たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

店長さんのサービス精神に惚れたモチモチうどん&パンのお店!大阪・堺筋本町「コナ ミズ シオ」で白湯オイスターとうパンを食べてきた

どーも、たかしーのです。

今回は、私が勤める会社近くで、皆さんにオススメしたいうどん屋さんを発見したので、ご紹介したいと思います!

そのお店がこちら!

うどん DINNING
KONA × MIZU × SHIO

地下鉄堺筋本町駅から東へ徒歩4分。ちょうど阪神高速の東船場ジャンクションの真下あたりにお店を構えるスタイリッシュなうどん屋さんでございます。

たまたま、ふらっとこのお店に入って、サラめしをしてきたのですが、ココがとんでもなく良いお店だったのです!

それでは、どうぞ・*・:≡( ε:)




さて、何が良かったのか。

まずは、メニューを頼んだときのこと。

今回は、温かいうどんぶっかけうどんなどいろんなジャンルのうどんメニューがありましたが、その中からつけうどん白湯オイスターを頼むことにしました!

で、麺は温かいものか、冷たいものかを聞かれたので、つるつるシコシコの食感を楽しみたいと、冷たいおうどんでオーダー。「15分ほどお時間がかかる」と言われましたが、まだお昼休みの時間に余裕があったので、「問題ないです」と答えました。

すると、待っている間に、おそらくこのお店のおそらく店長さんがやってきて、「待ってる間、これでも食べといてー」と...

なんと、ティーカップに入ったうどんを出してくれました!

えっ、いいんですか(゚д゚)!

と、思わず反応をしてしまいましたが、

「これ食べて、お腹ふくれてまうかもしれんけど。笑」

と、笑顔でジョーク交じりで返す店長さん。

この心遣いで、このお店が1発で好きになってしまいましたね!

というわけで、
せっかくいただいたおうどんを、早速いただいてみると...


...おっ!


こ、これはΣ(゚д゚lll)!!


この衝撃のうどんの感想は、次の感想コーナーで語ることにします。


さて、そんなこんなで待つこと15分

頼んでいたつけうどんが、目の前に運ばれてきました!


こちらです!


わ〜、これは!
なんと、オシャレな(*´∀`*)!!!

店内がオシャレなので、きっとおうどんもオシャレなんだろうなと思っていたら、その1歩先を行く見た目となっていました!

これは、インスタにもあげたくなる料理ではないでしょうか。

なお、ラインナップとしては...

真ん中のつけ麺ならぬつけうどんを中心に、返し醤油(左側の器)と白湯オイスター(右側の器)のうどんつゆに、それぞれのつゆに使う薬味特製のラー油。箸休めに、胡麻豆腐ミニトマトがついたセットとなっていました!

また、こちらは追加オプションなのですが、

なんと、茹でたうどんを生地に練りこんだといううどんを使ったパン
うパンも、今回頼んでみました!

果たして、どんな味と食感を楽しむことができるんでしょうか。

感想

それでは、実食!

まずは、白湯オイスターのつゆにつけていただきます!

いざ...


...


うぐぐっ、ウマい( ゚Д゚)!!

鶏白湯とオイスターソースの融合で生まれたコクのある味わいが、あんかけのようにとろみのあるつゆのおかげで、うどんとがっちり絡んで、えげつない美味さを生み出していました!

また、つゆの中には、

豚肉キクラゲたけのこがふんだんに盛り込まれていて、まさに食べるつゆと化していたので、ボリューム満点!

薬味の黒酢ジュレを入れても、さっぱりとした風味がプラスされて、美味しくいただけましたよ!

このつゆは、なかなか他のうどん屋さんでは味わえない1品ですね〜。


それはそうと、先ほど後回しにしていたうどんの感想なんですが...


もうね、つるつるシコシコというより、モチモチッとした食感のおうどんなんですが、そのモチモチ感が...


ほぼつきたてのお餅並みなんですよΣ(゚д゚lll)!!!

ビックリしました。
うどん専用の圧力釜を使って、このモチモチ感を出しているようなんですが、にしてもこんなにモチモチになるとは...。
ほんと、細長くしたつきたてのお餅を食べているようでした!

なので、今度はシンプルに返し醤油につけていただいてみると...



あああヤバイわ、コレ(つД`)!!

シンプルにうどん自体がウマいので、ずっとモグモグしていられるほど、ヘビーローテーションな味わいを楽しむことができました!

その後、薬味のレモン生姜

特製のラー油を少しずつかけながら、味に変化をつけ、おうどんをずるずる。
もう楽しさしかなかったですね!


ところで、そんなおうどんの中に、1つだけ異色のおうどんがありましたよね。

こちら!

食べてみると、なんだか何か緑の野菜が練り込まれていることは感じたのですが、最後までわからずじまい。

なので、先ほど待っている間のおうどんを出してくれた店長さんに聞いてみると...

「あれは、ホウレンソウだよ!」

と、気さくに答えてくれました!

しかも、日によって、つけうどんで出す色付きの川幅うどんも違うことも教えてくれました!

「へぇ〜」と思いながら、もう1度食べてみると、確かに鼻を抜ける風味が、ホウレンソウのおひたしを食べたときのそれとよく似ているように感じました!

すると、あろうことか、店長さんからこんなお言葉が...

「何か色を言ってくれたら、その色のうどんを出しますよー

えっ、いいんですか(゚д゚)!(2回目)

というわけで、
迷ったあげく、と答えてから、待っていると...

赤というよりは、でしたが、
色付きの川幅うどんを出してくれました!

紫は、紫芋が練りこんであって、いただくと、うどんのモチモチとした中に、蒸したお芋の風味が感じられて、なんだか楽しい味わいでした。

ちなみに、店長さんからこんな話も...。

実は、黒が1番原価が高いんだよねー。竹炭を使ってるもんで。。。

これを聞いて、今度来た時は黒で指名しようと、決意をしました!笑


さて、ひと通り、おうどんをいただいたところで、〆のうパンに移ります。

一口サイズにちぎってから、いざいただいてみると...


なっ!


なんだこの、モチモチ食感はΣ(゚д゚lll)!!!

ほんとに、これはパンなの!?」と思ってしまうほどのモチモチ食感に、ビックリ仰天!

庶民的な例えかもしれませんが、パン生地すべてがミスドのポン・デ・リングでできているような、そんな感じでした!

茹でたうどんをパン生地に練り込むと、こんなパンが生まれるんですね!

そして、このうパンは、先ほどうどんにつけて食べていたつけ汁や返し醤油にもぴったり!
というか、うどんが練り込まれてるのだから、合わないはずがありませんね!笑



というわけで、
今回は「KONA × MIZU × SHIO」の白湯オイスターうパンをご紹介しました!

ほんとうどんもパンも美味しいし、なんたってサービスがよくて何度でも通いたくなるお店だなと思いました!

なお、うパンはテイクアウトができるので、パン屋さんとしても使えるお店となっていましたよ!

是非、堺筋本町にお越しの際は、このモチモチ食感を体験してみてはいかがでしょうか。

それでは!

その他の食べてきた記事【大阪編】はこちら
www.takashinoblog.com

店舗情報

“"