たかしーのブログ

出張大好きオタクサラリーマンの趣味ブログ

FC「ワギャンランド3」をプレイしてみた 第10話『相対性理論』【完】

前回はこちら

バグだらけのステージをなんとか乗り越え、

ついに、最終ステージ40に到達したワギャン

ようやく、今回で最終回です!


ステージ40

最終ステージ40は、研究室

これまで登場した動く足場が再登場し、それを乗り継ぎながら、ゴールを目指します!

そして、広大なステージをジグザグに進み、上へ上へと進んでいくと、

突如、ステージが暗転。

そして、現れたのは...

ワギャンの宿敵 Dr.デビル

前作『ワギャンランド』『ワギャンランド2(会話には出てくる)』で、ワギャンの住む星を侵略しようとしていた人物。
ヒソピソ星に侵略したのは、これら2つの失敗があったからかもしれません!
にしても、ワギャンの親戚の星を襲うとは...。

そんなDr.デビルと、ひさびさの再戦!
果たして、Dr.デビルの実力とは...???

まずは、しりとりで対決!

順調にパネルをめくっていき、ノルマ達成を狙います。

そして、うまくターンをこなすことができたため、ノルマをクリア!

が、しかし!

その後、めくるパネルがなく、もったいない負けを喫してしまいました。。



と、思っていたら、

なんと、ラスボスにもかかわらず、温情クリア

ええのんか、Dr.デビルはん、ええのんか???笑


ですが、温情クリアをしても、これで終わらないのが、Dr.デビル戦。
続いては、神経衰弱で挑んできました!

これは、正直運だのみなところがあるので、
まずは、Dr.デビルが最初にどこをめくるかに注目します。

めくる前から「ムムム...みえる!わしにはみえる!」と言い出すDr.デビル。

なので、イヤな予感がしましたが...


ただのはったりでした。笑

しかし、これで助かったと思いきや、配置パターンが複雑のようで、
こちらのターンでもペアが見つけれず、2ターン目へ。

そこからまた、Dr.デビルが外してくれたことで、こちらにチャンス到来!

配置パターンがようやくわかり、

Dr.デビルには、なぜか褒められる始末。

そして、ついには...

ラスボス戦で、パーフェクト達成!

先ほどは、温情クリアでしたが、今回は完膚なきまでに叩きのめしました!

しかしながら、Dr.デビルとの戦いはまだ続き...

ラスト、数字探しで決着をつけることになりました!

ノルマはなんと、36枚!
つまりは、5枚取り逃したら、その時点でワギャンの負けが確定となります。

なので、1枚も逃すまいと、数字探しに集中!

その結果...

1枚こそ取り逃しましたが、ノルマ達成!
Dr.デビルを撃破することができました!!!

しかしながら、あきらめきれないDr.デビルは、

ちゃんと次回作への登場をほのめかしてから...

ヒソピソ星から退散。
てか、あれがDr.デビルがのっていたロケットだとすると、着陸ヘタすぎでしょ。。笑

こうして、侵略から解放され、ヒソピソ星に平和が戻りました。

一方、その頃。
ワギャンランドでは、父ワギャンの帰りを待つ妻と子供の姿が。

無事、ヒソピソ星を救い、家族のもとへ帰ってきたワギャンでしたが、

その間に、子供ワギャンが急成長。
ある意味、浦島太郎のようなオチで、エンディングとなりました!

スタッフロールは、ヒソピソたちの合唱をワギャンが指揮するといった構図で進行。
その背景で、スタッフの名前や、登場したキャラクターの紹介が表示されていました。

いやー、ステージ数が多く、長い旅でしたが、ようやくここでゲームが終了。
おつかれさまでした!!!

と、思ったのですが、

助けていないヒソピソが、まだ14人いたようです。

もう、いやだーーー!!!
誰か、助けてあげてーーー!!!

おしまい

その他のゲームプレイ日記はこちら
www.takashinoblog.com

ワギャンランド3

ワギャンランド3

“"