読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

【2002年】87年生まれの僕が当時聴いてた音楽をランキングにして振り返る【当時15歳】

音楽 音楽-当時の音楽を振り返る 音楽-洋楽 音楽-邦楽

当時聴いてた音楽を年別に好きな順で発表していく企画
第4弾!

今回は、僕がめでたく中学を卒業し、高校1年生となった【2002年】の音楽を、
当時の思い出とともにお届けしたいと思います!

ちなみに僕と音楽を振り返る上で【2002年】という年は、
ズバリ、FMラジオとの出会いの年でした!

それまで中学までは、
ABCラジオの人気音楽番組「ABCミュージックパラダイス」が主な音楽の収入源だったのですが、
高校生になってできた友達から関西のFMラジオ局FM802を教えてもらってからは、まるで人が変わったようにFMラジオを家に帰ってから聴くようになりました!

さて、どうしてこうFMラジオにのめり込んだのか?
などの理由は、おいおい記事の中で、書いていくとして、
そんな少しおしゃれ(?)なオトナに近づいた15歳の僕の音楽遍歴
今回もランキングになんとかまとめてみましたので、ご覧頂きましょう!!!

どうぞ!




まずは30位→21位から!

第30位〜第21位

第30位 Mugen/ポルノグラフィティ
(アルバム「WORLDILLIA」収録)

ご存知ポルノグラフィティが通算9枚目にリリースしたシングル。
新たにホンセクをとりいれ、他のポルノの楽曲とは違ったテイストを打ち出した作品。
また当時、日韓共同で開催されたFIFAワールドカップ2002のテーマソング(NHK)でもあったため、
その期間中はずっとTVでOAされていたのを覚えています。

Mugen

Mugen

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第29位 Brand-New Myself 〜僕にできること/CHARCOAL FILTER
(アルバム「MADE IN Hi-High」収録)

CHARCOAL FILTER9枚目のシングル。
炭酸飲料「MATCH」CMソングでおなじみ!
当時はこうした元気いっぱいなバンド・サウンドが多かったように思います。
ちなみに今でもたまにカラオケで曲に困ったら歌いますw

Brand-New Myself

Brand-New Myself

  • CHARCOAL FILTER
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第28位 アンバランス/KICK THE CAN CREW
(アルバム「magic number」収録)

最近再結成を果たした伝説的ラッパートリオKICK THE CAN CREW8枚目のシングル。
ゆーるい感じで歌う3人のラップがとても心地よい1曲です!

アンバランス

アンバランス

  • KICK THE CAN CREW
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第27位 くちばしにチェリー/EGO-WRAPPIN'
(アルバム「Night Food」収録)

大阪が誇る実力派ジャズバンドEGO-WRAPPIN'2枚目のシングル。
当時のドラマ「私立探偵 濱マイク」の主題歌で、
このドラマが好きな友達から音源を借りて聴いたのを覚えています。
なお、この「くちばしにチェリー」。
なんでも主演の永瀬正敏さんがEGO-WRAPPIN'が好きということで、ドラマのために書き下ろした楽曲なんだそうですよ!

くちばしにチェリー

くちばしにチェリー

  • EGO-WRAPPIN'
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第26位 キラキラ/小田和正
(ベストアルバム「自己ベスト」収録)

いくつになっても少年のような声で歌いかけてくれる小田和正21枚目のシングル。
こちらもドラマ「恋ノチカラ」の主題歌だったのですが、ドラマの印象は特になく、オカンがなんか見ていたなあ...というのは覚えていますw
ちなみにその後、親父が買ってきたベストアルバム「自己ベスト」を聴いてから、小田和正さんの音楽にたくさん触れるようになりました!

キラキラ

キラキラ

  • 小田和正
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第25位 One Night Carnival/氣志團
(アルバム「BOY'S COLOR」収録)

ヤンキーとパンク・ロックを融合させた木更津の熱い男たち氣志團の記念すべきメジャーデビューシングル。
元々はめちゃイケの「数取団」で使われていたことがきっかけで知ったのですが、
2015年になって、まさかライブで見に行くほどハマってしまう存在になるとは思っていませんでした!
翔さん、最高ッス!!!

