たかしーのブログ

出張大好きオタクサラリーマンの趣味ブログ

FC「エクセリオン」をループになるまでプレイしてみた

前回、アイレムのファミコン参入第1弾ソフトをプレイしましたが、

今回は、ジャレコのファミコン参入第1弾ソフト「エクセリオン」をプレイ。

1985年に発売された擬似3Dシューティングゲーム
アーケードからの移植作なので、難易度は高め
当時はアーケードで人気のあったゲームを家庭用ゲーム機へといった流れが多かったようですね。

ゲームの目的は、惑星「エクセリオン」に奇襲攻撃を仕掛ける惑星「ゾルニ」軍を撃墜すること。
ただ、エンディングのないループ型(スコアを競う)ゲームなので、今回はループが発生するまで、プレイをしてみることに。

それでは、ゲームスタート!


※なお、今回はretrofreakのクイックセーブ機能を使って、プレイをしています。あしからず。

まず、ステージ1
プレイヤーは、エクセリオン軍の新鋭迎撃機ファイターEXに乗り込み、ゾル二軍に立ち向かいます!

ステージ1は、山岳地帯
景色が奥から手前へと流れていくため、たしかに3Dのような感覚でプレイすることが可能に。
30年以上も前のソフトで、これはスゴイですね!

さて、そんな関心している間にも、敵はどんどこ攻めてくるので、ショットを連射して、次々と撃墜!
「どんなもんだいっ!」と、連射にまかせてプレイをしていたのですが...

なんと、しょっぱなから、まさかの弾切れ...。
一転して、敵に追いかけられる展開となり、

撃沈。
まさかショットの数に限度があると思っていませんでした。。

なので、今度はショットを温存。
敵に当たりそうなときだけ、ショットを放つようにして、進めていくと...

景色が変わり、ステージ2へ。

今度は、鳥が大量に攻め込んできたので、ショットで応戦をしたのですが、

またしても、ショット切れで、追われる展開に。

そして、攻め込まれて、爆死。

なので、「なんとかならないものか」と、説明書を確認してみると、
2発同時に発射できるデュアルショットを使うことで、シングルショットの数が増えることがわかり、早速、実践!

すると、確かにデュアルショットを敵に当てた数分、シングルショットの数(画面右下の数値)が増えることがわかったので、
その使い分けを体に覚えさせながら、プレイをすることに。

で、そうこうしているうちに、

またも、景色が変わったので、ここからステージ3に突入~。

ぐるぐると旋回しながら、デュアルショットを使って、敵を撃墜し、シングルショットの数を貯め、

一応ステージのボス的存在であるが登場したときに、一気に開放して、高得点を狙います。
(鳥を倒すと、1匹で1,000ポイントがもらえる)

で、そんな鳥を無事倒したところで、

またも、景色が変わり、ステージ4へ。

すると、今度は今までの敵とは違う大きな鳥の群れが登場し、ショットではなく、ミサイルを次々と撃ってくるので、
かわしながら、応戦をしていたのですが、

なんと、撃ってあとに、戻ってくるといった、ブーメラン式になっていたため、背後から攻撃を受け、

撃沈。

また、敵もこれまでと比べて、頑丈で、一撃だけでは倒れないことから、苦戦を強いられましたが、

デュアルショットとシングルショットをこまめに使い分け、ここを突破!

すると、景色が変わり、ボーナスステージに突入。
出てくる敵をなるだけ蹴散らして、スコアアップを狙います!

が、敵の出処が最後までつかめず、結果は半分ちょいぐらいの成績に。

そして、次のシーンで、ステージ1と同じ景色が登場したので、「ループ開始か?」と思いましたが、

敵のタイプが前回と異なるので、プレイを続行。ステージ5に突入しました!

とはいえ、これで1周をしたこともあり、操作にも慣れ始め、

順調に、ステージ6へ。

ステージ2と同じく、鳥の動きに翻弄され、ときに爆死を味わいましたが、

めげずにそのまま進めて、ステージ7へ。

ゾル二軍の戦闘機が、次々と襲来をしてきましたが、

これまでの経験を活かしながら、敵を撃墜し、ボス鳥(改め、ボーナス鳥)も撃破に成功!

そして、迎えたステージ8で、またしても大きな鳥の群れに対峙をします。

ホーミングのようなミサイルを避けながら、

1体ずつ慎重にショットを当てて、撃墜し、そしてついに...

2度目のボーナスステージへ。

結果は、さきほどと同じショボいものでしたが、これにて2周目は終了~。

3周目からは、ステージ1に戻ったので、これにてプレイ終了となりました!

最終スコアは、102,200ポイント
う~ん、またこれもいいのか、悪いのか、わかりませんね!笑


その他のゲームプレイ日記はこちら
www.takashinoblog.com

“"