たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

たまに行くならこんな千葉 〜千葉ロッテマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアム〜

ひさびさの野球観戦ネタでございます!
今回は千葉県にあるZOZOマリンスタジアムにて、ロッテ対阪神の試合を観に行ってきました!

本ブログでは、実に7球場目での野球観戦になります。
他の球場を巡ってきた模様は、こちらをご覧ください。


ZOZOマリンスタジアムとは?

ZOZOマリンスタジアムは、JR京葉線海浜幕張駅から海に向かって、徒歩15分ほどのところにある野球場で、
パシフィックリーグ(通称、パ・リーグ)に所属する千葉ロッテマリーンズがココを本拠地としています。

昔は、千葉マリンスタジアムと呼ばれていましたが、2011年にQVCマリンフィールドと呼ばれていましたが、
2016年からは「ZOZOTOWN」を運営するZOZOが施設命名権を取得して、「ZOZOマリンスタジアム」と呼ばれるようになりました。

キャパは、約30,000人。
夏には、大型野外フェスであるサマーソニックでも、この会場が使われるので、野球ファンのみならず、音楽ファンにもおなじみの球場です。

いざ、スタジアム内へ!

この日、手に入れたチケットは「内野指定席B 3塁側」。
3塁側なので、アウェイのチーム寄り、つまり阪神タイガース側で、観戦することにしました!

ですが、本業の仕事が長引いた結果、プレイボールから2時間ほど球場へ向かうのが、遅れてしまい...

5回終了時に打ちあがる花火を、直接見ることができませんでした...。泣
ただ、花火の音と迫力は、さずかに近くで打ちあがっていることもあって、凄まじかったです!

花火が終わった後、急いで球場内へ。

この日は、セ・パ交流戦の期間内ということもあって、
千葉ロッテマリーンズが毎年企画している挑発ポスターを見ることができました!

今回は、阪神タイガースに新しく就任した矢野新監督に、どうもかけているようです。笑

で、ポスターも無事発見したところで、ようやく球場内へ。

おおっ、この球場もイイねぇ~(゚∀゚)!!
どの球場に行っても、客席から見るグラウンドの眺めは、最高でした。

さて、そんな球場内から観る試合はですが、

少し遅れてしまったこともあって、すでに後半戦へと差し掛かり、6回表が終了。
3-2と阪神が1点をリードする展開となっていました。

追い付け!追い越せ!と俄然盛り上がるロッテサポーター
応援がいつも日本代表のサッカーと同じぐらい熱狂的で、観ていて、いつも胸が熱くなります!

ちなみに、過去にこの球場には来たことがあるのですが、その後、改築工事が入ったようで、

電光掲示板の画面が一段と大きくなった印象を受けました!
今年、阪神の本拠地甲子園球場も、大画面にリニューアルしたので、より大きな画面で野球を盛り上げる映像が流れるのは、いいことですね。

また、ダグアウトも、以前より前に突き出た印象も受けました。
これは今年改築工事をしたことによるもので、観客から選手や監督が普段どんな感じで試合を観ているのかが把握できるのが、よいですね。

そんな感じで眺めていると、阪神のピッチャーの小野がロッテ打線を0に抑えて、6回裏が終了。

阪神のラッキーセブンで、六甲おろしの後に、ジェット風船が放たれました。
千葉にも阪神ファンは多いのか、かなりの数の風船が打ちあがっていましたね!

対するマリーンズですが、7回表終了時に、白いジェット風船を打ち上げて、チームをあと押し。

このタイミングで、ロッテのユニフォームを着たコアラのマーチのコアラ風船も膨らんで、チームの反撃を待ちます!

初の〇〇を目撃!

そんな1点差というピリピリした試合のムードもあってか、
ロッテのラッキーセブンの攻撃で、事件が起きました!

6回からマウンドにあがった阪神の小野が、ロッテの4番井上にデッドボールを与えてしまい...

なんと、乱闘ムードに発展!
両チームの選手が、一斉にマウンド付近に駆け寄ってきました!
野球観戦を長年してきましたが、個人的には生でこの様子を見るのはこれが初めてでした。

じっくり見ていると、ロッテのコーチが阪神のコーチに言い寄っているのが、よくわかります。
そりゃ、チームの4番がこれでケガをして離脱でもしてしまったら、たまりませんもんね。。

結果、選手同士の取っ組み合いみたいなことは発生せず、警告試合と宣告されて、試合は続行。

しかし、生でこういった光景を見ると、なかなかの迫力で、
こういってしまうとアレですがが、珍しい光景が観れたので、来た甲斐があった!と思いました。

スタジアムグルメを食べよう!

そんな乱闘が落ち着き、でもって試合も落ち着いてしまったので、スタジアムグルメを買いに、客席を離脱。

今回は、スタジアム内の2階・内野3塁側付近にあるお店ナイスボールさんで、
スタジアムグルメを購入してきました!

まずは、定番のビール
球場で飲むビールは、毎度もことながら、格別の美味しさでした。
ただ、マリーンズオリジナルのものも販売されていたのですが、残念ながらタイミング悪く売り切れで、飲むことができませんでした。。

で、そのお供として、ZOZOマリンスタジアム名物のグルメを買ってきたのですが、それがこちら。

モツ煮

このお店に限らず、複数の店舗で販売がされているモツ煮
球場の名称は、ZOZO~とオシャレに変わりましたが、グルメはいまだに昔ながら
もしかしたら、こういったギャップを感じれるのは、今だけかもしれませんね。
ちなみに、そのお味は素朴な感じで、ビールがよく進みました!

試合の行く末は...??

そんなグルメを購入して、味わっている間に、試合は阪神リードで、9回裏へ。
ここを抑えれば、阪神の勝利!...だったのですが、

なんと、守護神のドリスが土壇場でタイムリーを浴びてしまい、試合は延長戦へ。

乱闘などあり、ロッテの追い上げムードもあって、阪神劣勢かと思われましたが、

10回表で、すぐさま阪神が糸井のタイムリーで勝ち越して、

その裏の回を、今度はしっかりと抑えて、ようやくゲームセット!

盛り上がる3塁側。
自然発生的に、六甲おろしの合唱が起こりました。

ハイタッチをする、阪神の選手たち。
カメラマンたちは、こういうフォーメーションで撮影をしているんですね。

ヒーローインタビューは、もちろん試合を決めた糸井選手。
その後ろで、マスコットのトラッキーが棒立ちだったのが、個人的に面白かったです。

感想など

後半のみの参戦でしたが、ZOZOマリンスタジアムを非常に楽しめた1日となりました。

今度は、せっかくチケット代も払っているので、花火込みで観戦したいなあと、思いました!(それだけが後悔...)
なので、ナイターでロッテ戦を観戦される方は、仕事を早めに終わらせてから、余裕をもって、スタジアムで観戦してみてくださいね。

それでは!

その他のたまに行くならこんな千葉の記事はこちら
www.takashinoblog.com

公式ホームページ

www.marines.co.jp

施設情報

“"