↓詳しくはこちら

One Night Carnival

One Night Carnival

  • 氣志團
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第24位 大切なもの/ロードオブメジャー
(アルバム「ROAD OF MAJOR」収録)

モー娘。を生み出した「ASAYAN」の後番組「ハマラジャ」で、一気にスターダムにのしあがったインディーズバンド
ロードオブメジャーの記念すべき最初のシングル。
ストレートなメッセージが、聴くだけですくに伝わる00年代青春ロックの定番ナンバー

大切なもの

大切なもの

  • ロードオブメジャー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第23位 Lifestyles of the Rich & Famous/Good Charlotte
(アルバム「The Young and the Hopeless」収録)

グッシャー」の愛称で親しまれたアメリカのバンドGood Charlotte2枚目のアルバム収録曲。
聴いたきっかけは、FM802から!
ポップパンクはメロディがわかりやすくて、かつテンションのあがることから、当時すごくハマっていて、
その中でも、お気に入りだった1曲がこちらでしたー!
(ちなみに、このあともいろいろ出てきます!)

Lifestyles of the Rich & Famous

Lifestyles of the Rich & Famous

  • グッド・シャーロット
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


第22位 A Thousand Miles/Vanessa Carlton
(アルバム「Be Not Nobody」収録)

A Thousand Miles

A Thousand Miles

  • ヴァネッサ・カールトン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Vanessa Carltonの名を世界に知らしめたピアノソングの名曲。
当時ラジオで初めて聴いてからというもの、
この楽曲の美しいピアノの旋律と優しく語りかける歌声に、一発で好きになってしまいました!


第21位 Ring My Bell/矢井田瞳
(アルバム「i/flancy」収録)

大阪が生んだカリスマロック歌姫矢井田瞳の6枚目シングル。
中学校からずっとヤイコが好きで、新曲は常にチェックしていました!
この楽曲は、当時のシャンプーのCMソングで、ヤイコ本人も出演されていました!

Ring my bell

Ring my bell

  • 矢井田瞳
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

PICK UP!

この中で、ピックアップしたいのは、
僕が第22位に選んだVanessa Carlton!

この曲を知ったきっかけのは、
当時よく聴いていたFM802のお昼の番組だったと思います。


ちなみに、よくよく調べてみると...

A Thousand Miles」は、2002年5月のヘビーローテーション(※)だったそうで、
このことからどうやら高校入学してすぐラジオを聴きまくっていたゆえに、
文字どおり頭の中でこの楽曲がヘビーローテーションされた結果、いまでも好きな楽曲として心に残っているようです!
ヘビーローテーション・・・毎月FM802が各番組で1度はOAして、オススメしている楽曲のこと

www.youtube.com


次は20位→11位です!

第20位〜第11位

第20位 陽のあたる坂道/Do As Infinity
(ベストアルバム「Do The Best」収録)

当時ドラマの主題歌を担当するなどイケイケだったDo As Infinity12枚目のシングル。
この年にリリースされたベストアルバム「Do The Best」にも収録されている楽曲で、
このアルバムをきっかけにDo As Infinityの楽曲をよく聴くようになりました!
アルバム1曲目の「SUMMER DAYS」もオススメな1曲!

陽のあたる坂道

陽のあたる坂道

  • Do As Infinity
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第19位 リフレイン/CUNE
(アルバム「GREAT SPLASH」収録)

エモーショナルなサウンドと歌詞が売りのロックバンドCUNEメジャーデビューシングル。
実は冒頭から【2002年】はFMラジオとの出会いの年!と書いていましたが、
この曲と出会ったのは、中学からお世話になっていたAMラジオ
たまに聴いてて「いい曲流れてるやん!」と思ったのが、まさにこの曲でした!
なお僕がエモーショナル系の音楽に興味を持ち始めたのは、おそらくこの年からで、
のちにどんどんハマっていくこととなりますw

リフレイン

リフレイン

  • cune
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第18位 二人のアカボシ/キンモクセイ
(アルバム「音楽は素晴らしいものだ」収録)

古き良きポップミュージックを届けてくれた5人組バンドキンモクセイ2枚目のシングル。
僕の弟がこのキンモクセイが好きで、TSUTAYAでレンタルしたのを
「このバンド、いいから!」と言って、聴いたのが最初でした!
なおこの楽曲は、キンモクセイ最大のヒットシングルだったそうで、
当時の紅白歌合戦にも出場し、この「二人のアカボシ」を歌ったんだそうですよ!(←調べてわかったw)

二人のアカボシ

二人のアカボシ

  • キンモクセイ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第17位 赤橙/ACIDMAN
(アルバム「」収録)

大地と自然を愛する3ピースバンドACIDMAN3枚目のシングル。
この楽曲は、高校の音楽好きの友達からアルバム「」を貸してもらって聴いたのが最初なのですが、
激しいロックサウンド壮大な歌詞に衝撃を受けたのを今でも覚えています。

赤橙

赤橙

  • ACIDMAN
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第16位 By the Way/Red Hot Chili Peppers
(アルバム「By the Way」収録)

もはや説明不要のミクスチャーロックのキングRed Hot Chili Peppers8枚目のアルバムから。
この楽曲もやはり聴いたきっかけは、FM802
当時は洋楽にまるで知識がなくて、レッチリもこの楽曲から知ったクチだったのですが、
歌詞も英語もわからなくても、ラジオを聴きながら、思わず口ずさんでしまうほどハマっていました!

