読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

たまに行くならこんな兵庫 〜キリンビール神戸工場で一番絞りのうまさの秘密を探る〜

旅-たまに行くならこんな○○ グルメ グルメ-ビール

どーも、たかしーのです!

皆さん、ビールはお好きですか!?

僕は、お酒があまり飲めないので、
好きか嫌いかで言われたら、普通な人です。笑

さて、そんなビール普通な男子なのですが、思わず
ぷはー、うんめえええぇぇぇΣ(゚д゚lll)!!!
と、叫んでしまったとある場所へとやってきたので、
今回はこのスポットについてご紹介していきたいと思います!

それが、こちら!

キリンビール神戸工場

キリンといえば、嵐のCMでもおなじみ「キリン一番絞り」。

その「キリン一番絞り」がこの工場でどうやって作られ、出荷されているのかを見ることができる
一番絞り うまさの秘密体験ツアーに参加してきたので、
その様子をたーっぷりとご覧ください!



ビール工場に出発!

キリンビール神戸工場へは、JR三田駅から無料の送迎バスに乗り向かうことができます。

ちなみに、バスの名前は「ラガーバス」というのですが...

その名の通り、
バスがビール缶になっています!!

これは、わかりやすい!
初めて来た人でも、安心ですね!

で、その中なのですが、

このようにバスの中なのに、全国のご当地ビール缶が展示されています!
もうすでに、ガキ使みたくバスに乗った瞬間から工場見学はスタートしているようです!

そんなおしりしばき隊が来るはずもない、バスに乗ること約20分

キリンビール神戸工場に到着!

中で受付を済ませてから、

いよいよ「一番絞り うまさの秘密体験ツアー」に移ります!

これが一番絞りのうまさの秘密だ!

ツアーは「キリン一番絞り」ができるまで。の流れを工場内を歩きまわりながら、フィールドワークのように進行。

なので、ここからは「キリン一番絞り」の製造工程に従いながら、順に書いていくことにします。

素材作り

まずは、たっぷりと水を含ませた麦を発芽させ、ビールの原料となる「麦芽」を作ります。

これが、麦芽
麦から芽が出ているのが、わかると思います。

ちなみにこのツアーでは、この麦芽を食べてみることができるため、
実際に食べてみると、噛んだそばからほんのり甘い味がするため、なんだかビールの苦味を思うと、意外な感じがしました!

糖化

その麦芽を砕いてから、ゆるやかに温度を上げ、「もろみ」という麦のおかゆを作ります。

今回のツアーでは、

この「キリン一番絞り」と同じビールケースのような施設から、この糖化の様子を見ることができます!

ちなみに、中はこーんな感じです。

工場好きにはたまらない光景かもしれませんね!
※ちなみに工場見学当日は、休日でした。しょぼーん(´・ω・`)

麦汁ろ過

さてさて、工程に戻ります。

次は、このもろみをろ過し、麦汁を取り出します。

で、この工程で最初に流れ出る麦汁のことを、
一番絞り麦汁」と呼びます!

なお、一般的なビールの製造工程では、
このあとに流れ出る麦汁「二番絞り麦汁」も取り出し、その後の工程で使用するのですが、
なんと「キリン一番絞り」は、その名の通り、
一番絞り麦汁だけしか使いません!

しかも、この一番絞り麦汁だけを使って作られたビールは、世界中どこを探しても、
キリン一番絞りだけ!←ココ重要。

世界でも飲むことができないビールを、僕たちは普通に飲んでいるわけなんですね!

ちなみに、このツアーでは一番絞り麦汁と二番絞り麦汁を

このように飲み比べすることができ、味の違いを確かめることができます!

実際に飲んでみると、やはり二番絞り麦汁とは比べ物にならないほど、
一番絞り麦汁のほうが麦の甘さが濃く、香りがよかったです!

煮沸

で、そんな甘〜い一番絞り麦汁にビール独特の香りと苦味の元であるホップを入れて、煮沸します。

ちなみに、そのホップというのが、

こちら!
ツアーでは実際に手にとって、ホップの香りを味わうことができるのですが、
とてもビールの原料とは思えないほど、強くてスーッとする香りがしました!

