たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

青森のあの味が東京で食べられる!東京・小川町「長尾中華そば」でにぼめしセットを食べてきた【東京出張SP】

どーも、ラーメン大好きたかしーのです。

今回は、青森のあの名店が東京に本格的にお店をオープンをしたと聞いて、こちらにやってきました!

長尾中華そば 神田店

青森の煮干しラーメンの雄として名高いラーメン屋さんで、場所は東京メトロ丸の内線淡路町駅から徒歩1分という立地にあります。

実は、少し昔に青森へ観光に行った際に、青森駅前店におジャマをして、1度だけここのラーメンを食べたことがあるのですが、そのときのラーメンが美味しかった記憶があるので、神田店でその感動をもう1度味わうべく、食べに行くことにしました!

それでは、行ってみましょう~~!!


今回は、自慢の煮干しラーメンと一緒にご飯も食べたかったので、にぼめしセットをチョイス!

食券を渡して、カウンターに座り、待っていると...

よっ、待ってました~~(・∀・)!!

にぼめしセットが、到着!

セットの内容は、ラーメンにご飯、それに何やら小さなカップがついてきましたね。

この正体は、後ほど明らかにすることにします!

感想

それでは、実食!

はい、まずは単品だとこくにぼと呼ばれているラーメンからいきます!

セオリーどおり、スープをすくって、いざ...


ぅはぁ~、これこれ!
この感じ(°Д゚)!!!

青森で味わったときの感動が、蘇ってきました!
飲んだ瞬間、煮干しの風味がガッツリやってくるんですが、それがしつこくなく、不思議とスッと飲めてしまうのが、このスープなんですよね~。

そして、飲むたびに感じる深いコク
飲めば飲むほど、この味の虜になってしまう。そんなスープではないでしょうか。

続いて、へ。

麺は、もちもちというよりむちむちとした多加水ストレート麺
すするたびに、弾力のある食感がたまりませんでした!

ちなみに、この麺のむちむちさの理由を調べたところ、
なんと、この麺にはかんすいを使っていないことが発覚しました!

かんすいとは、麺にパツンと切れる独特の食感やツルッとした喉越し、そして卵色の色味を与える添加物のこと。

通常であれば、ラーメンの麺を作る際、小麦粉と塩と水、それにかんすいを入れて作るのが一般的なのですが、ここ「長尾中華そば」の麺はかんすい不使用ということで、いわばうどんと同じ構成で作られているのです。

というわけで、正体は細めのうどんなのですが、これが不思議とうどんとは感じずに、ラーメンの麺としてすすれるんですよね~。

ラーメン最後はトッピング

やはり、ここはチャーシューでしょう!とバラともも2種類あるうち、バラのほうをいただいてみると...


おっ、なんだかぷるぷるしているぞ(*^p^*)!

と、感じたので、食べたあとのチャーシューをチェック!

すると、ラーメンのチャーシューには珍しい皮つきのチャーシューになっていることを見つけました!
なので、ぷるぷると感じたのは、その皮の部分のゼラチン質

この理由も調べてみると、店主がその昔、中華料理店で修行を積んでいて、その経験からこの皮付きチャーシューが生まれたんだとか。

まさに、店主のこれまでの集大成がこの1杯に詰まってるといっても、過言ではないラーメンですね!

さて、ここで、先ほど秘密にしておいたカップの正体をお見せしましょう~。

こちらでした!

なんと、ひきわり納豆がついてきました!

ラーメンに納豆がついてくるのも、これまた珍しい組み合わせですよね。

で、この納豆を...

ご飯の上にのせてから...

チャーシューで包んで、パクリ!


おぅ、最...高...(๑′ω‵๑)

まさに、至福の味わい
納豆がラーメンとこんなによく合うだなんて。またひとつ勉強になりました!


というわけで、
今回は東京に本格出店を果たした青森の名店「長尾中華そば」をご紹介しました!

このこくにぼ以外にも、煮干し感をさらにパワーアップさせたごくにぼと呼ばれるラーメンもあるので、煮干しラーメンファンなら、是非1度、体感してみてはいかがでしょうか。

それではー!

その他の食べてきた記事【東京編】はこちら
www.takashinoblog.com

店舗情報

“"