By the Way

By the Way

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第15位 ヒカリへ/ザ・ベイビースターズ
(アルバム「ベビスタ」収録)

アニメ「ONE PIECE」の主題歌でおなじみザ・ベイビースターズメジャーデビューシングル。
サビでぐわーーっくる感じが好きで、MDプレイヤーに録音しては何度もリピートして聴いていました!
ちなみにこの「ヒカリへ」が主題歌として流れていたのは、
アラバスタ編の終盤~空島編の序盤あたりだったそうです!

ヒカリへ

ヒカリへ

  • ザ・ベイビースターズ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第14位 楽園ベイベー/RIP SLYME
(アルバム「TOKYO CLASSIC」収録 ※ただしバージョン違い)

当時から大人気だったHIP HOPユニットRIP SLYME5枚目のシングル。
【2001年】で第1位に選んだ「One」以来、新曲が発表されたら必ずといっていいほどチェックしていました!
なお自分で車を運転しながらこの曲を聴いたら、気持ちいいだろうな~と妄想したこともありますが、
免許をとった今でもその妄想は現実になっていませんw(ペーパーでゴールド免許になりました!)

楽園ベイベー

楽園ベイベー

  • RIP SLYME
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第13位 I Want Your Girlfriend To Be My Girlfriend Too/Reel Big Fish
(ベストアルバム「Favorite Noise」収録)

誰でもハッピーな気もちになれるスカコアバンドReel Big Fishベストアルバムから。
第23位のGood Charlotteのときにも書いたとおり、
当時の僕はポップパンクにハマっていて、その中でもスカとパンクが見事にマッチしていてカッコイイなあ~と思っていたのが、Reel Big Fish
まさにこのバンドでした!
このベストアルバム収録の「Take On Me(a~Ha)」のカバーも最高!!!

I Want Your Girlfriend to Be My Girlfriend Too

I Want Your Girlfriend to Be My Girlfriend Too

  • Reel Big Fish
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


第12位 My Friends Over You/New Found Glory
(アルバム「Sticks And Stones」収録)

クールで爽快なパンクサウンドを届けてくれるNew Found Glory3枚目のアルバムから。
メンバーみんなおバカなのに、楽曲のカッコよさは一級品!
ポップパンクを初めて聴きたい人にもオススメな1曲。

My Friends Over You

My Friends Over You

  • ニュー・ファウンド・グローリー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


第11位 Sk8er Boi/Avril Lavigne
(アルバム「Let Go」収録)

当時洋楽女性シンガーでカリスマ的存在だったAvril Lavigneのデビューアルバムから。
わずか17歳という若さでたちまちトップシンガーとなり、当時のテレビやラジオでも大量にOA!
パワフルな歌声に加えて、美人すぎるルックスも話題になりましたー!

Sk8er Boi

Sk8er Boi

  • Avril Lavigne
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

PICK UP!

この中で、ピックアップしたいのは、
第12位に選んだNew Found Glory!

高校生となり、FMラジオを聴くようになってからというもの、洋楽をよく聴くようになったのですが、
その中でも僕が当時ハマったのがこのNew Found Gloryでした!

New Found Gloryの良さはなんといっても、このおバカさ!

このPVを見ても、わかる通り。
言葉がわからずとも伝わる、このバカっぷり!w

それまで自分が聴いていたアーティストで、
こんなおバカなスタイルで歌う人たちは見たことがなかったので、とても衝撃的でした!

やっぱおバカって、最高っ!!!


では、お待たせいたしました!

いよいよ10位→1位の発表です!!!

