たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

裏ワザもあるよ!コスパ最強レストラン「サイゼリヤ」でサイゼ飲み【ひとり飲みある記 第3回】

第2回はこちら

たかしーのがいろんなひとり飲みスポットを飲み歩くひとり飲みある記

今回は、みんながよく知るファミレスにやってきました!

イタリアンワイン&カフェレストラン
サイゼリヤ

ご存知!非常に高いコストパフォーマンスを誇る、イタリア料理のファミリーレストランでございます!

そんな「サイゼリヤ」で、今回は一時期ブームとなっていたサイゼ飲みをしてきたので、その模様をレポートいたします!

それでは、どうぞ\(^o^)/



本日のお酒①

さて、そんな「サイゼリヤ」でいただく本日のお酒ですが、まず選んだのはこちら!

グラスワイン(白)

ちなみに、このワイン。
グラス1杯で、おいくらだと思いますか??


なんと、100円(税込)なんです!

これは、もう 衝 撃 価 格 ですよね!

しかも、こんなに安いのに「サイゼリヤ」のワインは、イタリア中部モリーゼ州の契約ワイナリーで作られ、専用タンクで発酵・熟成させたこだわりワインで、白ワインには、イタリアでデイリーワインとして親しまれているブドウ品種トレッビアーノ種が使われているんだとか。

なので、ひとくち飲んでみると、レモンのような柑橘系の酸味ワイン特有の苦味は感じたものの、全体的に飲みやすく、軽い感じでいただくことができました!

これは、このあとのお料理とのマリアージュ(※)が、非常に楽しみです!

本日のおつまみ①

さて、そんな白ワインと合わせるべく、「サイゼリヤ」の豊富なメニューの中から、最初に選んだのは...

フレッシュチーズとトマトのサラダ (299円)

水牛のミルクを100%使用したモッツァレラチーズ新鮮なトマトをあわせた、前菜にはもってこいの1品。

これをチーズとトマトが一緒になるよう、フォークで刺して、いただいてみると...


...


ふむ、うまい(๑´ڡ`๑)。

濃厚で口の中でトロける味わいのチーズに、フレッシュで甘いトマトが合わさり、いとウマウマ。
また、白ワインとも、相性もバッチグーでした!


続いて、選んだのは...

真イカのパプリカソース (199円)

イカ釣り漁船で急速冷凍された新鮮なスルメイカ船凍イカを使用した1品。

さて、白ワインとのマリアージュは...


...


うん、合う合う(^o^)!

食感豊かで、噛めば噛むほど味の出るイカに、パプリカ風味のドレッシングソースがクセになる味わい
このソースの酸っぱさが、白ワインとよく合うんですよね~。


まだまだ、行きますよ!

続いて、選んだのは...

エスカルゴのオーブン焼き (399円)

欧州産エスカルゴガーリックバターで焼き上げた、アツアツの1品。

ちなみに、エスカルゴを食べるのは、これが人生初!

それまで、「エスカルゴ=カタツムリ」のイメージが強すぎて、なかなか食べる勇気がでず、敬遠しておりました。笑

なので、味の想像はつきませんが、いざいただいてみると...


...


おっ、貝みたいでおいしーい(*^p^*)!

肉厚な食感のエスカルゴに、アツアツのガーリックバターがベストマッチ!

特に、ガーリックバターに関しては、パンにたっぷりとつけてから、ムシャムシャといきたくなる味わいでした!

というわけで、このエスカルゴを頼んだあとに...

少し小さめのフォッカチオ(イタリアのパン)
プチフォッカ (139円) をすかさず、追加オーダー。

これをちぎってから、先ほどガーリックバターにつけていただいてみると...


...


うん、こりゃウマイ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )!

例えるなら、贅沢なガーリックトーストをいただいているような、そんな美味しさ。
でもって、白ワインとよく合いますね。追加でたのんで正解でした!


続いて、頼んだのは...

ムール貝のガーリック焼き (399円)

これは、もう白ワインとのマリアージュ狙いですね。

というわけで、専用のガルムソース(イタリアの魚醤ソース)をかけてから、いただいてみると...


...


あー、断然白ワインだわ( ゚Д゚)!

ガルムソースのコクと、ムール貝の濃厚な味わいが口いっぱいに広がり、それを追いかけるようにして、白ワインをいただくと、魚醤特有のしつこさを感じることなく、あと味がさっぱりとして、ペロッといただくことができました!

このメニューを頼むときは、白ワインは必須ですね!

本日のお酒②

さて、そんな感じで、白ワインを飲み進めていった結果、残りわずかとなってきたので、ここでファミレス飲みならではの裏ワザを発動!

その裏ワザとは...

まず、ドリンクバー(単品:280円)を注文!

