たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

外食トレンドとなった中国のご当地ラーメン!東京・池袋「火焔山 蘭州拉麺」で漢方入り蘭州ラーメンを食べてきた【東京出張SP】

どーも、たかしーのです。

皆さん、蘭州ラーメンは、ご存知でしょうか。

蘭州ラーメンとは、中国北西部にある甘粛省蘭州が発祥で、牛肉や牛骨で取ったスープと、コシのある手打ち麺が特徴のラーメンのこと。

いわば中国のご当地ラーメンなのですが、このラーメンが今年2018年の外食トレンドとして、話題になっているそうなので、今回はこちらでいただいてみることにしました!

火焔山 蘭州拉麺

店名どおり、池袋で蘭州ラーメンがいただける中華料理のお店。
場所は、JR池袋駅の西口を出て、徒歩4分ほどのところにあります。

果たして、蘭州ラーメンとは一体どんな味わいなのか!?

それでは、行ってみましょう~!!


さて、お店に入って、早速、その蘭州ラーメンをオーダー。
このお店では「漢方入り蘭州ラーメン」といったメニュー名になっていましたので、それを頼みました!

すると、頼んですぐに、厨房から「ペッタン!ペッタン!」と何やら音が聞こえてきたので、のぞいてみると、なんとお店の人が麺を打っているではありませんか!?

さすがに、写真を撮るのもアレだったんで、どんな様子だったかを店内に描かれた壁画で表現すると、

まさに、こんな感じでした!笑

麺を手で、しかもあんなに器用に打っているのを初めてみたので、これには少し興奮をしました!

さて、そんな手打ちの麺ですが、打ったかと思えば、そのまま鍋で湯であげられ、1分もたたないうちに、蘭州ラーメンのスープが入った丼ぶりにドボンっ!

で、その上からトッピングがほどこされ、出てきたのが...

おお、これですか(´⊙ω⊙`)!!

これが、蘭州ラーメン

湯気から、牛骨とスパイスのいい香りが漂ってきました!

感想

この蘭州ラーメンですが、作る上で5つの大事なことがあるそうで、蘭州の人はこれを「一清、二白、三紅、四緑、五黄」と呼んでいるそうです。

まず「一清」とは、透き通ったスープのこと。
確かに、スープはレンゲの色が確認できるほど、キレイに透き通っていますね。

さて、そのお味は...


おお、あっさりとしていて、うめぇ(つД`)!

牛骨のコクのある味わいと、それを彩るスパイスの香りが見事にマッチをしていました。
このスープは、飲み会の〆とかで飲むと最高なのではないでしょうか。

次の「二白」とは、大根のこと。
ラーメンに大根が入っているのは珍しいですが、スープともよくあっていました!

次の「三紅」「四緑」とは、ラー油パクチーのこと。
ラー油は、確かにかかってはいましたが、そこまで気にならない辛さ
パクチーは、個人的にはあまり得意ではないのですが、このラーメンに関しては、味の世界観にとても溶け込んでいて、あまりに気にすることなく、いただくことができました!

他にも、トッピングに関して、特徴といえば、

このチャーシューでしょうか。

日本のラーメンでは、豚肉を使うのが一般的ですが、蘭州ラーメンでは牛肉を使っています。
厚さは薄いものの、肉質がしっかりとしていて、噛むほどに味わい深いチャーシューとなっていましたね。

さて、最後「五黄」に関してですが、これはかすかに黄味がかった麺のことを言っています。

この蘭州ラーメンですが、麺のタイプを細麺、普通の麺、平打ち麺から選ぶことができるのですが、今回は平打ち麺にしてみたので、

こんな感じの麺になっていました。

見た目はきしめんのようですが、いざいただいてみると...


ぬおっ、弾力がすごいぞ、これ(°Д゚)!!!

さすがは打ち立てなだけあって、噛んだ時の麺の弾力が桁違い!!

この食感は、是非皆さんにも味わってほしいですね。


というわけで、
今回は「火焔山 蘭州拉麺」で漢方入り蘭州ラーメンを食べてきた模様をお届けしました。

ラーメンが好きで、出張ではラーメン屋さんをよく回るんですが、このラーメンに関しては、まさに新体験な味わいでした!
自身の食の幅が広がる料理だと思うので、是非、この蘭州ラーメン。味わってみてはいかがでしょうか。

それでは!

その他の食べてきた記事【東京編】はこちら
www.takashinoblog.com

店舗情報

“"