですわー...」「エーーーッ!!(全員)」みたいなw

なおこの町人に関しては
ぼーーーっとしている突然話しかけてきてくれるので
そういうのが好きな人は逆に積極的に話しかけると面白いかもしれませんね!

ちなみに僕はそんな江戸の町人から
「日光市はペットボトルをなぜか燃えるゴミに捨てていいんですよ〜♫」という話を
なぜか3回ぐらい聞かされましたwww

ということなので
日光市に来たときは
是非ペットボトルは燃えるゴミまでお願いします!

江戸の町人も大事なことなので3回言ってました!

さてそうこうしているうちに閉村時間がきてしまったので
ついに江戸村とお別れ

関所を出てロッカーまで向かおうとしたのですが
そこで見たものは...


わー!ねずみ小僧捕まってるやんΣ(゚д゚lll)!!!
どうやら閉まる直前に捕まってしまったみたいで
江戸の警察になんと見世物にされてしまっていました!
もちろん写真も撮れます!w

最後までこんなサプライズまで用意している日光江戸村

出口のほうを見ると奉行の方々が
「ご来場いただき誠にありがとうございました!」と整列しながらごあいさつしてくれています

こうした様子を見ると日光江戸村
まさにおもてなしの精神がいきづく
日本が誇る
最高のエンターテインメントスペース

だったのではないでしょうか???

実質3時間ほどしか滞在することはできませんでしたが
とても楽しい時間を過ごすことができました!!!


ちなみに今回ギリギリに来たので実は会えないと思っていましたが...

にゃんまげにも会えました(*´∀`*)!!!
どうやら閉村ギリギリでも現れるみたいなので
写真を撮りたい人は是非ねばってみてはいかがでしょうか???

ともあれ楽しい思い出を...

ありがとう、日光江戸村!
ありがとう、にゃんまげ!

そして
ありがとう、
日光市のゴミの分別を教えてくれた
江戸の町人さん!w

このネタは一生忘れません...!笑

るるぶ日光 那須 鬼怒川 塩原'16 (国内シリーズ)

るるぶ日光 那須 鬼怒川 塩原'16 (国内シリーズ)