たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

犯人が有名すぎる推理ADV「ポートピア連続殺人事件」を攻略 ④

前回はこちら

殺された耕造の屋敷で、数々の証拠品を発見したたかしーの刑事とヤス。

地下迷宮からなんとか抜け出し、今回も捜査を続けますー。

ラストには、衝撃の光景が!

それでは、どうぞ!



捜査本部③

とりあえず、前回集めた証拠品について、事件関係者から新たな情報が収集できないか、3度目の事情聴取をすることに。

すると、耕造の屋敷の玄関で見つけた指輪を見た俊之が、

と、供述。

で、この指輪を当の由貴子にも見せてみたのですが...

と、話す由貴子。

なので、先ほどの俊之の供述を伝えてみると...

と、話す由貴子。

これは、どちらがホントのことを言っているのでしょうか...。

俊之の部屋

その後、証拠品からは事情聴取で何も情報は得られなかったので、前回から何かを隠していそうな怪しい俊之の部屋へと、再び潜入。

すると、この部屋の電話機を見て、ひらめいたので、「でんわ かけろ」コマンドで、

*15」とダイヤル!

「*15」、つまりはメモに書かれていた「こめいちご」とはこのことではないか、とこの番号に電話をかけてみます!

すると、電話がつながり...

例のモノを渡す」と話す男の声が聞こえてきました!

それを聞いたヤス。とっさに...

と、返すと、

と、言って、電話を切られてしまいました。

一体、例のモノとは...?

というわけで、男のいうとおり、神戸港へ向かってみると...

おそらく、電話の相手であろう男カバンを持って、立っているのを発見!

で、その男に話しかけてみると...

と、言い残し...

どこかへ去ってしまいました。

そんなこんなで、俊之の代わりに例のモノを受け取ってしまったたかしーの刑事とヤス。

これは、俊之も含めて、確認をする必要がありそうですね!

捜査本部④

というわけで、俊之を呼び出し、例のモノを見せてみると...

と、黙りこむ俊之。

なので、カバンの中を確認してみると...

な、麻薬だと(゚д゚)!!!

なので、あの「こめいちご」が、麻薬の取引をするための暗号だということがわかり、そのことを俊之に問いただすと...


耕造が殺された時間帯にも、麻薬の取引を行なっていたことを白状。

なるほど。
だから、アリバイを偽って、証言していたのですね。

しかし、殺人はしていないにしろ、これは麻薬取締法違反の容疑なので、

俊之、逮捕!

まさか、別の事件を解決することになるとは、思ってもみませんでしたね。笑

しかし、これで1番怪しい人物であった俊之が、この殺人事件ではシロであることが確定。

とすれば、前回発見した借用書に書かれていた川村という人物が、この事件に深く関係しているのでしょうか。

または、耕造に300万を借り、現在失踪中の平田が今回の殺人に関係しているのか。

なので、今後の捜査は川村・平田ラインで進めることとなりました。

スナックぱる

新たな情報を求め、次は新開地へ。

スナックぱるのマスターに、証拠品を見せ、何か知らないか、聞いてみると...

なんと、耕造の書斎に落ちていたライター川村のモノであることが発覚!

そして、川村は遊び人として有名だったと語るマスター。
これは、ますます怪しいですね!

なので、この新開地に川村はいないか、ヤスに捜索を依頼...してみたのですが、

おいおい、点呼してどうすんだよΣ(゚д゚lll)!!

もちろん、川村を見つけることはできませんでした。笑

捜査本部④

もう、こうなったらっ!!

と、再び、捜査本部へ。

で、何をやるかというと...

たたけ」コマンドを使って、事件関係者から無理やり情報を吐き出すよう、実力行使にうってでます!

果たして、これが通用するのか。

とりあえずは、俊之と同じく、何か隠していそうな由貴子の頭を叩いてみると...


あ、帰っちゃった(´;ω;`)。

やはり、この方法ではダメなのか...。

しかし、なんだか新しいアクションへと繋がったので、

念のため、小宮にもこの「たたけ」コマンドで、無理やり吐かせるようにしてみることに。

すると...


と、それまで答えてくれなかった小宮が、アリバイを供述したではありませんか!!

いやー、叩いてみるもんですね!笑

しかも、門番であるはずなのに、事件当日に玄関のカギをかけ忘れる始末。

これで、事件当日に玄関から屋敷に侵入して、耕造を殺害できる可能性が出てきましたね!

そんな捜査が少し進んだタイミングで、先ほど叩いて追い返してしまった由貴子からヤスに電話が!


おそらく、この数字の並びは、電話番号

というわけで、早速この「177-2493」へ電話をしてみることに。

が、しかし!

なにっ、使われていないだとΣ(゚д゚lll)!!!

と、なると、この並びは郵便番号なのか。

しかし、郵便番号が7桁になったのは、平成10年(1998年)からなので、やはり電話番号のはず...。

うーん...。


...


あ、わかった(・∀・)!

と、答えがひらめいたので、場所を変え、京都へ移動。

そして、同じ電話番号で京都から電話をかけてみると...

やっぱり、つながった\(^o^)/

つまりは、京都の市外局番が省略された電話番号だった、というワケ。
これは、スッキリしましたね!

そんな番号から繋がった先は、京都にある寺田屋旅館

で、平田のことを聞いてみると、この旅館に泊まっていたのですが、

阿弥陀ヶ峰に行ったきりで、帰ってこない、とのこと!

というわけで、

そんな平田が向かった阿弥陀ヶ峰へ向かってみると、そこで2人が目にしたのは...

いやあああああ!!
首つってるうううう。°(°`ω´ °)°。!!

なんと、平田が首つりした状態で死んでいるではありませんか!!?


いったい、この事件。
どうなってしまうのか!!!

次回の捜査へと続きます!
www.takashinoblog.com

おまけ

今回の捜査で登場した寺田屋旅館阿弥陀ヶ峰ですが、
架空の施設や地名ではなく、なんと実在しているんです!

寺田屋旅館は、あの坂本龍馬が暗殺されそうになったあの寺田屋のことで、今でも泊まることができるんだそうです。

mayutan-karu.hatenablog.com

阿弥陀ヶ峰は、京都市東山区にある標高196mの山のことで、豊臣秀吉が埋葬されたことで有名な観光スポットなんだそうです。

guchini.exblog.jp

今度、「ポートピア連続殺人事件」のロケ地巡りで京都を旅してみたいですね。

“"