たかしーのブログ

好きなことを、書いていく。

NSW「INSIDE」をプレイしてみた 第3話『遭遇』

前回はこちら

追いかけるヒトの手から逃れ、潜水ポッドを奪い、(おそらく)海の中へと動き始めた少年。
しかし、そこでは思いもよらぬ出会いが彼を待っていたのです。


潜水ポッドに乗り、海底を進んでいくと、体当たりで壊せそうなヒビを発見したので、

突撃して、施設の中へ。

その後も、ヒビというヒビを順調に破壊し、

経路を確保しながら、進んでいくと...

おわっ、なんかおった(°Д゚)!!

何やら髪の長い不気味な生物が水中を漂っているではありませんか!?
しかも、ライトを当てないと、どうも自分を敵対視しているようで、潜水ポッドめがけて襲い掛かってくるので、

ひとまず、近づいたところで、ライトを当てながら、前進をしていくと、
その先で体当たりをすると、閉めることができそうなゲートが見つかったので、
逃げ込んで、ゲートを下ろし、不気味な敵をシャットアウト!

これにて、脅威は去ったので、そのまま海の中を引き続き前進していきますー。

すると、その先で海岸にたどり着いたため、潜水ポッドとは、ここでお別れ。

何やら怪しそうな施設の中へと入ってみると...

その中は「19」と表示されたネオンと、量産型のヒトの姿が。
で、その謎を説くべく、うろうろしていると、

どうやらこの白い敷地が重さセンサーになっており、敷地内にいるヒトの数をカウントダウンしていることがわかったので、
施設内に他の量産型のヒトがいないか、捜索をすることに。

まず、見つけたのは、檻に囚われていた何人かのヒト。
しかし、自分だけの力ではどうにもならなさそうだったので、あきらめて違うルートへと進んでみると、

量産型のヒトを遠隔で自分の動きと一緒にコントロールできる装置をここでも発見したので、ジャンプを駆使して、頭に装着。
しかし、装着した途端、装置をつなぐ紐が切れてしまうハプニングが発生!!...しましたが、その下でスタンバイしていたヒトに胴上げのような形で救われ、

なんと、装置を被ったまま、移動が可能に!
これで、自分が移動するにしたがって、ヒトが次々と後をついてくるようになりました!

これで、1人プレイではなく、協力プレイとなったことで、

先ほどは登れなかったハシゴも、

胴上げを駆使して、ハシゴの先へ移動が可能に。

これにより、1人では行くことができなかったルートへ進めることができ、

残り囚われていたヒトたちも、

次々と、救出に成功!

最後、1人では動かすことができなかった檻も、協力プレイで、下へと突き落とし、強引に檻を破壊して、救出。

これにて、大人数のヒトが救出できたので、先ほどの白い敷地内へと戻ってみると...

カウントダウンが「00」に達し、その先の扉がオープン!
先へと進めるようになりました!

しかしながら、その先は、画面の奥から手前にかけて、強い衝撃波が定期的に発動される危険なエリア。
その衝撃波に巻き込まれないよう、バリケードを意識しながら、進めていくと、

今度は、その先で時計まわりに回転するバリケードに遭遇。

なので、その動きに合わせて、ハシゴで移動。
アクションのレベルも、先へと行くにつれて、だんだんとレベルがあがってきました。

その先も衝撃波ゾーンが続きましたが、バリケードを意識して進めていき、ようやく影響を受けない施設の中へ。

で、その中でエレベーターを発見したので、ふぅとひと安心をして、乗っていたのですが、そこでまさかの...

エレベーター、落下(゚д゚lll)!!!

少年が乗ったまま、すごいスピードでエレベーターは急降下!
果たして、少年の運命はいかに!!

次回予告

ここはどこ?私は誰?
少年の旅は、いよいよクライマックスを迎えます!

www.takashinoblog.com


その他のゲームプレイ日記はこちら
www.takashinoblog.com

INSIDE LIMBO Double Pack (輸入版:北米) - PS4

INSIDE LIMBO Double Pack (輸入版:北米) - PS4

“"