読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

岩田聡氏が残した超大作ADV「メタルスレイダーグローリー」を攻略 ㉗【完】

ゲーム-たかしーのの挑戦 ゲーム-HAL研究所 ゲーム

前回はこちら

ついにGLORYの最終兵器を起動すべく
ヴィヴァーチェに託されたディスクをセットすることにした忠

起動するための3つの条件のうち2つをクリアし
残す条件はただひとつ!

しかし最後の条件は
なんとパイロットの音声認識だった!

果たして忠はこの条件をクリアし
最終兵器を発動させ
異生物たちを倒すことはできるのか!!?

27回も続いた超大作ADV
メタルスレイダーグローリー」も今回で
感動のフィナーレ!

では、最後までどうぞ!



最後の条件

3つ目に出された条件
3. 音声によるパイロットの確認
について考える忠

するとエンカイから通信が!

それは

要塞がまたビーム砲の発射準備に入ったのではないか
ということ...

そうだとしたら
もう時間がありません...

あせる忠...

そして考えに考えた末
忠はあることを思い出します!

それは

前回発見したB面に残された
正忠の肉声

もし登録された音声がGLORYのパイロット正忠の声だとするならば
ディスクから流れる声に反応してくれるはずです!

そう気づきディスクを再生する忠

しかし!

まさかのエラー...
音声は正忠のものではありませんでした...

ではいったい誰の音声を認識してくれるのか...?

すると何かを思いついたのか
忠は再びあのときのことについて考え始めます...

それは前回キーワードのときにもきっかけとなった
正忠が亡くなったときの話

そのとき正忠は
あずさに「何でもいいから おはなししろ」と語っていました...



何でもいいから おはなししろ...



それって...もしかして!

あずさの音声登録をしていたのでは(꒪⌓꒪)!!?

ということは
あずさの声を聞かせることができれば
条件をクリアすることができるかもしれません!!!

が、しかし...

現状あずさのいるT・ストークとは
今だ通信がとれない状態...

あずさの声を聞かせることはもはや無理なのでしょうか...?

悩む忠...

なんとかしてあずさの声を聞かせる方法はないか
考えを巡らせます

するとまたしても
忠はあずさにまつわるあることを思い出します

それはGLORYの創造主を探すべく
メカニックのシンにいろいろと聞いていたときのこと

コクピットに落ちていたディスクの内容を確認すべく
ディスクをセットしたのですが
そこへ突然あずさが乱入し...

「お兄ちゃん だーいすき♡」と勝手に録音!
ディスクに入っていたはずの内容を削除されてしまったことがありました...





...と、いうことは





そのときのあずさの声が
このディスクに録音されているではありませんか!!!

これであずさの声を聞かせることができます!
もしかしてあの行動はわざと...?

そうとわかれば
正忠の肉声が入ったB面からA面にディスクをセット!

いたずらで録音されたあずさの声を流してみます...

果たして...

キターーーー(・∀・)ーーー!!
やはり登録されていた音声はあずさの声だったのです!

これで
起動条件はすべてクリア!

あとは最終兵器を要塞におみまいするだけ!
...なのですが


エンカイが予想していた通り
要塞は再びあのビーム砲を放つため
エネルギーを右翼に集中!

もはや一刻の猶予も許されない状況に
追い込まれてしまいました...

忠の決意

そんな中
忠のもとにある人物から通信が届きます

その人物は...

T・ストークの様子を見に戻ったキャティ
どうやら通信機能が復旧したようです!

キャティによると
被弾したT・ストークは負傷者が出たものも
全員無事!
心配していたあずさも大丈夫のようです!

そしてこの通信から妹あずさの無事を確認した忠は
覚悟を決めたのか...

キャティに
最終兵器を作動させると報告!

ヴィヴァーチェから正忠へ
そして息子・忠へと託されたGLORYの最終兵器

いよいよその役目を果たすときがやってきました...

すぐさまエンカイに
エリナとともにここから離れるよう伝える忠

それを聞いて

一緒に行くと訴えるエリナでしたが...

と言い残し

エリナをT・ストークまで連れていくよう
エンカイに頼みます


それでも抵抗を続けるエリナ...

