たかしーのブログ

出張大好きオタクサラリーマンの趣味ブログ

フィリピン・メトロマニラ「マンイナサル」のピノイハロハロ

フィリピンの国民的スイーツハロハロを、本場フィリピンにあるお店で堪能してきました!

食べてきた場所は、ケソン市にあるショッピングモール「アリモール」の1階「Mang Inasal(マンイナサル)」というお店にて。
マンイナサルとは、現地の言葉(タガログ語)で、フィリピンのBBQチキンのことを指すそうですが、

今回は、チキンではなく、このハロハロを注文。
ハロハロの前に「PINOY」とついていたので、調べてみたら、"フィリピン人の~"といった意味だったので、
おそらく、国民的なスタンダードハロハロと勝手に解釈をしてみました。笑


感想

こちらが、そのピノイハロハロ

とてもな仕上がり。
今風にいうと、インスタ映え間違いなしなかき氷ですね。

ちなみに、このハロハロ(Halo-Halo)とは、タガログ語で「混ぜこぜ」という意味で、
いろんな甘いものとかき氷を混ぜながら食べるデザートであることから、その名がついたんだとか。

まず、目についたのが、このアイスクリーム
これはウベアイスクリームといって、紫山芋を使ったアイスクリームなので、
ひとくちいただくと、日本でもよく食べる紫芋のアイスとよく似ていて、しつこくない甘さがとても良いな、と感じました。

しつこくない、でいうと、かき氷の味はミルクベースだったのですが、
練乳をたっぷりつかった、ねっとりとした甘い味わいではなく、意外にもさっぱりとした甘い氷になっていました。
なので、何度食べても、のどが渇くといった、そんなこともなく、サクッサクッといただくことができました。
※ただ、人によっては、水っぽいと感じるかもしれない味わいですね。

続いては、こちら。
これは現地ではレッドサゴと呼ばれている、赤いタピオカでございます。

ただいま、日本で人気沸騰中のタピオカ。
こうして、かき氷にしていただくと、食感が楽しくて、美味でしたよ。

他にもトッピングには、凍らせたフルーツレチェフラン(フィリピンのプリン)、ゼリーなど、バラエティ豊か。
食べるたびに楽しくなるスイーツ、それがハロハロだな、と体感することができました。

また、名前の通り、混ぜこぜにすることで、新しい組み合わせや味に出会えるのも良いですね。
フィリピンを訪れたら、必ずは食べてほしいスイーツです!

店舗情報

その他の食べてきた記事【海外編】はこちら
www.takashinoblog.com

マルチボックス なんでもハロ ハロ (緑)

マルチボックス なんでもハロ ハロ (緑)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2010/10/09
  • メディア: おもちゃ&ホビー
  • 購入: 1人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る

“"