読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

【2001年】87年生まれの僕が当時聴いてた音楽をランキングにして振り返る【当時14歳】

音楽 音楽-当時の音楽を振り返る 音楽-洋楽 音楽-邦楽

当時聴いてた音楽を年別に好きな順にランキング形式で発表していく企画
第3弾!

今回は、僕が中学3年生だった【2001年】の音楽を、
当時の思い出とともにお届けしたいと思います!

ちなみに僕にとって【2001年】は、
高校受験シーズン、真っ只中!

当時は、自分にとって、ちょっと背伸びした偏差値の学校を志望してしまったこともあり、
ヒーヒーハーハー言いながら勉強をしていたのを、覚えています...

そんな【2001年】の音楽を、
今回もランキング形式にまとめて、振り返っていきましょうー!




まずは30位→21位までの発表です!

第30位〜第21位

第30位 おやすみなさい/aiko
(アルバム「秋 そばにいるよ」収録)

女子たちに贈る王道ポップシンガーaiko9枚目のシングル。
当時のドラマ「さよなら、小津先生」の主題歌で、家でよく両親が見ていたのを覚えている。
ちなみに、親父に関しては、アルバムを買ってくるほどのハマりっぷりでした!


第29位 3カウント/ゆず
(アルバム「歌時記 〜ふたりのビッグ(エッグ)ショー篇〜」収録)

現在でも時代とともに進化を遂げながら、極上のポップナンバーを届けてくれるフォークゆず11枚目のシングル。
当時の日本中央競馬会(JRA)のCMソングだったので、聴き始めたのはおそらくそれがきっかけかも。

3カウント

3カウント

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第28位 プライマル。/THE YELLOW MONKEY
(ベストアルバム「GOLDEN YEARS Singles 1996-2001」収録)

吉井和哉率いる伝説的バンドTHE YELLOW MONKEY24枚目のシングルでもあり、ラストシングルとなった楽曲。
昨年、お騒がせアイドルBiSがカバーしたことでも有名。

プライマル。

プライマル。

  • THE YELLOW MONKEY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第27位 愛のうた/ストロベリー・フラワー
(シングル「愛のうた」収録)

ニンテンドーゲームキューブ用ソフト「ピクミン」のCMソングでおなじみストロベリー・フラワー1枚目のシングル。
可愛くもはかないピクミンの世界観を、柔らかい歌声で表現されています。
てかゲームキューブ、もう10年も前のハードなのね...

愛のうた

愛のうた

  • ストロベリー・フラワー
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第26位 Kekana/Wes
(オムニバスアルバム「image 2 emotional & relaxing」収録)

当時のキリン「生茶」CMソングでおなじみ。
アフリカ音楽とは思えないほどのポップで癒し系な楽曲です!

Kekana

Kekana

  • Wes, Wes Madiko, Marco Papazian, Dany Ceccarelli, Marie Ceccarelli, Mara Kane, Lena Kann & Yvonne de Rumine
  • ワールド
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


第25位 Because We Can/Fatboy Slim
(アルバム「You've Come a Long Way, Baby」収録)

数多くの売れっ子芸人を生み出した番組「M-1グランプリ
その登場曲として使用されたのが、この「Because We Can」なのです!
ケセ、カンカンカンカンカンカンカンカンカンッ!
↑これでわかるでしょうか??

Because We Can

Because We Can

  • ファットボーイ・スリム
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第24位 Free World/LOVE PSYCHEDELICO
(アルバム「LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA」収録)

洋楽っぽいネイティブなボーカルで、世の中を驚かせたLOVE PSYCHEDELICO4枚目のシングル。
こちらは、当時の「ポカリスエット」CMソングでもありました!

Free World

Free World

  • LOVE PSYCHEDELICO
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第23位 眩暈/鬼束ちひろ
(アルバム「インソムニア」収録)

キレイな歌声でトゲのある歌詞をことで話題であったシンガー鬼束ちひろ4枚目のシングル。
当時ラジオでこの楽曲を知ったのですが、実はこちらもCMソングとして使われていたようです!

