たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

FC「ドクターマリオ」をレベル20(HIスピード)でプレイしてみた

f:id:calimero0655:20180509183440j:plain

先日、Nintendo Switch Onlineに加入したので、収録ソフトの中から今回はこのソフトをチョイスしてみました!

ドクターマリオ
1990年に発売されたファミリーコンピュータ用ソフト(当時はゲームボーイ用ソフトも同時発売)。
落ち物パズルゲームの中でも人気の高い作品で、お母さんがハマるゲームとしても、おなじみ。

今回は、そんな「ドクターマリオ」のエンディングを見るべく、

スピードを最大のHI、ウイルスレベルを20にしてプレイをしてみました!

それでは、ゲームスタート!



こちらが、レベルを20にした場合の画面。
なんと、84個も入っているではありませんか!!

とはいえ、自称テトリスが得意な私。
同じ色のウイルスを4個以上つなげれば消せるというルールをしっかりと頭にいれ、プレイをしてみましたが...

まるで歯が立ちませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。

もうね、尋常じゃないほどの難易度でした。笑

なので、自力では無理と悟ったので、こうしました!

題して、Nintendo Switch Onlineの『どこでもセーブ』機能を使って、時間を操作!
暁美ほむら作戦で、エンディングに挑みます!

なお、暁美ほむらを知らない方は、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』をご覧ください。

魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

暁美ほむら作戦の内容は、こうです。

HIスピードレベル20を選択して、序盤が消しやすそうな配置になるまで、リセマラ

消しやすそうな配置が来たタイミングで、『どこでもセーブ』機能を実行。

セーブ後、ウイルスを消していき、思い通りにならなかったタイミングで、セーブした画面をロードし、タイムスリップ

これを繰り返し、うまく消せたタイミングで、『どこでもセーブ』でセーブを刻み、クリアを目指す。

以上になります。

あ、そこのキミ。ズルいとかゆとりとか、言わないの!笑

レベル20(HIスピード)

というわけで、実践!

リセマラを辛抱強く続け、消しやすそうな画面が来たところで、『どこでもセーブ』を実行!
ここからクリアを目指します!

すると、何度からトライ&エラーを繰り返すうちに、HIスピードに慣れてきたのか、

順調に進行して、ウイルスを半分ほど減らすことに成功!
こんなの、絶対自力では不可能です。。

で、その後、作戦どおりに続けていった結果、

なんとビンの底が見えるぐらいにまで、ウイルスの撲滅に成功!
これで、多少手元が狂っても、なんとかできそうなスペースを空けることができました。

しかし、問題は、上からのカプセル落下では、消しにくくなってしまったビンの外側にあるウイルス群。

ひとまず、左側から撲滅を目指しますが、作戦を実行しているとはいえ、下からのカプセル配置は難しく、苦戦。
でも、そこから辛抱強くプレイをしたところ...

左側のウイルス群を撲滅することに成功し、黄色ウイルスの全滅に成功!

で、そこからコツを掴んだこともあり、続けて、青色ウイルスを全滅させ、

最後の赤色ウイルスも、

横消しができるようにカプセルを積んで...

殲滅!!!

これにて、ウイルスをすべて除去し、レベル20(HIスピード)をクリアすることができました!


さて、セコいやり方はしましたが、クリア後に流れたエンディング画面がこちらです。

おめでとう!!」のメッセージが表示されたあと、現れたのは...

なんと、宇宙船!

そして、その宇宙船はウイルスたちを連れ去り、

どこかへと去っていきました。
つまりは、ウイルス=地球外生命体??

そんな謎めいたオチで、エンディングは〆られていました。

めでたし、めでたし。


...と思いきや、次に現れたのが、

なんと、レベル21!

まさかの、次のレベルが待ち構えていたのです!

さすがに、リセマラはせず、自力で挑んではみましたが、

瞬殺!笑

ここまで来たのが自力ではないので、もはや当たり前の結末ですね。

とはいえ、世の中にはこのレベルで、かつHIスピードでのクリアを達成している人がいるのかと思うと、もうそれは尊敬でしかないですね。

ちなみに、今回加入したNintendo Switch Onlineでは、そんな尊敬レベルのテクニックを持っていない人でも、
このエンディングを見ることができるように、

知る人ぞ知るUFO直前バージョン』というSPバージョンでの配信もされているので、加入されている方は、このバージョンをプレイして、是非生で見てみてくださいね。

それでは!

その他のゲームプレイ日記はこちら
www.takashinoblog.com

“"