読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

たまに行くならこんな茨城 〜うな丼発祥の地牛久沼でうな丼を食す〜

旅-たまに行くならこんな○○ 旅-関東【茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川】 グルメ グルメ-丼ぶり

連日厳しい猛暑が続く中
いかがお過ごしでしょうか??

僕はですが
すっかり夏バテになってしまいました...

そんな夏バテのシーズンに食べたくなるのは...

もちろんうなぎ!
ビタミンAが豊富で夏バテに効果があるとされています

というわけで
夏バテをぶっ飛ばすべくうなぎを食すため
今回はとある場所へとやってきました!

その場所は...

茨城県!

なんでも茨城県には
うな丼発祥の地があるそうなんです!

では、早速行ってみましょう!!!



うな丼発祥の地

その場所がこちらです!

茨城県龍ヶ崎市牛久沼

看板にもハッキリと
うな丼発祥の地と書かれてあります!

またこの牛久沼湖畔周辺には
老舗のうなぎ屋さんが軒を連ねていて
うなぎ街道と呼ばれているそうなんです!

うな丼誕生秘話

ちなみに
なぜ牛久沼がうな丼発祥の地なのかということなんですが...

それは江戸時代
大久保今助という人が牛久沼の茶屋にやってきて渡し船を待っていたときのこと

急にうなぎが食べたくなった今助は
蒲焼きどんぶり飯を注文したのですが
料理が出たタイミングで待っていた船がやってきてしまったので
その茶屋から茶器を借りてどんぶり飯に蒲焼きを乗せ
フタをしてからそのまま船に乗りこむこととなりました

そして対岸に着いた今助が
持ち帰ったうなぎを食べたところ
蒲焼きが飯の温度で蒸され柔らかくなり
さらには飯にタレが染み込んだおかげで
より美味しくいただけることを偶然発見!

この経験を茶器を返しにいった今助が
牛久沼の茶屋にその食べ方を伝えたことで
うな丼として提供するようになり
それから日本各地へと広まっていったんだそうです

うな丼を食べてみよう

さてそんなうな丼の起源となった場所で
今回うな丼をいただくお店は...

もちろんうなぎ街道にある老舗のうなぎ屋さん
桑名屋

佐貫駅から南に歩いて15分ほどの場所にあるうなぎ屋さんで

お店の目の前には

おそらく今助がうな丼を持って渡ったであろう
牛久沼が広がっています

そんな牛久沼にロマンを感じながらも
ひとしきり眺めたところでいよいよお店の中へ

メニューを取り出しみてみると

おっ、あるある(・∀・)ニヤニヤ
メニューにしっかりうな丼が乗っています!

ちなみに値段が少し高いような印象を受けるかもしれませんが
実は他のうなぎ街道のお店と比べると
桑名屋が1番安いお店なのです!
それが理由で選んだのもあるんですが...


というわけで
ここは迷わずうな丼を注文!

ゆっくりお茶を飲みながら
うな丼が出てくるのを待ちます

おそらくお客も多かったのもありますが
ひとつひとつ丁寧に焼き上げ作っているため
しばらく待つこと20分

うな丼が丸いおひつに入った状態で
僕の目の前にようやくやってきました!

てっきりうな丼が生まれた話を聞く感じだと
どんぶりに入っているものだと思っていたのですがそうじゃないんですねー!

それでは...
うな丼、オープン!









どひゃああああああああ(∩´ω`)∩´ω`)∩´ω`)∩!!!
どーですか!?
食欲がさらに増してきそうなこの見た目!
炭火でしっかり漬け焼きされた蒲焼きの匂いもたまりません!!

いざ、実食!



...




......




柔らかくて
うまああああああいヽ(*´∀`*)ノ

蒲焼きがふっくらとしていて
小骨の嫌な感じもなくすぐに噛み切れる柔らかさ

そして

そんな蒲焼きと一緒に食べるご飯には
しっかりとタレが染み込んでいて
箸のスピードを決して止めてはくれません...

その結果
うな丼が来るのに20分待ったはずのに

たったの3分で完食!
あっという間の昼ご飯でした...


食べたあとにふと思ったのですが
もううな丼ってこれ以上進化することはないんじゃないの??って思えるほど
非常に美味しいうな丼でした!
ごちそうさまでした(๑´ڡ`๑)



夏バテにお悩みだという方!

暑い日が続きますが
是非外に出て
うな丼を食べてみてはいかがでしょうか?

牛久沼オススメですよ!

“"