第10位

第10位 光/宇多田ヒカル
(ベストアルバム「DEEP RIVER」収録)

日本を代表するディーバ宇多田ヒカル10枚目のシングル。
ディズニーキャラクターが登場する大ヒットアクションRPG「キングダムハーツ」の主題歌で、
もちろん当時発売後にすぐ購入し、高校から帰ってから、ひたすらプレイをしていました!
グミシップ作り、ハマったなあ〜。
音楽の思い出というより、ゲームの思い出w

光

  • 宇多田ヒカル
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第9位

第9位 けもの道/スピッツ
(アルバム「三日月ロック」収録)

前回紹介した「遥か」も収録!スピッツ10枚目のアルバム「三日月ロック」から。
スピッツらしい応援ソングで、このアルバムの最後に収録がされています!
なおこのアルバムは、我が家では購入するなり常に車内で流れるほどのヘビーローテーションっぷりで、
しっとりと始まる1曲目の「夜を駆ける」から、この「けもの道」まで、アルバムの曲順を覚えてしまうほど、聞き込んでいました!

けもの道

けもの道

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第8位

第8位 Still Waiting/SUM41
(アルバム「Does This Look Infected?」収録)

Fromカナダ!痛快ポップパンクバンドSUM413枚目のアルバムから。
SUM41は、先ほどPICK UP!でも取り上げたNew Found Gloryと同じく、
当時ハマっていたポップパンクバンドの1つで、中でもこの「Still Waiting」は、
後からぐわあーーーっ↑↑↑とくる感じが特に好きで、MDに録音しては通学中などによく聴いていました!
ちなみにボーカルのDeryckなのですが、のちに第11位で紹介したAvril Lavigneと結婚をしたものの、2009年に離婚...
ロックシンガーを代表するカップルだったのに、残念です...

Still Waiting

Still Waiting

  • SUM 41
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第7位

第7位 Wind/Akeboshi
(ミニアルバム「STONED TOWN」収録)

孤高のシンガーソングライターAkeboshi衝撃のデビューミニアルバムから。
なんといっても【2002年】といえば、
アニメ「NARUTO」が始まった年!...というわけで、
この楽曲を知ったのも、当然このアニメのED曲として使われていたからなのですが、
その独特の世界観とメロディに思わず引き込まれ、インディーズ楽曲にもかかわらず、迷わず音源をゲットして、聴きこんでいました!

第6位

第6位 ダンデライオン/BUMP OF CHICKEN
(アルバム「jupiter」収録)

BUMP OF CHICKENの名を全国に知らしめた3枚目のアルバムから。
ライオンダンデライオン(たんぽぽ)をかけたストーリーとカントリーのメロディーが合わさった、知る人ぞ知る名曲。
他にもこのアルバムには、そんなストーリー調の楽曲が多く詰まっていて、
大ヒットした「天体観測」はもちろん、「ベンチとコーヒー」や「ベル」はまるで短編小説を読んでいるかのように聴いていました!
自分にとって、音楽の歌詞を聴く楽しさを教えてくれたのは、おそらくパンプが初めてだったと思います!

ダンデライオン

ダンデライオン

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第5位

第5位 YUMEGIWA LAST BOY/SUPERCAR
(アルバム「HIGHVISION」収録)

今でも解散がしたのが惜しいと感じているバンドSUPERCARの11枚目シングル。
この楽曲はSUPERCARが昔っから好きだったから聴いていたのはもちろん、
主題歌となった映画「ピンポン」も映画館まで行って見に行くほどのハマりっぷりで、
そのハマりようは、翌年に発売されたDVDを買っては、何度も見返してセリフを覚えてしまうほどでした!
ヒーロー、見参!!!

YUMEGIWA LAST BOY

YUMEGIWA LAST BOY

  • スーパーカー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第4位

第4位 Fantasista/Dragon Ash
(アルバム「Harvest」収録)

ヒップホップから、ミクスチャーロックへ!
ネクストステージへの扉を高らかに開いたDragon Ashの11枚目のシングル。
もしかしたら「あらびき団」の印象が強いかもしれませんが、
この楽曲も第30位の「Mugen」と同様、
FIFAワールドカップ2002のテーマソング!(こちらは日テレ系列)
ワールドカップとともに、この楽曲もおおいに盛り上がりました!!!

Fantasista

Fantasista

  • Dragon Ash
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第3位

第3位 アイボリー/スネオヘアー
(アルバム「スネスタイル」収録)

【2002年】に流星のごとく現れた自称(笑)ロックシンガースネオヘアーのメジャーデビューシングル。
カッコイイというよりどことなく変な感じがクセになってしまう楽曲
その後、発売されたアルバム「スネスタイル」も良曲ばかりで、一家に1枚置いておきたいほどの名盤です!