眩暈

眩暈

  • 鬼束ちひろ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第22位 ジレンマ/speena
(アルバム「much much more!!」収録)

女性ロックバンドspeena3枚目のシングル。
切なくも、エモーショナルなナンバーなのですが、
この楽曲のモチーフは、なんと社会現象にもなったアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のアスカ
歌詞には映画版のアスカのセリフが登場するみたいなので、是非エヴァファンは探してみては??


第21位 明日があるさ (ジョージアで行きましょう編)/ウルフルズ
(ベストアルバム「ベストだぜ!!」収録)

ジョン・B・チョッパーが脱退後、3人となったなにわロックバンドウルフルズ21枚目のシングル。
元々は「上を向いて歩こう」でおなじみの坂本九氏の楽曲である、そのカバーなのですが、
その後、この楽曲をモチーフにしたドラマが制作されたり、
また、吉本興業の芸人が「Re:Japan」として、同じくカバーされるなど、
当時は「明日があるさ」フィーバーが起こりました!

PICK UP!

と、いうわけで。
30位→21位までを一気に見ていただきました!

で、中でもCMソングが多かったので、
ここでは、当時のCMを振り返りつつ、ピックアップしていきたいと思います!


www.youtube.com

まずは、ゆず
日本中央競馬会(JRA)のCMソングだったわけですが、
出演されていたのはナインティナインでした!(正直CM探すまで覚えていませんでしたが...笑)
実際のジョッキーが登場するなど、感動的なCMに仕上がっていますね!


www.youtube.com

次は、ストロベリー・フラワー
実家でCMを「せつない~(泣)」と言いながら、オカンと見ていたの覚えています。
食べ~られる~♪


www.youtube.com

続いては、ウェスのケカナ
このCMを見て、ピンときた人も多いのでは??
松嶋菜々子さんが初々しくて、素敵です!
ちなみに生茶はこの前の年2000年に発売されたそうで、今年で15周年なんだそう!
おめでとう、生茶


www.youtube.com

ラストはウルフルズ
ドラマ仕立てのCMで、その当時は毎日といっていいほど、テレビで流れていたと思います!
また隠れキャラとして登場する松ちゃんが、毎回キャラが違うので、
「今回は、どんな人物で出てくるんだろう...??」
と、わくわくしながら見ていたのも、なんだか懐かしく感じます!


さて、当時のCMで懐かしさMAXになったところで、
続いては、20〜11位までをどうぞ!

第20位〜第11位

第20位 恋愛レボリューション21/モーニング娘。
(アルバム「4th「いきまっしょい!」」収録)

当時を代表する国民的アイドルモーニング娘。11枚目のシングル。
現在でもカラオケで歌われるほどの人気曲でしたが、
前の年に僕の推しメンであった市井紗耶香さんが卒業してしまったので、
TSUTAYAで借りてきて、カセットに録音しても、そこまで聴いていなかったように思います。(すまんな、モー娘。)
なお、この楽曲が初代リーダー中澤裕子さんが参加したラストシングルだそうです。

恋愛レボリューション21

恋愛レボリューション21

  • モーニング娘。
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第19位 サヨナラCOLOR/SUPER BUTTER DOG
(アルバム「」収録)

日本を代表するファンキーバンドSUPER BUTTER DOG8枚目のシングル。
永積タカシ氏の優しい声が体中に染み渡る極上のバラード

サヨナラCOLOR

サヨナラCOLOR

  • SUPER BUTTER DOG
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第18位 遥か/スピッツ
(アルバム「三日月ロック」収録)

常に最高のポップナンバーを届けてくれるバンドスピッツ23枚目のシングル。
最初の美しいハミングからゆったりと流れるメロディは、まさに至高!
この楽曲が収録されたアルバム「三日月ロック」も名盤です!(個人的には、「けもの道」が好き!)

遥か(album mix)

遥か(album mix)

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第17位 GLOBAL COMMUNICATION/GLAY
(アルバム「ONE LOVE」収録)

当時からカッコイイロックバンドの代名詞だったGLAY22枚目のシングル。
こちらもKDDIのCMソングだったのですが、その対象が実に驚き!

f:id:calimero0655:20151025151234j:plain

なんとGLAYとのコラボ携帯電話
GLAY PHONE

現在で例えると、SEKOI NO OWARI SMART PHONEみたいなところでしょうか??
GLAYの影響力のデカさが、このことからもよくわかります!

