読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

はてさて、その正体は...!?兵庫・西宮「戎屋」で木の葉丼を食べてきた

どーも、たかしーのです。

皆さんは、木の葉丼をご存知でしょうか。

ちなみに、僕は正直この店に行くまで知りませんでした。

和食・一品料理 戎屋

JR西宮駅すぐ、フレンテ西宮1Fにある和食屋さんです。

和食屋さんに入ると、決まってかつ丼を頼む僕なのですが、
この日は「今日は違うのを食べるぞぉー!」と思い、メニューを眺めていたところ、見つけてしまいました。

木の葉丼という文字を!

というわけで、その正体が何なのか、食べて確認をすることにしました!

果たして、どんな丼ぶりが出てくるのか!?

それでは、どうぞー!




というわけで、注文をしたのち、しばし待っていると、木の葉丼がその正体を現しました!

こちらです!

ん...まさか、この見た目は...(゚д゚lll)

かまぼこやないかっΣ(゚д゚lll)!

なんと薄く切ったかまぼこがこれでもかと盛り込まれ、でとじられているではありませんか!?

しかも、よくよくみるとシイタケも入っています!

どうやら、この親子丼の鶏肉をかまぼこfeat.シイタケにしたバージョン木の葉丼のようです!

が、

ここである思いが...

「なんだか、貧乏くさい丼ぶりを選んでしまったなぁ...」

いくら正体を知らずに頼んだとはいえ、第1印象はそんな風に思ってしまったワタクシ。

しかし、いざこの木の葉丼をいただいてみると...


...


あれっ?


この丼ぶり...


ダシが効いてて、めっちゃウマイやないの(´▽`*)!!!

とろーり半熟の卵に、ダシがたっぷりと染みこんだかまぼこ
そして、そこへかまぼこよりも出汁を染みこみ、食感もよいシイタケが合わさって、ウマイ丼ぶりを成立させていました!

「貧乏くさいと思って、悪かったなぁ...(´;ω;`)」

そんな懺悔の気持ちになるほど、いい意味で裏切られた丼ぶりでした!

◇◇◇

というわけで、
今回は「戎屋」の木の葉丼をご紹介しました!

ちなみに、木の葉丼の定義は、かまぼことネギを卵でとじた丼ぶりとのことで、お店によってはシイタケやタケノコ、ミツバなどを入れることがあるんだとか。

しかも、その発祥は近畿地方ということなので、近畿地方ではよく食べられているみたいですが、
関東やその他の地方ではなかなかお目にかかれない丼ぶりなんだそう!

なので、そういった意味では、近畿のご当地グルメである木の葉丼

正直ウチでも作れそうな感じはしますが(笑)、
是非とも、近畿のお店で、その本場の味を確かめてみてはいかがでしょうか?

店舗情報

“”