たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

【京都出張SP】麺がスープの上に乗っているだと...!!?京都・一乗寺「麺屋 極鶏」で鶏だくを食べてきた

どーも、ラーメン大好きたかしーのです。

今回は、一乗寺にやってきました!

前回、スープがドロポタな超こってり豚骨ラーメンをご紹介しましたが、

ここ一乗寺に、スープに鶏肉を使うことで、超濃厚な鶏白湯ラーメンを完成させたラーメン屋さんがあるということで、こちらのお店にやってきました!

麺屋 極鶏

叡山電鉄一乗寺駅から北へ徒歩7分
その濃厚すぎるラーメンが話題を呼び、時間帯によっては長い行列ができるほどの人気のラーメン屋さんでございます。

今回は、こちらでこってりラーメンファンに衝撃を与えたラーメン鶏だくをいただいてきたので、その模様をレポートいたします!

それでは、どうぞ・*・:≡( ε:)



さて、そんな「麺屋 極鶏」の超濃厚な鶏白湯ラーメン鶏だくがこちらです!



えっ、てかが...


スープの上に乗っかってないか、これっΣ(゚д゚lll)!!

こんなラーメン、初めて見ました!
麺にスープが全くといっていいほど、絡んでいませんね。笑

なお、今回はこの鶏だくを存分に堪能したかったので、

限定の煮玉子と、

おかわり無料のごはんも、合わせて注文。

これで、超濃厚ラーメンを体感する準備が整いました!

感想

それでは、実食!

まずは、気になるスープからいただいてみましょう!

いざ...


な、なんだこりゃああああ!!!

これは鶏白湯スープというより、
鶏白湯ベーストですな。笑

じっくりコトコト煮込んだシチューよりも、はるかに先を行く粘度で、
ひとくち飲むだけで、鶏の濃厚な旨味がスープの重みでズシンとくる感じ

さすがは、スープを作る工程で、鶏肉を使っているだけはありますね。
食べるスープとは、まさにこのことだな、と実感しました!


さて、そんなスープに麺を絡ませていただくべく、

天地返し、発動!

で、麺とスープを十分に絡ませてから、いざいただいてみると...


...


うぐぐ、うますぎる(;´༎ຶД༎ຶ`)!!!

表現としては、麺を使ってスープを食べている、といった感じ。

食べ応えのある中太ちぢれの麺とともに、濃厚な鶏の旨味がガツンガツンと流れ込んできました!

というか、流れ込んできたというより、雪崩れ込んできたといったほうが正しいのかもしれませんね。笑


さて、トッピングはどうでしょうか。

先ほど天地返しをしたので、丼ぶりの底から掘り起こしてみます。

こちらは、白髪ネギの後ろに隠れていたメンマ
よく見ると、厚みがスゴイですね。

いただくと、ゴリゴリとした食感がたまりませんでした!

こちらは、チャーシュー
やわらかすぎて、掘り起こしたときには原型をとどめていませんでしたね。

いただくと、噛む力がいらないほど、とろける口当たり
ただ、スープがあまりに濃厚すぎて、豚チャーシューなのに、鶏の味のほうを強く感じるトッピングとなっていましたね。

さて、ここまで鶏だくの標準トッピングを味わってきましたが、

忘れちゃいけない限定の煮玉子もいただきます!

ですが、鶏白湯のラーメンに合わないはずはないので、この煮玉子をスープにくぐらせてから...

ごはんに、どおぉぉおん!!!

その味は、もちろん....



はぁ〜、幸せ〜(o´ω`o)

この上ない玉子かけご飯に、大満足。

鶏白湯ならぬ、鶏肉白湯は、
麺にも、トッピングにも、そして、ごはんにも親和性が高くて、食べるたびに多幸感しかありませんでしたね。



というわけで、
今回は「麺屋 極鶏」の鶏だくをご紹介しました!

こってりラーメンファンはもちろんのこと、鶏白湯ラーメンファンにも納得がいくラーメンではないでしょうか。

一乗寺にお越しの際は、是非とも味わってみてはいかがでしょうか。

それでは!

その他の食べてきた記事【京都編】はこちら
www.takashinoblog.com

店舗情報

“"