たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

【愛知出張SP】芳醇な香りと上品な味わいに酔いしれる!愛知・名古屋駅「Bonobo」でトリュフたこ焼きを食べてきた

どーも、たかしーのです。

今回は、名古屋一風変わったたこ焼きがいただけるお店に行ってきました!

Bonobo

名古屋駅から東へ徒歩6分のところにあるたこ焼き店

一見、普通のたこ焼き店のようにも見えますが、この店でいただけるたこ焼きがソースではなく、世界三大珍味とされているトリュフを使った
トリュフたこ焼きなんです!

果たして、そのトリュフたこ焼きとは!?

早速、レポートをしてきたので、
その模様をどうぞ・*・:≡( ε:)




さて、お店に入るなり、メニューをチェック!

やはりたこ焼きはトリュフたこ焼きしかなく、個数が6個、8個、10個の3種類から選べるようになっていました。

なので、今回はその中から6個入りでオーダー。

すると、少々時間がかかるとのことだったので...

その間は一番搾りを頼んで、待つことに。
いやー、出張の移動により疲れた状態でいただくビールは、また格別ですね〜!

たこ焼きが来る前に「ぷはぁーっ(*´∀`)」とリラックスした気持ちになれました。

そんな疲れをビールで癒しながら、しばし待っていると、ついにトリュフたこ焼きの正体が明らかとなりました!



こちらです!



わぁ〜、これかぁ〜(´▽`*)

これが、トリュフたこ焼き(6個入り)

キレイに焼き上げられたたこ焼きに、くし切りされたかぼすがふりかけられています。

で、お皿の端にはお好みソースではなく、タルタルソースがのせられていたため、塩以外にもタルタルをつけ食べるのが、このたこ焼きの食べ方のようです!

また、目の前に来るなり、芳醇なトリュフの香りが!

その秘密を食べる前から、店員さんに聞いてみると、たこ焼きを焼くときの油ではなく、生地の中にトリュフオイルを使っているからなんだとか。

なお、焼くときの油にトリュフオイルを使ってないのは、熱を加えるとトリュフの香りが損なわれるからなんだそうですよ!

感想

それでは、実食!

まずは何もつけずに、塩だけのまま、いただいてみます!

いざ...


う...


ウマーい(゚д゚)!!

ホントにこれがたこ焼きかよ!」と思うぐらい、フランス料理と間違えるほどの上品な味わい。食べるたびにトリュフの風味がバンバン鼻を抜けていくので、1個しか食べていないのに、幸せな気分になることができました!

また、このたこ焼きですが、関西のたこ焼きとは違って、生地にジャガイモが使っていることから、お好み焼きのようなしっかりとした生地となっていて、味付けの塩ともよく合っていました!

ちなみに、グルメな人ならもうおわかりかと思いますが、この塩もトリュフを使ったトリュフ塩になっていて、トリュフを使った料理をトリュフで味付けしていただくといった、なんとも贅沢な体験ができました!


続いて、タルタルソースにつけていただいてみます!


あー、なるほど!
これもウマいなぁ〜(っ`∀´*)!!

タルタルソースによって、フランス料理から少し庶民の料理に近づいてきた感じ
しかし、たこ焼きの味付けで塩マヨというのがありますが、これはまさにその塩マヨの上位互換ですね〜。

ただやっぱり、トリュフの風味を楽しむんだったら、ソースにはつけず、トリュフ塩オンリーでいただくほうが、個人的にはよかったかな、と思いました!

その後も、ビールを片手に、このトリュフたこ焼きをパクパク。

店員さんも気さくな方だったので、まるでバーで飲んでいる感じで、楽しくたこ焼きをいただくことができました!



というわけで、
今回は「Bonobo」のトリュフたこ焼きをご紹介しました!

ちなみに、この「Bonobo」の隣りに店を構えるクラフトビール専門店「7Days brew」でも、このトリュフたこ焼きがいただけるそうなので、名古屋へ出張の際に是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか??

それでは!

その他の食べてきた記事【愛知編】はこちら
www.takashinoblog.com

店舗情報

“"