読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかしーのブログ

食レポ、特訓中。

岩田聡氏が残した超大作ADV「メタルスレイダーグローリー」を攻略 ㉖

ゲーム-たかしーのの挑戦 ゲーム-HAL研究所 ゲーム

前回はこちら

異生物との戦いに決着をつけるべく
最終兵器大口径ビーム砲を使用し直接攻撃をしかけた母艦T・ストーク

しかしまさかの反撃にあい

逆に要塞から放たれた赤い巨大ビームをまともに受けてしまいました...

果たして打つ手はあるのか...?

いよいよ大詰めを迎えた
「メタルスレイダーグローリー」

では、どうぞ〜!!!



T・ストーク被弾

要塞から放たれた
突然の巨大ビーム

キャティの指示により回避したため
メタルスレイダーのパイロットはなんとか無事ではありましたが...

エンカイからT・ストークが被弾したと伝えられ
とまどう一同

そんなT・ストークの状況を確認してみると...

そこには右翼を失い
機能停止してしまった
T・ストークの姿が...

通信をしてみますが

全く返事が返ってきません...

そして追い討ちをかけるように
エンカイからこんな話が...

なんと右翼を失ったことにより
大口径ビーム砲を発射することは不可能...

T・ストークから直接要塞に攻撃する手段は
これで断たれてしまいました...

もし要塞がまた同じ巨大ビームを撃って砲撃でもすれば
こちらに勝ち目はありません...

まさに絶体絶命の危機に陥ってしまいました...

最後の希望

危機”...といえば

実際に危機に陥ったときのみGLORYにセットするよう告げられていた
このディスク

前回はまだ使いどきではないとガマンしましたが

この危機的現状を打破するべく
ディスクをセット!

するとコクピットに

ULTIMATE WEAPONの文字が!

とまどう忠でしたが
そのあとに収録されていたのはなんと...

ヴィヴァーチェの肉声
そしてその声は忠に次のようなことを語りかけます

私だ ヴィヴァーチェだ
このディスクはGLORYに搭載されている最終兵器を起動させるためのキーディスク
この兵器の効力は
GLORYを中心に半径50kmにも達する
量産機に積むには危険が大きすぎる
とてつもないものだ
もし敵の手におちようものなら
その時点で勝敗が決まってしまうだろう
私はあえてこの兵器に関するものを全て焼き払った
そして搭載を1機に限ったのだ
私も君にだったら安心して
これを任せることができる
地球の未来は君にかかっている
頼むぞ マサタダ

なんとこのディスクの正体は
GLORYのパイロットだった父・正忠にあてた
最終兵器を起動させるためのキーディスク
だったのです!

そんな突然の展開にビックリしていると

兵器を起動させるには
B面にセットしてください
との表示が流れます

ディスクを取り出しセットしようとしますが

このタイミングで待ったをかけるエリナ
この最終兵器をただ使うだけでは異生物には勝てないと忠に訴えかけます...

確かに要塞のサイズがあまりにも巨大!
前回T・ストークが発射した
大口径ビーム砲の二の舞になるやもしれません...


では、どうすればよいのか...?


すると最終兵器をどう使うべきか悩む2人に
エンカイからある提案が!

それは
敵のビームのエネルギーを利用する
というもの

具体的にいうと
要塞の発射砲付近に近づき
エネルギーの集中度が最高に達したときに
最終兵器を起動させ誘爆させる

ということ...なのですが
そのあまりに危険すぎる内容に

エリナもこの表情...

どうする、忠...!

運命の決断

その後

被弾したT・ストークが心配になったキャティは

様子を見るため戦線を離脱...

残された忠とエリナ
そしてエンカイでこの危機を打破すべく対策を講じます

やはり最終兵器ではあるものの
リスクの大きさにディスクを使うか迷う忠

そのためエンカイに
最終兵器を起動させるタイミングの見極め方を聞いてみると

そのタイミングをとるために
忠のモニターにゲージをスタンバイしてくれたエンカイ
あとは忠がこのディスクを起動するかどうかにかかってきました...

このあともいろいろ
忠の考えは揺れ動きはしましたが...