しかしエンカイは
頼まれたとおりにいやがるエリナを連れ離脱!


これで準備は整いました...


ヴィヴァーチェの思い
父・正忠の思い
そしてエリナやあずさの思いを背負いながら

最後の戦いへとのぞむため

忠は要塞へと向かうのでした...

ラストシューティング

要塞付近にたどり着いた忠

エンカイの言うとおり
エネルギーを集中させている右翼部分に近づいていくと

今にもビーム砲が発射されそうなほど
怪しく光を放っています...

この部分に最終兵器を発動させるため
エンカイから送られたゲージを見ながらタイミングをうかがう忠


そして
ゲージが満タンになったところで...







最終兵器を発動!!!!!
GLORYの腹部から強大なエネルギーの塊がバスターとなって解き放れました!!!

しかしこのあと画面は一変し...

次に映し出されたのはT・ストーク

そこにはエンカイに連れられ
T・ストークに強制的に戻らされたエリナの姿

そこへあずさがやってきますが...

忠がいないことを知り
今にも泣きそうな表情になってしまいます...

そんなあずさをエリナは

忠は かならず かえってくる...
とあずさをなぐさめます

するとそこへ

やよいさんが
あやしい光を発見します!

その光とは...


最終兵器を発動すべく忠が立ち向かった
要塞右翼からの光

するとその光は

だんだんと右翼部分を包みこみ...

そして!

大 爆 発  ! ! !
どうやら最終兵器は成功したようです!

この大爆発を見て

喜ぶキャティ...でしたが

忠が帰ってこないことが心配なエリナとあずさ

果たして
忠は無事なのか...?













GLORYだヽ(*´∀`*)ノ !!!!!
無事忠はT・ストークのもとへと帰ってきました!!!




安堵するメンバーたち

そして...

約束を果たし無事に帰ってきた忠を見て
涙ぐむエリナ喜ぶあずさの姿がそこにはありました

やったね!

エンディング

といったところで...

「メタルスレイダーグローリー」待望のエンディング!

このゲームに登場したキャストから始まるエンドロール
映画のように流れます

ちなみに
メインプログラマーは向井忠(むかいただし)さん
主人公の名前はここから生まれたようですね!

そんなこのゲームの秘密が知れたところで

エンドロールは終了!

と、ここで
実は物語にはまだ続きが...


地球に帰ってきた忠とエリナ

するとそんな忠に
エリナは最後こう答えます...


そして現れたのは...

日向ファミリー
こうして人類はこの家族の活躍によって救われたのでした!

おまけ

約1ヶ月かけお送りしてきた
メタルスレイダーグローリー

ファミコンの限界に挑戦したグラフィック
重厚なサウンド、そしてストーリー...

どれをとっても
現在発売されているゲームには負けず劣らずの完成度を誇る
まさに名作ソフトだったと思います!

ちなみに...

この記事の第1回目
メタルスレイダーグローリー」について
HAL研究所を倒産に招いてしまった悲劇のゲームソフトとご紹介しましたが...

実はこのソフトがきっかけとなり

このゲーム開発に携わったのちの任天堂社長岩田聡氏
取引先であった任天堂の当時の社長から直々に命じられ
HAL研究所の社長に就任することとなります

そしてその体制のもと
今後発売するソフトは全てミリオンセラーを目指す!
との信念を合言葉に製作されたのが...

星のカービィ 夢の泉の物語
だったのです!

ご承知のとおり
100万本を超える大ヒットを記録!
HAL研究所はこれにて再建を果たすことができたのです!

確かに会社を倒産させたという意味では
「メタルスレイダーグローリー」は悲劇のソフトだったのかもしれません...

ですがこうした大ヒット作を生み出すきっかけとなったのも
また「メタルスレイダーグローリー」だったのではないでしょうか??


岩田さん
これまで本当にお疲れ様でした!
これかも岩田さんが残したたくさんのゲームで
残りの人生を楽しませていただきます!
ありがとうございました!!!

メタルスレイダーグローリー

メタルスレイダーグローリー

“"