たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

回転寿司!ご当地パン!ハンバーグ!岡山のローカルチェーン店を実際に巡って食べてきた【岡山出張SP】

どーも、たかしーのです。

f:id:calimero0655:20181015151841p:plain

皆さんは、ローカルチェーン店をご存知でしょうか。

ローカルチェーン店とは、全国に店舗展開をしておらず、地元に根付き、そして地元の人に愛されるお店のこと。

具体的にいうと、静岡にあるハンバーグ店「さわやか」や福岡にある天ぷら屋さん「ひらお」がそれにあたるのですが、正直、地元の人はもちろんのこと、そうでない他府県の人でもこのお店がローカルチェーン店だと気づくのは難しいですよね。

そんな悩みを解決すべく、WEBライターのヨッピーさんが、こんな記事を書いてくださりました!

なんと、全国のローカルチェーン店がわかる
47都道府県のローカルチェーン店まとめ

この記事さえあれば、観光や出張でふらっと他府県へと立ち寄った際に、地元でしか行けないローカルチェーン店がすぐわかるため、地元の人しか知らないようなソウルフードにも巡り会えること、間違いなし!!!

というわけで、今回はこの記事を参考に、実際に岡山へ行って、掲載されているローカルチェーン店を巡ってみました!

実際に食べた感想も書いていますので、岡山にお越しの際は、参考にしてみてくださいね~。

それでは、行ってみましょう~!!!


「海都」の回転寿司

さて、まず1店舗目はこちらにやってきました!

JR岡山駅を降りてすぐのところにある岡山駅前商店街の中にある...

海都さんでございます。

岡山では、この岡山駅前店を含めて、7店舗を展開している回転寿司チェーン(2018年10月現在)。

早速、中へと入ってみると...

ご覧の通り、バラエティ豊かな寿司ネタがレーンに流れているのを見ることができました!

また、この「海都」では、本格寿司をリーズナブルな価格で、というのがモットーのようで、価格設定も1皿120円~480円となっていて、メニューを見てみると、300円以下でいただけるネタが全体の4分の3ほどを占めていることが確認できました!

で、そんな「海都」の寿司ネタなんですが、値段別にピックアップをしてくいくと...

まず、120円ネタとして選んでみたのは、
炙りいかマヨ

マヨネーズ甘ダレのハーモニー。
炙りメニューで手間がかかているのに、これが120円なのはお得ですね!

また、寿司ネタではないのですが、

このあおさのお味噌汁も、お値段120円となっていました!安いっ!!


続いて、180円ネタとして選んでみたのは、
焼きさば押し寿司

しめ鯖好きにはたまらない、鯖の押し寿司がなんと200円以下!
お酒のお供にもオススメな1皿。味も良かったですよ。


続いて、240円ネタとして選んでみたのは、
炙りビントロマヨ

「海都」は炙りメニューが豊富で、このネタもそのうちの1つ。
マヨネーズ効果で、とろける口当たり濃厚な味わいを生み出していました!


続いて、360円ネタとして選んでみたのは、
ノルウェーサーモン

これだけネタが大きいのに、300円台なのが驚き!
味もサーモン好きな私でも、納得のいく味わいでしたよ~。


続いて、480円ネタとして選んでみたのは、
本マグロ中トロ

中トロですが、ちゃんと2貫セットなのが、うれしいですね~。
これで500円以下なのは、企業努力の賜物。味も申し分なかったです!


その他、いろいろ食べてはみたのですが、結果、お食事代が3,000円以内に収まったので、お財布的にも大満足!
この美味しさをキープした上で、リーズナブルな価格でお寿司を味わえるのが、ありがたいですね!
地元の人から愛される理由が、よくわかりました!

「岡山木村屋」のバナナクリームロール

2店舗目は、岡山木村屋さんにやってきました!
場所は、先ほどの「海都」岡山駅前店から、少し東へと歩いた場所にあります。(野田屋町岡ビル店)

地元の人からは、「キムラヤのパン」として親しまれているパン屋さん

ここで販売されているあるパンが、ご当地でしか食べられない、いわばご当地パンということで、買ってきました!

バナナクリームロール

見た目は、普通のコッペパンのように見えるのですが、中を割ってみると、バターのような色をしたクリームがパンの端から端まで塗られているのが確認できました!

なので、そのままガブリといただいてみると、青森のご当地パンイギリストーストのようなクリームに砂糖のジャリッと感が加わった食感で、そこからほわっとバナナの風味がやってくるといった、そんな味わいのパンであることがわかりました!

正直、子供のころに食べた記憶はないんですが、食べるとなぜか懐かしい気持ちになる、そんなパンではないでしょうか。

「ミスター・バーク」のハンバーグ

ラスト3店舗目は、岡山というよりアメリカンな雰囲気漂うレストラン
ミスター・バーク

岡山県内に12店舗を展開するレストランチェーン(2018年10月現在)で、

今回は、JR西川原・就実駅から徒歩11分の場所にある岡山東川原店におジャマをしました。

JR西川原・就実駅って聞き慣れない駅ではありますが、JR岡山駅から1駅先にある駅で、駅前には就実大学があることから、大学生らしき方々がたくさん駅の周りで見受けられました。

そんな学生の街でもある西川原・就実エリアに、店を構える「ミスター・バーク」。

その魅力は、美味しいステーキ&ハンバーグをリーズナブルな価格で味わえるということで、今回はそれを体感すべく...

人気No.1のメニュー
健康バークビーフ&ハンバーグを頼んでみました!

ご覧くださいっ!
鉄板がアツアツがゆえに、湯気が猛烈にあがっているのが、わかりますでしょうか。

ちなみに、このセット。
健康バークビーフが100gに、ハンバーグが120g。さらにライス・サラダ・スープがついて、
なんと、 1099円(+税)というんだから、驚き!
しかも、ライスはおかわり自由で、ドリンクも飲み放題

これは、確かにリーズナブルではあります!

ただ、肝心のステーキ&ハンバーグがなんですが...

ハンバーグはそこそこ美味しかったのですが、

ステーキがどうも微妙な食感と味わいで好きにはなれませんでした。

なので、調べてみると、ここのステーキ肉には結着加工肉が使用されていることがわかりました。

結着加工肉とは、牛のくず肉や内蔵を軟化剤や結着剤を使って、成型した肉のこと。
つまりは、人工的に作られたステーキ肉、ということになります。

メニューにも”結着加工肉”といった記載があったので、合法ではあるのですが、正直これはステーキと呼べるような代物ではありませんでしたね。

ただ、安くて、ステーキ&ハンバーグを含め、たくさん飲み食いができるといったことには変わりはないので、そういった意味で地元の人からは愛されているのかなと思いました!

店舗情報

www.mr-b.jp


というわけで、
今回は岡山のローカルチェーン店を実際に巡って、食べてきた模様をお届けしました!

正直なことをいうと、「ミスター・バーク」は観光でいくのにオススメはできませんが、その他の「海都」「岡山木村屋」については、是非岡山で味わってみるのはアリだと感じました!

こういったお店は、観光の雑誌にはなかなかのっていない店舗かと思うので、今後もハズレを怖がらずにどんどんチャレンジをしていきたいと思います!

それではー!

その他の食べてきた記事【チェーン店編】はこちら
www.takashinoblog.com

“"