ここでついに

ディスクの使用を決意!
覚悟を決めディスクのB面をGLORYにセットします

するとコクピットに表示されたのは

A面とは違う
ATTENTIONの文字が!

そしてそのあとに現れたのは

兵器作動には3つの条件をクリアしてください
とのメッセージ!

果たしてこのクリア条件を満たすことはできるのでしょうか??

3つの条件

まず1つ目

条件は
1. 正式パイロットととして登録されていること
しかし本当のパイロットは正忠なのですが...

若かりし日の父にそっくりな忠
この条件をあっさりクリア!
ホッと胸をなで下ろします

しかし続く2つ目で

2. 最終兵器起動キーワードを入力してください
というキーワードが必要な場面となってしまいました...

これまでキーワードのヒントなどどこにもなかったため
この条件にとまどう忠

たまらずエンカイに
何かキーワードはないか聞いてみると

そのキーワードは
正忠の個人的なワードではないかと推測...

ついでにエリナにも聞いてみるも

全くもって役には立たず...
聞いた意味!笑

結局は父が設定しそうなワードを
なんとかして探すこととなりました...

と、ここで!

最終兵器を起動させるディスクとは別に
コクピットに落ちていた別のディスクの存在に気づく忠

以前A面はあずさの乱入で削除されてしまったため
まだ試したことのないB面にセットをし再生をしてみます!

すると
そのディスクに収録されていたのは...

なんと今度は
正忠の肉声
正忠もまたヴィヴァーチェと同様
ディスクにメッセージを残していたのです...

その正忠
ディスクの中で忠に次のように語りかけます

私はヒムカイ マサタダ
V-MH ”GLORY”のパイロット
これは未来への望みを託す者として残すものだ
忠よ...
これを聴いているのは忠本人だと信じる
GLORYは私専用に作られている
おそらく設計者であっても
パイロットを再登録することはできないだろう
私の他にこれを動かせるものがいるとすれば
忠...成長したお前だけだろう
残念ながら父さんはもう...だめのようだ...
襲いかかる敵はなぜか母さんの香水の匂いが苦手だということがわかった
だが気づくのが遅すぎた...
GLORYにはとても強力なある兵器が積まれている
もしものことを考えキーワードを変えておくことにする
もうすぐあずさがここにくる
母さんの香水のこととキーワードはあずさに託しておく
忠...
たとえどんな状況に陥ってもあきらめてはいけない...
父さんがお前たちに残してやれるのはこの言葉と母さんの香水だけだ...
じゃな...
忠、あずさを頼んだぞ...

なんとも悲痛なメッセージ...:;(∩´﹏`∩);:

どうやらその内容は
正忠が死ぬ直前に忠に残したメッセージ
だったようです...

そしてその中にはヒントとなるような
キーワードはあずさに託しておく”と語られていました

しかし当のあずさはというと

被弾したT・ストークにいるため
連絡を取ることができません...

しかたなく

その言葉の意味を自力で考える忠...

するとここで
あることを思い出します

それはあずさが思い出した

正忠が亡くなったときの話

そのときあずさは
機械をいじくりながら正忠に
あずさ あずさ...」と何度も何度も呼ばれたと言っていました



機械をいじくり...




あずさ...あずさ...




...そうか!

もしかしてあの「あずさ あずさ...」と言っていたのは
ディスクのキーワードを登録していたからのでは...!?

...というわけで

キーワードに「AZUSA AZUSA」と入力をしてみます!

すると

BINGO(・∀・)!!!
やはりキーワードは「AZUSA」だったのです!
ちなみに1回でよかったみたいです...

これにて
2つ目の条件をクリアすることができました!

いよいよラスト3つ目

さてその条件とは...

3. 音声によるパイロットの確認
GLORYに誰かの音声を認識させなければいけないようです...



果たしてラストの条件を満たし
最終兵器を起動させることはできるのか...!?

そしていよいよ次回!
「メタルスレイダーグローリー」最終回!

衝撃のラストをお見逃しなく!

メタルスレイダーグローリー

メタルスレイダーグローリー

“"