たかしーのブログ

出張大好きオタクサラリーマンの趣味ブログ

山口・新山口駅「長州屋」の瓦そば

前日、仕事で鳥取から博多へ移動する必要があったので、

特急のスーパーときに乗り込み、

新山口駅にやってきました!
ちなみに、本ブログでは、山口県に初上陸でございます。わーい。

新山口駅では、山口県防府市生まれの俳人種田山頭火の銅像がお出迎え。
なお、有名な観光地には、必ずといっていいほど、山頭火が書したホメ俳句があることから、
某バラエティー番組ではえらい言われようをされているのを知っているので、これを見て、思わず吹いてしまいました。笑

さて、初上陸の山口ですが、実は滞在時間はあまりなかったので、駅周辺でメシだけをとることに。

やってきたのは、新山口駅構内にある
長州屋

今回は、ここで山口のご当地グルメ瓦そばを食べてきました!


その昔、野戦中に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話からヒントを得て、
山口県下関市豊浦町を中心に始まった郷土料理が、この瓦そば

瓦を使って、茶そばとお肉を一緒に炒めたものを

麺つゆにつけながらいただくのが、食べ方。
また、盛り付けられたレモンともみじおろしを、麺つゆに入れて食べるのが、このお店の食べ方のようです。

感想

それでは、実食!

少し焼けたそばを具材とまぜまぜしたのち、いただいてみると、

茶そばの風味と、焦げた部分の香ばしさがクセになって、モリモリいただけるそばだな、と感じました。
山口県の家庭では、これをホットプレートで作ることがあるそうですが、

瓦で焼いた魔力なのか、肉もそばもいい感じで熱が通っていて、
最後までアツアツなまま、この瓦そばをいただくことができました。

これは子供も好きな味ですね。
今度来た時は、家族でこの瓦そばを食べてみたいなと思いました!

ごちそうさまでした!

その他の食べてきた記事【山口編】はこちら
www.takashinoblog.com

店舗情報

“"