読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

たまに行くならこんな茨城 〜ギネス世界一の大仏・牛久大仏を見に行く、あと中にも入るよ!〜

旅-たまに行くならこんな○○ 旅-関東【茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川】

前回はうな丼発祥の地である牛久沼
絶品うな丼を食したわけですが

今回はせっかく牛久までやってきたのだからと
うな丼を食べたその足で
世界一高い大仏牛久大仏を見に行くことにしました!

それでは、どうぞ!



牛久大仏とは

世界一高い大仏牛久大仏

その高さは...


※公式HPより

全長120m!
奈良の大仏や自由の女神と比べても
圧倒的に高いことは一目瞭然!
もちろんギネスにも認定がされています!

そしてこの牛久大仏なんですが
なんと中に入ることができるんだそうです!

当然今回は
牛久大仏の中にも入ってみたいと思います!

牛久大仏までの道のり

東京から電車で約1時間

牛久駅を下車

ここからバスに乗り
牛久大仏へと向かいます!

と、ここで

実際に行った人にしかわからないある落とし穴を発見したのでご報告を...

牛久大仏に向かうバスなんですが

14時台のバスはなんと0本!
そのため14時台に牛久駅に着いてしまうと
しばらく駅周辺で時間を潰さないといけない事態になってしまいますのでくれぐれもご注意を!
なお僕はこのトラップに見事ハマってしまいましたw

牛久大仏を見に行こう

さてようやくやってきたバスに乗り
揺られること約30分

バスから降り見上げてみると...





で、出たーーーΣ(゚д゚lll)!!!
なんとも神々しいお姿の大仏様が
突然僕の目の前に現れました!

さらに近くに寄ってみると

やはりとてつもない大きさ!
生で見ると迫力が違います!
もしこんな像が突然動きでもしたら確実にパニックですね!w

で、そんな大仏様をもっと詳しく見るために

拝観料800円を支払ってチケットを購入
園内へと進みます!
※なお大仏胎内に入らない場合は500円です

雲の道

園内へと入ると

遮るものがなく
こうして大仏様の全体像を拝むことができます!

こちらは大仏様のお顔

とても大きい模型なのですが
なぜこのようなお顔だけが置いてあるかというと...

なんと実物の牛久大仏のお顔は
この模型1000個分に相当するボリュームなんだそうです!
デカすぎるて〜!!!

変わってこちらは

原寸大の螺髪(大仏の頭部)
直径は1メートル重さは200キロあるそうなんですが
実物にはなんと
480個もついているんだそうです!
多すぎるて〜!!!

変わってこちらはギネスブックの登録証...かと思いましたが
本物は牛久大仏の胎内にあるようです
そりゃそうか...

そんな牛久大仏の凄さを思い知らされるようなものが
次々と登場してくる雲の道ですが...

当の牛久大仏まではまだまだ長い道のり...
さすがは世界一の大仏だけはあります

發遣門(はっけんもん)

で、ようやく

大仏の正面にある門發遣門(はっけんもん)までやってきました!

御賽銭箱があるのでお金を入れてお参り
これだけ大きい仏様だったらきっとどんな願いでも叶えてくれることでしょう!
ちなみに僕引越しを控えているのでいい物件が見つかりますようにとお願いしましたw

またその隣りでは

鐘をつくこともできます!
ただし音が大きいので
周りに人がいるときは注意しましょうね!

釈迦弥陀二尊

さてお参りも済んだところで

いよいよ大仏様へと続く参道を進んでいくわけですが
その前に

なにやら気になる看板が...

なので
この場所で振り返ってみると

あっ(꒪⌓꒪)!

いた(꒪⌓꒪)!

...じゃなかった
いらっしゃった(꒪⌓꒪)!!!
どうやら場所は後ろから見守っている釈迦弥陀二尊を拝むことができるスポットだったようです!
ありがたや〜ありがたや〜!

参道いろいろ

その後

現世を表す池群青海

四季折々の花が咲く定聚の苑(じょうじゅのその)

さらには

日本一の大きさを誇る大香炉を眺めながら参道を進み

横超の橋を看板どおり
南無阿弥陀仏と唱えながら6歩で渡ると...



ででーん!!!
ようやく牛久大仏のすぐ近くまでやってくることができました!
やはりここまでくると迫力というか威圧感さえ感じます...

牛久大仏の胎内に入ってみよう

さてさて

牛久大仏の足元にやってきたところで
いよいよ牛久大仏の胎内へと入ってみたいと思います!

牛久大仏の後ろに向かうと

胎内に入る入り口があります!

近くで待つ案内人にチケットを手渡し
ここからお楽しみの牛久大仏の胎内へと入っていきます!

1F

すると入り口に入ってすぐ
灯りもない真っ暗な部屋にいきなり閉じ込められてしまいます...