【当時の思い出】

この「アイボリー」を知ったのは、FMではなく、
中学校からずっと聴いていたAMラジオのミューパラ(ABCミュージックパラダイス)から!
当時は、10時~12時に始まるカウントダウンのコーナーよりも、
深夜あたりに流れるマイナーな楽曲を流すコーナーにハマっていて、
スネオヘアーもそのコーナーで見つけたアーティストの1人でした!
あと深夜にしかやってなかったラジオドラマ「エロえもん」が特に好きで、
ラジオを録音するほど、ハマっていました!笑
剣山ブリーフ~♪♪♪

アイボリー

アイボリー

  • スネオヘアー
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第2位

第2位 平和島/B-DASH
(ベストアルバム「B-DASH BEST」収録)

当時ポップパンクにハマりまくっていた僕の心を鷲掴みにしたB-DASH3枚目のシングル。
軽快なメロディはもちろんのこと、B-DASHには珍しいしっかりとした日本語詞で構成された名曲。
もし人生に迷っても、この楽曲を聞けば、
元気になること、間違いなし!!!

【当時の思い出】

B-DASHといえば、日本語でもない、英語でもない
アドリブめちゃくちゃ語!
しかし、この楽曲に関しては、なぜか(笑)メッセージ性が強い日本語歌詞になっていて、
サビの「マニュアルどおりに生きたって~♪」のところなんかは特にお気に入りでした!
ちょ」「目覚めよ!ニッポン」ともカッコイイけど、こうした楽曲もサラッと書けるB-DASHはズルいwww

平和島

平和島

  • B-DASH
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第1位

第1位 琉球愛歌/MONGOL800
(アルバム「MESSAGE」収録)

堂々の第1位は、MONGOL800!
あなたに」や「小さな恋のうた」など、今でも輝きを放ち続ける名曲が詰まったアルバム「MESSAGE」に収録!
沖縄の人だから歌えるこそ、タイトルどおり後世に伝えたい大切なメッセージがこめられた楽曲です!
今の時代だからこそ、今の子供たちにも是非聴いてほしい!!!



【当時の思い出】

当時、「あなたに」や「小さな恋のうた」のヒットで、高校の友達の中でもモンパチブームが発生。
で、とある友達がアルバム「MESSAGE」を買ったことがきっかけで、そのCDを借りて聴きはじめたのが、この楽曲と出会ったきっかけでした。
この楽曲の他にも、戦争や平和について書かれた歌を多く収録されていて、
このアルバムを聴くたびに衝撃が走ったのを、今でも覚えています。

時代がすすんでも、紛争やテロがなくなることはない今。

こうした平和へのメッセージを僕自身も含めて、
モンパチのように発信し、少しでも争いのない社会というものに近づけていけたらなあ、と願います。


...というわけで、

【2002年】の個人的BEST30はこのようになりました!

第1位 琉球愛歌/MONGOL800

第2位 平和島/B-DASH

第3位 アイボリー/スネオヘアー

第4位 Fantasista/Dragon Ash

第5位 YUMEGIWA LAST BOY/SUPERCAR

第6位 ダンデライオン/BUMP OF CHICKEN

第7位 Wind/Akeboshi

第8位 Still Waiting/SUM41

第9位 けもの道/スピッツ

第10位 光/宇多田ヒカル

第11位 Sk8er Boi/Avril Lavigne

第12位 My Friends Over You/New Found Glory

第13位 I Want Your Girlfriend To Be My Girlfriend Too/Reel Big Fish

第14位 楽園ベイベー/RIP SLYME

第15位 ヒカリへ/ザ・ベイビースターズ

第16位 By the Way/Red Hot Chili Peppers

第17位 赤橙/ACIDMAN

第18位 二人のアカボシ/キンモクセイ

第19位 リフレイン/CUNE

第20位 陽のあたる坂道/Do As Infinity

第21位 Ring My Bell/矢井田瞳

第22位 A Thousand Miles/Vanessa Carlton

第23位 Lifestyles of the Rich & Famous/Good Charlotte

第24位 大切なもの/ロードオブメジャー

第25位 One Night Carnival/氣志團

第26位 キラキラ/小田和正

第27位 くちばしにチェリー/EGO-WRAPPIN'

第28位 アンバランス/KICK THE CAN CREW

第29位 Brand-New Myself 〜僕にできること/CHARCOAL FILTER

第30位 Mugen/ポルノグラフィティ

前回よりも、やはりFMラジオ効果洋楽が増加!
また激しい系(特にポップパンク)の音楽も徐々に中学校のときと比べて、増えてきました!

おそらく、次の【2003年】もこんな感じから
さらにグレードアップしたメンツになっていると思うので、
自分と一緒に振り返ってみたい方は、また次回をお楽しみに~!!!

それでは!

“”

Twitterやってます!フォローしてネ!
たかしーのブログ (@takashino55blog) | Twitter