GLOBAL COMMUNICATION

GLOBAL COMMUNICATION

  • GLAY
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第16位 fragile/Every Little Thing
(アルバム「4 FORCE」収録)

avexが誇るJ-Pop男女ユニットEvery Little Thing17枚目のシングル。
バラエティ番組「あいのり」の主題歌で、おそらく当時の中高生はほとんど見ていたのではないかと思います!
ちなみに当時、妹がこの番組にすごくハマってしまったせいで、
その時間帯(夜11時~)のチャンネル権は、ずっと妹でした...。

Fragile

Fragile

  • Every Little Thing
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第15位 secret base ~君がくれたもの~/ZONE
(アルバム「Z」収録)

今となっては伝説的なガールズバンドとなったZONE3枚目のシングル。
当時の夏休みのお昼どきに放送されていた井上真央さん主演の大人気ドラマ「キッズ・ウォー3 ~ざけんなよ~」の主題歌だったので、
おそらく全国の中高生には、とても印象に残っている楽曲だと思います!
現在でも、大ヒットアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でもカバーされ使用されるなど、様々な世代の中高生の心をわしづかみにしてしまうほどの名曲

secret base ~君がくれたもの~

secret base ~君がくれたもの~

  • ZONE
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第14位 ultra soul/B'z
(アルバム「GREEN」収録 ※ただしバージョン違い)

現在も「世界水泳」のテーマソングでおなじみB'z31作目のシングル。
スポーツ選手の登場曲としても人気が高く、最近では読売ジャイアンツの片岡治大選手が使用しています!

Ultra Soul

Ultra Soul

  • B'z
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第13位 come again/m-flo
(アルバム「EXPO EXPO」収録)

流星のごとくJ-POPシーンに登場してきた音楽ユニットm-flo12枚目のシングル。
当時は、Dragon Ashのようなおしゃれなヒップホップユニットってイメージで聴いていたのですが、
その後「m-flo loves~」シリーズで、ボーカルを色々入れ替え、ヒット作を次々と生み出す存在になっていくとは、まさか思いもしませんでした!

Come Again

Come Again

  • m-flo
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第12位 ANOTHER WORLD/Gackt
(アルバム「MOON」収録)

現在ではバラエティなどでも活躍する元MALICE MIZERのボーカルGackt9枚目のシングル。
当時の僕は、
GLAYと同じぐらいカッコイイバンド、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
と聴いた瞬間感じたことを覚えています!
なおこちらも、Gackt自らが出演する資生堂「neue(ノイエ)MEN'S」のCMソング。

ANOTHER WORLD

ANOTHER WORLD

  • GACKT
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


第11位 One More Time/Daft Punk
(アルバム「Discovery」収録)

世界的に有名な謎のサイボーグ音楽ユニットDaft Punk2枚目のアルバムに収録された楽曲。
当時、TSUTAYAで洋楽を借りることがなかった僕にとって、はじめてレンタルした洋楽CDがこのアルバム「Discovery」だったと思う。
おそらくですが、バックグラウンドなしでノリノリになれる軽快な音楽と、様々なメディアで流れていたことで、
ハウスとはなんぞや、クラブミュージックとはなんぞや、な平凡中学生(つまりは、僕)にもきっと響いたんだと思います!

One More Time

One More Time

  • ダフト・パンク
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

PICK UP!

と、いうわけで。
20〜11位まで、でした!

この中から、僕がピックアップしたいのは、
やっぱり第15位ZONE

www.youtube.com

実は、この楽曲の歌詞にある「10年後の8月」に、
本人たちが再結成をして演奏されたのは、ご存知でしょうか?

この楽曲が発表された4年後、ZONEは解散をしてしまったのわけなのですが、
時は過ぎて、2011年8月
フルメンバーではないものの、ZONEは見事再結成を果たし、この楽曲を演奏されたそうです!

またこのライブの中で、この楽曲のアンサーソングである「約束〜August, 10years later〜」が発表されるなど、
ZONEの再結成を心待ちしていたファンにとっては、たまらない夜になったとのこと!