これは煩悩を表す暗闇の世界を表しているんだそうで
こうした暗闇を1分ほど体験すると
ついに扉がオープン!

その先はというと...


※公式HPより

中央から一筋の光が差し込み
幻想的な光景が広がっていました!
ちなみにこの光は慈悲を表しているんだそうです

また胎内は意外にも
クーラーが効いていてものすごく快適でした!

2F

その後「順路」と書かれたルートを進み
2Fへと向かうと

牛久大仏が建造される過程やさまざまな写真が展示された資料館のようになっていました!
このようにして建造がされていたんですね
てか右下の写真がホラーすぎる...

さらには

実物大の右足親指の模型も展示されていました!
近くによると大型車と同じぐらい大きかったです!

5F

さて再び「順路」に沿って進んでいくとそこには
なんとエレベーターが!

次はこれに乗り
地上85mにある5Fの展望台へと向かいます!
まるで東京タワーみたい

で、こちらが

展望台から見た参道
先ほど通ってきた参道があんなに小さく見えます!

なお他にも東京スカイツリーが見える窓もあったのですが
あいにく曇っていて見ることはできませんでした
運悪し...

3F

ひととおり景色を見たところで階段を降り
今度は4Fからエレベーターで3Fに向かいます
※なお4Fはお土産屋さんでした!

そんな3Fには何があるかというと

金色に輝く仏様が壁一面にたくさん並んだ
スピリチュアルな光景をみることができます!

このフロアは蓮華蔵世界と呼ばれていて
仏様の数はなんと約3,400体もあるそうです!

なおこの仏様は永代経
プレートに供養料を支払えば自身の名前をいれることができるそうです

ただしその供養料は
小さい仏様で30万
大きい仏様だとなんと100万円するそうです!

お金に余裕のある方は是非購入してみてはいかがでしょうか??
100万円か...

再び2F

ここからはエレベーターではなく
階段で下へと降りていきます

その階段なのですが
いたるところに

こうした言葉が書かれた色紙のようなものが多く展示されているため
見て楽しみながら降りることができます
しかしなぜタマちゃんなのか...

そして先ほど資料館があった2Fへと再びやってきたのですが

実は2Fにはもうひとつフロアがあり
知恩報徳の世界と呼ばれる落ち着いた空間で写経体験をすることができます
胎内をめぐり仏教に興味が出てきた人の心を鷲掴みにするようなスポットですね!
ちなみに当たり前ですが...有料です

2F屋外

さてそんな写経ゾーンを通り過ぎ
奥へと進んでみると
その先に2Fから屋外へと出れる通路を発見!

そこから辿り着いたのは...

牛久大仏のすぐ真下!

つまりは...

ちょうど大仏様が立っている
蓮の上までやってきました!
ここ2Fだったんですね〜!!

で、近くにきて初めてわかったのですが


金箔がたくさん貼られていました!
実は胎内で金箔を購入して貼り付けることが可能!

おそらく御利益があるものと思われるのですが...

御賽銭を貼り付けるのは
どうなんですかねぇ(꒪⌓꒪)...

御利益あるのかしら...


...といったところで
牛久大仏の胎内探索、これにて終了!

さすがは世界一を誇る大仏様だけあって
興味深いものからありがたーいものまでたくさん見ることができました!

また前述したとおり
中にはクーラーが効いていて快適に胎内を探索することができました!

まさに
牛久大仏の胎内は極楽でした!

おまけ

牛久大仏では
他にも観光に来た人を楽しませるスポットがあったので
最後にご紹介したいと思います♫

りすとうさぎの小動物公園

牛久大仏のすぐ後ろにあるのが

りすとうさぎの小動物公園

名前にあるとおり


りす


うさぎとふれあうことができます!
しかも入場料無料です!
厳密にいうとチケット代込みということ

なおこの日はうさぎに関しては
とてもおとなしい性格の子が多かったのか


こうしたのびのびとした写真を撮ることができました!
かわゆすな〜(´▽`*)

ちなみにこの公園には

ヒツジ

ミニブタもいます!

寝てましたがw

本願荘厳の庭

ラストは

参道近くにある本願荘厳の庭をご紹介!

非常に手入れが行き届いた綺麗なお庭

池にはこのようにが泳いでいます

また近くでエサを買って
この鯉に餌付けすることができるのですが...


えっ(゚д゚lll)...



えーーーーーっΣ(゚д゚lll)!!!
エサが近くに撒かれすぎていたのか
岸で鯉が大量発生していました...

エサは近くだけでなく遠くにも投げてあげましょうね!w

牛久大仏忽然の貌―世界一の阿弥陀像完成までの1765日を記録 荒海美子・牛久きちい・大谷淑子写真集 (BeeBooks)

牛久大仏忽然の貌―世界一の阿弥陀像完成までの1765日を記録 荒海美子・牛久きちい・大谷淑子写真集 (BeeBooks)

“"