たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

スープの深いコクに感動!"泡系"ラーメンの名店!大阪・本町「中華蕎麦 葛」で出し蕎麦(醤油らぁ麺)を食べてきた

どーも、たかしーのです。

今回は、本町駅周辺に行列のできるラーメン屋さんがあると聞いて、こちらにやってきました!

中華蕎麦 葛 (かずら)

大阪市営地下鉄本町駅から西へ徒歩2分
関西の人気ラーメン店「彩々」「和海」で修業をした店主が、2015年にオープンしたお店。

この日も平日の13時前にもかかわらず、お店の外に10人ほど列ができておりました!

そんなお店でいただけるラーメンとは!?

それでは、行ってみましょう〜・*・:≡( ε:)




さて、そんな行列に並んで、20分ほど待ってから、店内へ。

食券制なので、入り口近くの券売機を見てみると

...なんと、ビックリ!

ラーメン1杯、550円!
まさかの500円台に、思わず「えっ!!」と声が出てしまい、驚きを隠せませんでした!

ちなみに、この550円のラーメンのトッピングはチャーシュー2枚、青ネギ、玉ねぎのみじん切りといったシンプルな構成だったので、追加で上(チャーシュー2枚と味玉の追加トッピング)も注文!

それでも上は150円なので、合計しても700円

で、出てきたラーメンが...

わーっ、あわあわだあ〜(・∀・)!!

過去に本ブログでも取り上げたことのある「ふく流ラーメン 轍」「Ramen 辻」でいただいたような、スープがあわあわなラーメンが登場してきました!

www.takashinoblog.com

www.takashinoblog.com

この泡は、鶏白湯のスープをバーミックスを使って攪拌させて、仕上げたもの

ラーメン業界では、そんなスープが泡立ったラーメンのことを"泡系"と呼び、関西では"泡系"の発祥とされている「俺のラーメン あっぱれ屋」を始め、数多くの店舗でインスパイアなども含めて、広がりをみせているそうです。

retty.me

そんな"泡系"を提供するラーメン店において、ラーメン通を唸らせる味として評判なのが、このお店。

それでは、早速いただいてみましょう〜!!

感想

まずは、スープから。

泡が消えないように、注意しながら、レンゲですくい、いただいてみると...



ふああ!!!
なんちゅー深い味わいなんやー(゚д゚)!!!

まさに、鶏白湯のカプチーノ

飲めば飲むほどに、鶏の旨味カエシのコクが合わさった深〜い味わいに感動!

また、それでいてスープの濃度も濃くもなく、うすくもなく、ちょうど良し!
もうこのスープを作ったことで、店主さんもラーメン屋が繁盛することを確信できたのでは??と想像をしてしまうような、そんな味わいでしたね。


続いては、

麺は、中太ストレート麺
スープがあわあわなこともあって、麺ともよく絡み、美味しくいただくことができました!

スープを泡状するのって、ラーメンにとってはメリットでしかありませんね。

最後は、トッピング

スープの温度で色が変わる前に、低温調理によってローストポークとなったチャーシューをいただいてみると...


あー、ウマイなぁ(っ`∀´*)!!

しっとりした食感、噛むほどに伝わる肉の旨味
これを鶏白湯スープにつけて食べるのだから、贅沢なこと、この上ないですね

で、贅沢といえば...

鶏白湯のラーメンでいただく味玉も、贅沢ですよね〜。

レンゲにおさめて、たっぷりとスープをかけてから、一気にペロリ!


うむ、卵に合わないわけがない( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

スープが美味すぎるだけに、余計に贅沢に感じることができました!



というわけで、
今回は「中華蕎麦 葛」の出し蕎麦(醤油らぁ麺)をご紹介しました!

ほんと、"泡系"ラーメンの名店だと確信のできるお店だったので、本町駅周辺にお越しの際は是非とも味わってみてはいかがでしょうか。

それでは!

その他の食べてきた記事【大阪編】はこちら
www.takashinoblog.com

店舗情報

“"