こうして、解散して時が経っても、バンドやその楽曲が愛され続けているというのは
ほんとに素晴らしいことですね!


それでは、お待たせいたしました!

いよいよ10位→1位の発表です!!!

第10位

第10位 クリスマス・イブRap/KICK THE CAN CREW
(ベストアルバム「BEST ALBUM 2001-2003」収録)

様々な個性的ラッパーが集まった音楽ユニットKICK THE CAN CREW4枚目のシングル。
山下達郎氏の「クリスマス・イブ」を大胆にサンプリングして作られた楽曲で、
その年の12月あたりにラジオでほぼ毎日流れていたのを覚えています。

第9位

第9位 youthful days/Mr.Children
(アルバム「IT'S A WONDERFUL WORLD」収録)

どこの世代にも愛されるロックバンドMr.Children21枚目のシングル。
ドラマ「アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜」主題歌かつ、
キリンビバレッジ 「大人のキリンレモン」CMソングのダブルタイアップで、当時の各メディアではOAされまくりな楽曲でした!

第8位

第8位 波乗りジョニー/桑田佳祐
(ベストアルバム「TOP OF THE POPS」収録)

当時、本格的にソロ活動を始めた桑田佳祐6枚目のシングル。
コカ・コーラのキャンペーンソングとしてもおなじみで、
自然と海岸でサーフィンしている人の姿が目に浮かんできそうな、そんな1曲。

第7位

第7位 アゲハ蝶/ポルノグラフィティ
(アルバム「雲をも掴む民」収録)

当時の音楽シーンのトレンド的存在だったロックバンドポルノグラフィティ6作目のシングル。
他のバンドにはなかったラテン系のメロディや、会話形式ですすむ歌詞など、ポルノにとって斬新な試みがなされた楽曲。

アゲハ蝶

アゲハ蝶

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第6位

第6位 Buzzstyle/矢井田瞳
(アルバム「Candlize」収録)

力強いボーカルが魅力のバンド歌姫矢井田瞳5枚目のシングル。
ドラマやCMなど、タイアップが多数つくほどの内外ともに認める人気曲で、
個人的にはイントロから攻めてくるギターサウンドがたまらなく好きです!

Buzzstyle

Buzzstyle

  • 矢井田瞳
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第5位

第5位 遠くまで/Do As Infinity
(アルバム「DEEP FOREST」収録 ※ただし別バージョン)

当時のavexを代表するロックバンドDo As Infinity8枚目のシングル。
ちなみにベースはあの師匠こと亀田誠治氏が担当。
動きまくるベース・ラインに注目して聴くと、もうたまりません!

遠くまで

遠くまで

  • Do As Infinity
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第4位

第4位 FINAL DISTANCE/宇多田ヒカル
(アルバム「DEEP RIVER」収録)

1999年の衝撃デビューから今も衰えない人気をみせる歌姫宇多田ヒカル8枚目のシングル。
元々は前作アルバム「DISTANCE」からのシングルカットなのですが、
まるで別の曲かと思うほどのアレンジが施された、極上ナンバー
PVでの世界観も壮大でものすごい仕上がりになっているため、一見の価値アリです!

第3位

第3位 mottö/JUDY AND MARY
(アルバム「WARP」収録)

この年バンド活動にピリオドを打つこととなったJUDY AND MARY20枚目のシングル。
キュートなYUKIちゃんのボーカルはもちろん、ココロがハジける激しいギターサウンドが、何度聴いてもやみつきになる1曲。
なおタイトルのmottöは「もっと」と「モットー」の2つの意味をこめている模様。

www.youtube.com

【当時の思い出】

当時から大好きなバンドであったJUDY AND MARY
解散すると聞いたのは、確か音楽番組「LOVE LOVEあいしてる」に出演していたときに発表していたのが、初めてだったと思う。

なお解散後は、復活しないかなーとときどき思ったりしていたのですが、
まさか昔よりカワイくなって、YUKIちゃんがソロデビューするとは、この時は知る由もありませんでした!
ほんとに40代の女性なのか、永遠の謎...

