たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

【鳥取出張SP】たまに行くならこんな鳥取 〜世界で唯一砂を使った巨大彫刻が見られる美術館!砂の美術館〜

どーも、たかしーのです。

今回も、鳥取から「たまに行くならこんな⚪︎⚪︎」なスポットをご紹介していきます!

前回、鳥取といえばな観光スポット鳥取砂丘に潜入をしてきましたが...

そのすぐそばに、こんな砂にまつわるスポットがあるのをご存知でしょうか。

砂の美術館

なんと、世界で唯一「砂」を使って制作された彫刻作品を展示している美術館なんです!

なので、もうお気づきかと思いますが、先ほどの写真に写っていた...

この彫刻。なんと、砂と水だけでできているんです!スゴイですよね〜。

というわけで、
今回は、そんな砂の彫刻作品がたくさん見られる砂の美術館に潜入をしてきたので、その模様をお届けいたします!

それでは、どうぞo< ´・ω・` >o




さて、そんな砂の美術館ですが、年ごとに作品のテーマがあり、今回訪れた2017年10月時点では...

砂で世界旅行・アメリカ編
〜世界に誇る大自然と自由の国を訪ねて〜

といったテーマで、展示がされていました!

テーマの写真をみると、砂で作られたようなラシュモア山が!

これは、楽しみですね〜。

いざ、砂の美術館に潜入!

さて、砂の美術館の入館料ですが、大人は600円、高校生以下は300円といった料金設定となっていました。

また、砂の美術館の会館時間は、9時〜18時(※)。最終入場は17時30分まで。なので、鳥取砂丘で遊びすぎると、気づいたら入れないこともあるので、砂丘よりも先に行っておいたほうがよいスポットかもしれませんね。
※土曜日のみ、9時~20時までオープン。最終入場は19時30分まで。


それでは、潜入〜。

まず、気になったのは...

どデカイ大型砂像の作り方

要は、バケツや型を使って、子供が砂場で作るカッチカチの砂山をプロの彫刻家がマジで作るとああなるよ、ということが書かれていました!

シンプルですが、砂と水と作り方にこだわるだけで、あんな作品が出来上がってしまうんですね。

展示室に潜入!そこで待っていたのは...

さて、砂像の作り方を把握したところで、いよいよ今回のテーマの展示がされている展示室に向かいます!

なお、展示室の作品ですが、写真の撮影はオールOK!
なので、気兼ねなく、作品を写真におさめることができますね!

それでは、ご覧いただけましょう!

砂の美術館のテーマ展示「アメリカ編」の作品がこちらです!

えっ(゚д゚)

えっ(゚д゚lll)!

えええええΣ(゚д゚lll)!!!

なんという、クオリティの高さ。

ビックリしすぎて、思わず腰が抜けそうになりました。笑

しかも、これらの彫刻作品はアメリカの歴史や文化と深く結びついていて、

例えば、こちらの彫刻は、

アメリカの音楽を表現した作品となっていて、特に20世紀初頭に誕生したジャズを中心に制作がされていました!

ルイ・アームストロングに、レイ・チャールズ。数々のジャズの名曲を世に残したレジェンドたちが砂の彫刻で見事に表現されていますね!

こちらは、アメリカの文学を表現した彫刻作品。砂を使って、紙を表現するなど、異次元の彫刻となっていました!
この彫刻に関しては、もはやスゴすぎて、言葉を失いました。笑

その他の作品も、ハイクオリティなモノばかり

たくさん写真を撮ってきたので、ここからはスライドショーでどうぞ!

f:id:calimero0655:20171109110004j:plain
南北戦争とリンカーン


f:id:calimero0655:20171109110036j:plain
アメリカ独立宣言


f:id:calimero0655:20171109110254j:plain
デラウェア川を渡るワシントン


f:id:calimero0655:20171109110342j:plain
ネイティブアメリカン


f:id:calimero0655:20171109110523j:plain
アメリカの動物たち


f:id:calimero0655:20171109110601j:plain
西部開拓時代


f:id:calimero0655:20171109110716j:plain
ニューヨークの摩天楼


f:id:calimero0655:20171109110850j:plain
発明と工業の発展


f:id:calimero0655:20171109111101j:plain
繁栄と世界進出


f:id:calimero0655:20171109111137j:plain
宇宙開発


f:id:calimero0655:20171109111221j:plain
アメリカの美術


どの彫刻も、良さしかないモノばかりでしたね。

そして、極めつけは、こちら!

おおお、ラシュモア山だ(´▽`*)!

どーですかっ、この迫力!
正確にはラシュモア砂山なんでしょうが。笑

ハリウッドだとこうは見れないですよね。笑

屋外展示には、あの大統領が...!

さて、そんなハイクオリティな砂像ですが、展示はこの展示室だけにとどまらず、屋外にもあるとのことなので、

砂の美術館の屋上にある砂丘展望公園へと行ってみると、そこで待っていたのは...

はっ、あれは(゚д゚lll)!

トランプ大統領だああああΣ(゚д゚lll)!!!

作品のタイトルは、
全ては歴史の一頁(ページ)
ー独立宣言から241年(7月4日)ー

演説するトランプ大統領を中心に、まさに新たな歴史がつくられようとしている現在のアメリカを表現しているんだとか!

しかも、この彫刻の制作者は、なんとアメリカ人ではなく、日本人の茶圓勝彦氏。

この個性的な指の曲げ方といい、インパクトのある表情といい、トランプ大統領の細かい部分まで見事に表現されているのが、素晴らしいですね。

まるで、トランプ大統領が砂を被って立っているかのようでした。笑

砂丘展望公園では、こんなモノも見れるんです!

そんな砂丘展望公園ですが、砂の彫刻以外にも...

なんと、鳥取砂丘を一望できるスペースまであるんです!

砂の彫刻もいいですが、自然がおりなす広大な砂の景色を眺めるも、これまた格別ですね。



というわけで、
今回は鳥取でしか見れない砂の彫刻がたくさん見られる砂の美術館をご紹介しました!

その迫力クオリティの高さに、
ビックリすること、間違いナシ!

皆さんも是非、鳥取砂丘にお立ち寄りの際は、行ってみてはいかがでしょうか。

それでは!

施設情報

www.sand-museum.jp

“"