読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

【愛媛出張SP】たまに行くならこんな愛媛 〜伯方島で伯方の塩ラーメンを食す〜

旅-たまに行くならこんな○○ 旅-四国【徳島・香川・愛媛・高知】 グルメ グルメ-ラーメン・つけ麺・まぜそば

どーも、波乗りたかしーのです。

前回まで【愛媛出張SP】と題して、愛媛で味わったグルメを「食べてきた」シリーズでお届けしてきたのですが、

今回は志向を変えて、「たまに行くなら」シリーズで、愛媛のグルメをお届けしたいと思います!

というのも、訪れた場所が...


瀬戸内海の中部に浮かぶ島 伯方島

実は、次の仕事場が因島だったということもあって、出張がてら、運よく立ち寄ることができました!

そんな伯方島でいただく今回のグルメは、
ご存知、伯方の塩を使った、伯方の塩ラーメン

それでは、その模様をどうぞ〜!



いざ、伯方島へ!

さて、この日の朝まで、今治のホテルに滞在していたワタクシ。

ここから、伯方島へ行くには車はもちろんのこと、高速バスでも行くことはできるのですが、
今回、選んだ交通手段は...

フェリー!

今治港から木浦港までの定期船に乗れば、伯方島にたどり着けるとのことだったので、今回はこの海ルートから行くことに決定をいたしました!

↓今回使ったフェリーはこちら
芸予汽船・大三島ブルーラインのご案内

というわけで、

いいお天気の中、

フェリーに乗って、

今治港を出発!

窓際のシートに座って、マリンブルーの海を眺めながら、木浦港を目指します!

ちなみに、フェリーの中というと、クーラーがしっかりと効いていたので、とても快適
しかも、あまり揺れることもなかったので、気持ちよく船旅を楽しむことができました!

で、そんなフェリーに乗ること、約30分

伯方造船の造船所を横目に、
木浦港に到着!

伯方島に上陸することができました〜!!!

伯方の塩 誕生エピソード

さて。

早速、お目あての伯方の塩ラーメンを...といきたいところですが、
ここで「伯方の塩」の誕生エピソードをご紹介しておきましょう!

そもそも「伯方の塩」とは...

1973年に愛媛県松山市にある伯方塩業株式会社が製造・販売を開始したのこと。

テレビやラジオのCMで流れる「は!か!た!の塩!」というフレーズでも、もうおなじみですよね!

www.youtube.com

そんな「伯方の塩」には、誕生するまでに、あるドラマがありました。

それは、「伯方の塩」が誕生する2年前の1971年

当時、成立した塩業近代化臨時措置法(塩専売法)により、塩田製法が全廃
およそ170年も続いていた伯方島の塩田も、この法律により廃止となってしまいました。

そんな中、この法律に疑問を持った自然塩存続運動のメンバが、塩田製塩の存続を訴え、5万人の署名を集めることに成功。

その結果、一定の条件下で塩田製法を用いた塩の販売が認可され、1973年にめでたく「伯方の塩」が誕生した、ということがあったそうです!

伯方の塩ラーメンを食べてみよう

というわけで、そんな歴史ある「伯方の塩」を使った伯方の塩ラーメン

いよいよ、食べにいきたいと思います!

いかにも、島という感じの路地を歩いて、たどり着いたのが...

今回のグルメスポット
伯方の塩ラーメン 三和

こちらが、伯方島で伯方の塩ラーメンが食べられる唯一のお店なのです!

で、中に入って、メニューを確認。

もちろん、頼むのは伯方の塩ラーメンなのですが、
今回はこのラーメンに伊予の貝めしがついた貝めしセットをオーダーしてみることにしました!

で、その貝めしセットというのが、こちら!

うおおお、これは(*´∀`*)!!!

湯気から感じる、磯の香り
透明感のある、黄金色のスープ

これは、美味しいに違いありませんっ!!!


というわけで、まずは...

いつものようにスープから、いただいてみると...


...


はぁ〜ん、ウマ〜い(o´ω`o)

しょっぱさよりも、塩の旨味ドンッと来る感じ!

昔、このラーメンを食べた有名人が「海の味がする」と言ったそうなんですが、まさしくそんな味がしたように思えました!


続いて、

麺は、細ストレート麺

つるっとした食感に加えて、スープともよーくからんでいました!


ラストは、トッピング

トッピングはネギメンマチャーシューといった定番モノから、

韓国のりかまぼこうずらの卵といった、オリジナルのモノまで、豊富な種類ありましたが、
中でも、僕が特に気に入ったのは...

茎ワカメ!

磯の香り漂うスープとの、相性バツグン!
コリコリとした歯ごたえのある食感もGOODだったので、非常に美味しかったです!

伊予の貝めしも食べてみよう

さて、ここまで伯方の塩ラーメンについて、レポートしてきたわけなんですが、
せっかく頼んだので、セットで頼んだ伊予の貝めしについても、レポートしていきたいと思います!

なんといっても、注目は

貝茶漬けと呼んだほうがいいような、この見た目。

きっと、こちらも塩の旨味がたっぷりと味わえることでしょう!

それでは、レンゲを使って、一気にごはんと貝を汁ごとすくっていただいてみると...


...


ぷはーっ、うめえええ(゚д゚)!!!

僕の中で、以前佐世保でいただいた貝白湯ラーメンと同等の衝撃が口の中を走りました!

www.takashinoblog.com

使用している3種類の貝(イタヤ貝・ヒオウギ貝・アサリ)本来のまろやかな味を、予想どおり伯方の塩で作った旨味たっぷりのだしがやさしく包みこみ、
見事な味わいを演出!

何杯でも食べたくなるような、そんな美味しさでした!

まとめ

いやー、伯方の塩ラーメンを求めてやってきたはずなのに、
まさかこんな絶品貝めしにも出会えるとは(o´ω`o)

なので、この店にお越しの際は、伯方の塩ラーメンとこの伊予の貝めしが入った貝めしセットを頼むことを強くオススメしたいと思います!

ちなみに、今回、あまりに美味しかったので、

お土産に「伯方の塩ラーメン 三和」特製の万能調味料伯方の塩だれを購入してきました!

卵かけ御飯にかけて食べると最高にウマかったですよ〜!!!

おまけ

この伯方の塩ラーメンをいただいた2時間後

すぐさま仕事場である因島へと向かわないといけなかったので、再び乗船。


橋の下をくぐったり、

造船をしている風景を眺めたりと、観光しながら、木浦港から40分の船旅で、

土生港に到着!

因島へとたどり着くことができました〜!

なお、因島は、

ご存知、ポルノグラフィティの生まれ故郷!!!

なので、お土産屋さんには必ずといっていいほど、ポスターが貼られていましたよ〜!!!

“”