motto

motto

  • JUDY AND MARY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第2位

第2位 天体観測/BUMP OF CHICKEN
(アルバム「jupiter」収録)

現在でも、多くのバンドを目指す中高生たちに影響を与え続けているカリスマロックバンドBUMP OF CHICKEN3枚目のシングル。
また楽曲の良さとは裏腹にCDには必ずと言っていいほど、適当(?)に作ったであろう隠しトラックが用意されていて、みんなの話題に。
ちなみに「天体観測」の隠しトラックは、「H・I・R・O・W・A・K・I」(笑)。

www.youtube.com

【当時の思い出】

修学旅行先の宿舎でみんなで見た「うたばん」のシングルランキングで
上位(確かそのときは2位)になっていたのを見たのが、BUMP OF CHICKENを知ったきっかけ。

それから、友達に「このバンド、いいよ!」と、この楽曲も収録されたアルバム「jupiter」を借り、
本格的に聴くようになったと思います。

その後、BUMP OF CHICKENの楽曲をTSUTAYAであるだけ借り、
で、隠しトラックもなぜか全部集めたくなってしまって、
その結果、いろんなレンタルショップを探しまわって、曲を集めていたと覚えています!

天体観測

天体観測

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第1位

第1位 One/RIP SLYME
(アルバム「TOKYO CLASSIC」収録)

【2001年】の第1位は、RIP SLYME!
通算3枚目のシングルで、誰もが口付さめるような、ジャパニーズヒップホップの傑作ナンバー

www.youtube.com

【当時の思い出】

当時、なぜかこの「One」が友達グループで大流行し、
とある友達が「メタルリップスライム組もうぜー!」と言ったのをきっかけに、5人でメタルリップスライムを結成(笑)。
休み時間になぜかRIP SLYMEのメンバーになりきって、パート練習をし、歌っていたことがあります!

正直、今考えてみたら、
「なんであんなことしていたんだろう///」と恥ずかしくなってしまう思い出ではありますが、
そんな僕にとって、「One」は
みんなで歌う楽しさを教えてくれた楽曲となったのでした!

RIP SLYMEのような友達グループにめぐまれてよかったです!

One

One

  • RIP SLYME
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



...というわけで、

【2001年】の個人的BEST30はご覧の通り!

第1位 One/RIP SLYME

第2位 天体観測/BUMP OF CHICKEN

第3位 mottö/JUDY AND MARY

第4位 FINAL DISTANCE/宇多田ヒカル

第5位 遠くまで/Do As Infinity

第6位 Buzzstyle/矢井田瞳

第7位 アゲハ蝶/ポルノグラフィティ

第8位 波乗りジョニー/桑田佳祐

第9位 youthful days/Mr.Children

第10位 クリスマス・イブRap/KICK THE CAN CREW

第11位 One More Time/Daft Punk

第12位 ANOTHER WORLD/Gackt

第13位 come again/m-flo

第14位 ultra soul/B'z

第15位 secret base ~君がくれたもの~/ZONE

第16位 fragile/Every Little Thing

第17位 GLOBAL COMMUNICATION/GLAY

第18位 遥か/スピッツ

第19位 サヨナラCOLOR/SUPER BUTTER DOG

第20位 恋愛レボリューション21/モーニング娘。

第21位 明日があるさ (ジョージアで行きましょう編)/ウルフルズ

第22位 ジレンマ/speena

第23位 眩暈/鬼束ちひろ

第24位 Free World/LOVE PSYCHEDELICO

第25位 Because We Can/Fatboy Slim

第26位 Kekana/Wes

第27位 愛のうた/ストロベリー・フラワー

第28位 プライマル。/THE YELLOW MONKEY

第29位 3カウント/ゆず

第30位 おやすみなさい/aiko

振り返ってみると、
【2001年】に聴いてた楽曲は、CMやドラマのタイアップ曲が非常に多かったので、
勉強の合い間に聴いてた、ラジオやテレビの影響が大きかったのだなーということがわかりました!

皆さんも、こんな感じで振り返ってみては??

いろんな発見がありますよ!!!

2002年】はこちら

“”

Twitterやってます!フォローしてネ!
たかしーのブログ (@takashino55blog) | Twitter