たかしーのブログ

出張大好きオタクサラリーマンの趣味ブログ

神奈川・新横浜駅「崎陽軒」のシウマイ弁当

いろいろとネットで話題になる前に、横浜へ行くことがあったので、仕事帰りに「崎陽軒」のシウマイ弁当を買って食べてみました。

新横浜駅付近だと、駅と直結した商業施設キュービックプラザ新横浜2F、また3Fに店舗があるので、そこから購入ができます。
他を調べてみると、新幹線新横浜駅下りホーム(10号車停車位置付近)でも購入できるみたいです。


もはや、出張ユーザで中身を知らない人はいないと思いますが、

シウマイ弁当の中身が、こちらです!

構成としては、半分が胡麻のかかった俵型のご飯が8つカリカリ梅

もう半分が、これでもかと詰め込められたおかず類になります。

なお、おかず類のラインアップは、下記の通り。

・シウマイ(5個)
・筍の煮物
・マグロの照り焼き
・かまぼこ
・卵焼き
・紅ショウガ
・刻み昆布
・鶏のからあげ
・あんず

この中で、お弁当にとって珍しいのは、あんずでしょうか。
ちなみに、あんずを食べるタイミングは、駅弁通でも意見が割れるそうです。

感想

まずは、やはりシウマイからですね。

シウマイは、付属の醤油からしをつけて、いただきます。

正直な感想をいうと、味はいたって普通の味。よく言うと、素朴な味わいだなと感じました。
ただ、これはお弁当のシウマイだからこそ、と実感。
本来であれば、お弁当にすると、味が損なわれるであろう部類のおかずなのですが、
それでも冷めても違和感なくいただけるのは、この「崎陽軒」のシウマイのスゴイところだと思います!
(なので、ディスってはいませんよ!笑)

でもって、私が数あるおかず類の中でお気に入りだったのは...

このマグロの照り焼きと、鶏のからあげ
鶏のからあげは、もうご飯の相棒ともいえるおかずなので、特に驚きはしませんでしたが、
マグロの照り焼きに関しては、新たな発見でしたね!

食感は冷えているので、固めでしたが、
しょっぱい味付けがとても効いていて、ご飯が進む進む。

なので、これを美味しく食べるために、シウマイでご飯を多く消費しないとことをオススメしておきます!

そして、食べるタイミングが割れるあんず
私は、デザート感覚で、最後に回したのですが、これをから揚げと一緒に食べる人もいるそうです。(レモン的な感じで)

塩辛いものが多いシウマイ弁当において、甘さを補給してくれる貴重な食材なので、
これを食べるタイミングを探るのも、シウマイ弁当の楽しみ方のひとつかもしれませんね!

ごちそうさまでした!

店舗情報

その他の食べてきた記事【神奈川編】はこちら
www.takashinoblog.com

“"