発酵

煮沸が終わると、お次は発酵に移ります。

煮沸された麦汁を十分に冷やし、それに酵母を加えて、発酵タンクで低温発酵させます。

この酵母こそが、ビールにとって重要な役割を果たす存在で、
麦汁の糖分をアルコールと炭酸ガスに変えてくれるのです。

あのシュワシュワーとした爽快感は、酵母のおかげだったんですねー!

貯蔵・ろ過

発酵が終わると、ビールはすぐ出荷されるわけではなく、1〜2ヶ月ほどタンクで低温貯蔵して、熟成されます。

この手間があるからこそ、ビールがますますビールが美味しくなるんだそうです。

パッケージング

そして、これまでの工程を経て、

このような厳しい検査に合格したビールだけが、

「キリン一番絞り」として、ケースに詰められ出荷されます。

なお、キリンはこのパッケージラインの技術が非常に進んでいるため、出荷されるビールの缶数は1分間になんと、

2000缶!!
国内のビールメーカーでは最速のスピードで、パッケージングがされるんだそうです。

ちなみに、先ほど写真で登場したビールを検査する担当者に関してなんですが、
実際にはビールを飲んで検査しているのではなく、口の中に含むだけのようで、ビールが好きな人にとってはかなり辛いお仕事なんだそうですよ!笑

実際に一番絞りを飲んでみよう!

さて、こんな感じで一番絞りができるまでを学んだところで、いよいよお待ちかねの
試飲タイムに入ります!

この中から、おひとりさま3杯まで無料で飲みことができます!
ちなみに書いてませんでしたが、このツアー自体も無料です!

で、僕がこの中から選んだのは、当然

キリン一番絞り!
なおオーダーすると、缶からではなく、ビールサーバーからグラスに注いでくれるので、
缶ビールよりも鮮度がよく、より美味しい「キリン一番絞り」を楽しめるんだそう!
まるで、牧場で生絞り牛乳を飲むかのようです!


それでは、早速...


ゴク、ゴク、ゴク。


ぷはー、うんめえええぇぇぇΣ(゚д゚lll)!!!

思わず、冒頭のセリフが出てしまいました。笑

ですが、ほんと大げさに言ってるわけではなく、
ビールをあまり普段飲まない僕が本気でこう思ってしまうほど、ウマかったです!

ビールを見る目がなんだか変わったような気がします!

キリン 一番搾り 350ml×24本

キリン 一番搾り 350ml×24本


で、そんな「キリン一番絞り」に対する感動を味わいながら、ぐびぐび飲んでいたわけなんですが、
そこにツアーのお姉さんがやってきて、こんな話が...

「こちら期間限定で、一番絞りプレミアムも提供してございます。どうぞ試飲なさってみてください(*´∀`*)/」

なっ、プレミアムだと(꒪⌓꒪)!

と、いうわけで、お姉さんに言われるがまま、

この「一番搾りプレミアム」を実際に飲んでみることに!
※ちなみに左の柿の種は、ビール工場限定のビール酵母入りチーズ味


いざ...


ゴク、ゴク、ゴク。


な、なんじゃこりゃー!!!
リンゴジュースじゃねぇかああああΣ(゚д゚lll)!!!

最初に飲んだ「キリン一番絞り」と比べると、甘さが強く
まるで炭酸の入ったリンゴジュースのようです!!!

これは、ウマイ!!!

お中元とかギフトで贈ると喜ばれること、間違いない一品だと思います!

で、他には、

キリンといえば、忘れちゃいけない「キリンラガービール」もオーダー。
一番絞りと飲み比べてみましたが、ラガーのほうが苦味が強いため、
ビールがあまり得意ではない僕にとっては、「やっぱり一番絞りのほうが好きだなー」と思ってしまいました。

キリン ラガービール 350ml×24本

キリン ラガービール 350ml×24本


さて、ざーっと工場見学のときの模様を書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

ビール普通な僕でも、すごく楽しめて、ビールが美味しい!と感じることができたので、
ビールが苦手な人でも是非行ってみて体験してもらえたらなーと思います!

www.kirin.co.jp
↑こちらから、ツアーの予約ができますよ!

おわり。

“”