そして、ドリンクバーコーナーからグラスを手に取り、を入れてから、自分のテーブルに戻り、残りの白ワインを投入。

でもって、再びドリンクバーコーナーへと向かい、そのグラスに炭酸水を注ぎこみ、最後にレモンティーに使うレモンポーションを2,3個入れて、混ぜれば...

白ワインを使った簡単カクテル
即席スプリッツァーの完成!

こういうドリンクバーを使って、自作カクテルが作れちゃうのも、ファミレス飲みの楽しいトコロですよね!

しかしながら、白ワインだけでは物足りなくもなったので、

グラスワイン(赤) も頼んでみました!

結局、ワイン頼むんかいって感じですが(笑)、
赤ワインもグラス1杯100円なので、気兼ねなく、飲むことができますよね。

ちなみに、この赤ワインもイタリア中部〜南部で生産されているブドウ品種モンテプルチャーノ種を使ったこだわりの赤ワインで、ひとたび飲むと、ラズベリーのような果実味と、白ワインと同じくワイン特有の酸味を感じるものの、全体的にさっぱりとした味わいで、赤ワイン初心者にはオススメなワインなのかな、と思いました!

本日のおつまみ②

カクテルとワインが補充されたところで、おつまみタイムを再開!

次に選んだのは...

柔らか青豆の温サラダ (199円)

小粒のグリンピースベビーピーをスープで柔らかく煮てから、温泉卵パンチェッタをトッピングした、このメニュー。

半熟卵とまぜまぜしてからいただくのがオススメとのことなので、全体的に卵が絡むよう混ぜてから、いただいてみると...


...


おお、これもウマイぞ(゚д゚)!

グリンピースのいやらしい青臭さが一切なく豆本来の甘さパンチェッタの塩気を半熟卵がうまくまとめて、やみつきな美味しさを生み出していました!

そして、ワインとのマリアージュも最高!
個人的には、白ワインのほうがあっているように思いました!
といっても、スプリッツァーになっちゃいましたが。笑


続いては、こちらをチョイス!

辛味チキン (299円)

「サイゼリヤ」で人気No.1という、このメニュー。

こちらも、赤ワインとのマリアージュ狙いで、選んでみたのですが、そのお味は...


...


んおー、ウメェ〜(o゚Д゚o)!!

旨辛に味付けられた衣に、ジューシーなチキン。
人気No.1なのがうなずける逸品ですね。

でもって、赤ワインとのマリアージュも、バッチグー!
ついついもう1個と食べたくなる味わいでした!


さて、たくさん食べて飲んできたので、ここでようやくへ。

今回、で選んだのは...

プリンとセミフレッドの盛合せ (399円)

セミフレッドとは、アイスクリームのような冷たさとケーキのような食感を合わせもった半解凍状態のデザートのことで、イタリアンでは定番のデザートなんだとか。

そんなセミフレッドとプリンがセットになったデザートメニューなのですが、セミフレッドは、ティラミスアマレーナ(ダークチェリー味)ノッチョーラ(ヘーゼルナッツ味)の3種から選択が可能だったので、今回は大好きなティラミスをチョイスしてみました!

で、ひとくち食べると、ほんとにアイスとティラミスのいいとこ取りといったような、そんな味わいでした!

また、これを食べながら、赤ワインを流し込むと、酸味がまろやかになって、ワインを一層美味しくいただくことができました!



というわけで、ひじょーに長い記事になりましたが、「サイゼリヤ」でサイゼ飲みをしてきた模様をお届けしました!

ちなみに、これだけ食べて飲んでも、
なんと、3,000円以内 (合計:2812円)でおさまりました!

これは、ほんと企業努力の賜物ですね。

ただし、ひとり飲みをするにはファミリーもいたりと少しアウェーな感じもしましたが、
酔ってしまえば、こっちのもの!

「サイゼリヤ」の素晴らしさを実感することのできた、そんなひとり飲みとなりました!

安くて、たくさん飲めて、しかも美味しい!

皆さまも、お近くの「サイゼリヤ」で、ぜひ自分だけのおつまみフルコースワインを味わってみてはいかがでしょうか。

第4回はこちら
www.takashinoblog.com

公式ホームページ

www.saizeriya.co.jp

おまけ

記事の中盤に、白ワインとドリンクバーを使って、即席スプリッツァーを作る裏ワザを公開しましたが、赤ワインとドリンクバーを使った裏ワザも、このおまけコーナーでご紹介したいと思います。

まず、残った赤ワインを用意します。

次に、ドリンクバーで氷の入ったグラスを用意し、そこにオレンジジュースをグラスの8割分ぐらいまで注ぎます。

最後に、テーブルへと戻り、先ほどのグラスに赤ワインを入れ、ストローなどで混ぜれば...

即席サングリアの完成!

赤ワインがより飲みやすくなるので、ワイン初心者にオススメなカクテルですよ〜。

“"